• 2015/09/01
  • PR

住んでみて良かった街「高槻市」

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Takatsukishi01

「住んでみて良かった街ランキング」や「子育て環境の良い街ランキング」として関西で1位に選ばれたのが、高槻市です。子育て世代や共働きをするカップルを中心に支持を集めています。商業施設が多く立ち並ぶ一方で、歴史情緒あふれる自然も多く残っている高槻市の魅力をご紹介しましょう。

高槻市は大阪府の北東部にあり、南北に細長い形です。大阪市と京都市のほぼ中央に位置していることから、ベッドタウンとしての役割を担っており、人口は増加傾向にあります。JR京都線と阪急京都本線、バスなど複数の交通アクセスが利用できる大変便利なエリアです。JR高槻駅から阪急高槻市駅の周辺には、大型の商業施設や商店街などのショッピングセンター、飲食店などが集まっており、市の中心エリアとなっています。
平野部は比較的降水量が少なく、年間の平均気温は16度ほどですが、山間部では冬には積雪が見られることもあります。山林や農地も多く、イチゴやトマトが特産物です。また、山すそを中心として、大小合わせて500基以上の古墳をはじめとする歴史的遺産が多く残されていることも特徴です。高槻市のPRマスコットキャラクターには、埴輪をモチーフにした「はにたん」です。
商業エリアがある一方で、北部には摂津峡など美しい自然も多く残っているのが高槻市です。市内では、ホタルが鑑賞できるスポットもあります。
高槻市は、「住んでみて良かった街ランキング」と「子育て環境の良い街ランキング」の1位に選ばれている市です。その理由の1つとして、医療体制の充実が挙げられます。救急医療体制が整っており、医療の空白時間がほぼありません。小児の救急医療も充実しているので、子育て世代にとっても安心して暮らすことができます。また、救急車に救急医が同乗し、現場に着くとすぐに治療を開始するシステム「ドクターカー」を導入。ドクターカーの導入は全国でも例が少ないのですが、高槻市は2006年から運用を行っています。
他にも、子育てのバックアップ体制が整っていることも特徴的です。おむつ交換や授乳ができるスペースや施設、赤ちゃんや子どもが自由に遊べる場所などが大変充実しています。
一方で、スポーツにも力を注いでおり、Jリーグのガンバ大阪や、なでしこリーグのスペランツァFC大阪高槻のホームタウンにもなっています。

もっと住みやすい街を目指して

大阪にも京都にもアクセスの良い高槻市は、都会と自然の2面性を兼ねそろえた街です。医療や子育て支援も充実しており、子育てもしやすいと人気があります。様々な顔を持ちバランスの整った高槻市は、「どっちもたかつき」というプロジェクトを立ち上げ、市内への定住を推し進める動きをしています。このプロジェクトでは、特に、子育て・教育・医療に力を注いでおり、より住みやすい街づくりのために様々な施策がとられています。妊娠や不妊治療、子どもの医療費への助成金が充実していること、学校環境や図書館など学習するための細かい環境作りがされていること、救急医療や小児医療の体制が整っていることなどが挙げられます。

任意
ライター/オウチーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味があります

新着記事