• 2015/09/01
  • PR

緑豊かで暮らしやすい街「寝屋川市」

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Neyagawashi01

寝屋川市はベッドタウンとして発展してきたため、多くの住宅エリアがあり商店街も賑わっています。その一方で、河川や緑なども多い地域なので、自然豊かな環境で暮らすことができます。寺院や公園がたくさんあり、市民を中心として多くの人が訪れています。

寝屋川市は大阪府の東北部に位置しています。このエリアは北河内地域と呼ばれ、寝屋川市はその中心にあるため、他の北河内地域である守口市、門真市、大東市、四條畷市、摂津市、高槻市、交野市、枚方市の6つの市全てに接しています。
市の名称の由来は、市内を流れる寝屋川です。昭和18年、4つの町村が合併することで寝屋川市が誕生しました。北西部には淀川が流れており、河川敷には国営公園が広がっています。さらに、市内には大小さまざまな公園や寺院などがたくさんあり、自然豊かな地域になっています。
大阪市や京都市への交通アクセスが便利なことから、高度成長期からはベッドタウンとして発展してきました。今でも、住宅エリアが多いことが特徴的です。特に、香里園駅周辺は高級住宅街として人気があります。
鉄道は、市内の中心部を京阪電鉄が走り、東部にはJR線が走っています。そのどちらも大阪と京都につながっており、朝夕の通勤通学時間には多くの人が利用します。京阪線の中心となる駅は、寝屋川市駅。朝のラッシュ時には大阪市の京橋駅までノンストップの快速急行があり、所要時間も10分前後と非常に利便性に優れています。寝屋川市駅周辺には高校や大学のキャンパスもあるため、ラッシュ時以降も利用者が多くみられます。
市内の商業エリアは、鉄道の駅や国道などを中心に広がっています。駅周辺にはショッピングモールやスーパーマーケット、商店街などがあります。一方、国道沿いには大型のショッピングモールやホームセンター、大手の家電量販店などが並んでいます。
寝屋川市内で人気のある観光スポットは、成田山大阪別院明王院です。別名、成田山不動尊との通称で親しまれています。市内はもちろん、近畿圏内からたくさんの人が来る人気の寺院です。鬼門よけや交通安全祈願が行われており、大みそかからお正月にかけては大勢の人が訪れます。節分祭には、著名人や有名人も参加する豆まき式が行われます。

よりよい街作りのために

住宅地として栄えてきた寝屋川市は、商業地や商店街も賑わっているため、暮らしやすいエリアです。市役所も駅からのアクセスが良く、生活する上でも便利な場所。さらに、河川や公園などもあるため、緑に囲まれた環境で日々を過ごすことができます。また、石宝殿古墳や高宮廃寺跡など国指定文化財もあり、歴史的に重要な遺産もあります。今後は、高度経済成長期に作られた密集市街地を整備することや、住宅エリアの再開発が計画されています。渋滞緩和や駅周辺の整備なども推し進められており、より住みやすい街作りのために動いています。

任意
ライター/ヨムーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味があります

新着記事