• 2015/09/01
  • PR

人情味あふれる大阪の下町、東大阪市の住みやすさ

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Higashiosakashi01

東大阪市は「ものづくりのまち」「ラグビーのまち」として知られる、大阪府中河内地域に位置する市です。交通の便も良く数多くの駅がある為、難波や大阪、奈良にも非常にアクセスのしやすい街でもあります。そして、東大阪市の一番の魅力はなんといっても、人情味あふれる下町の温かさでしょう。それではさっそく東大阪市の魅力について、特徴や施設環境なども含めてご紹介していきます。

東大阪市の人口はおよそ51万人、大阪府内では大阪市や堺市についで第3位の人口率を占める街です。
国内でも屈指の中小企業の密接地帯でもあり、日本が誇る技術を持った零細企業が数多く立ち並んでいます。
1929年にオープンした花園ラグビー場は、高校生による全国ラグビー大会や数多くの国際試合を行っており、およそ3万人もの観客を動員できる広々としたスタジアムで、試合が行われる度に多くのラグビーファンの方々を沸かせています。
また東大阪市は、乗換駅などを含め23もの駅を保有しており、大阪市、大東市、八尾市、奈良県の生駒市、生駒郡平群町などに隣接しています。
難波駅と奈良駅を結ぶ近鉄奈良線は市の東西に走っており、その中の駅の1つの「布施駅」は乗降人数が最も多い、人気のある駅です。
布施駅は東大阪市最大の商業区域で、駅前の近鉄百貨店を中心としてたくさんの飲食店や、これぞ大阪の下町といった商店街が続いています。
学生さんには嬉しい、安くてとにかく量が多い定食屋さんなども数えきれないほどあり、近隣の方の口コミや自分の足で隠れた名店を発見するのも楽しいでしょう。
その他の交通手段としては東京・京都・高知へ向かう高速バス、関西国際空港へ向かうリムジンバスも出ており、アクセス面でも大変便利な駅です。
東大阪市といえば治安の悪い街、というイメージがあるかもしれませんが、それは一昔前のこと。
現在は公共施設の改善や充実に力を入れており、街には緑も多くなっています。
下町の人々の気さくさと温かさはそのままに、人々がより住みやすい街へと変化しているのです。
東大阪市は家賃の相場的にもかなりリーズナブルで、ワンルームであれば月々3万円程度で部屋を借りることができます。
これは隣接する大阪市などと比べてもなかなかお手頃な価格です。
1LDKでも5.8万円、3LDK以上のファミリー向け物件も7.2万円が相場で、戸建の家でも10万円を切ってしまうのだから驚きです。
このようにアクセスが良い街にも関わらず、この家賃相場は大変魅力的だとおもいます。
東大阪市は夢を追うフリーターさんや、何かとお金が入り用な学生さんを中心に人気がある街です。
(参考元URL:http://house.goo.ne.jp/chiiki/souba/oosaka/area/27227.html)

今後の東大阪市に期待できること

東大阪市は人とのつながりを感じられ、なおかつパワフルな街です。この街に住むことで新たな自分を見つけることができるかもしれません。東大阪市は今後、交通機関の整備・再開発、道路の舗装、公園の緑化推進、公営住宅などの耐震設備のチェックや補助金などについて、さらに力を入れていくようです。積極的により良い街作りを行っている街ですので、どんどんこれまで以上に住みやすい街になっていくことだと思います。人情味あふれる下町で刺激のある毎日を過ごしたい方は、ぜひ東大阪市への引っ越しを検討してみてはいかがでしょうか。

任意
ライター/ヨムーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

新着記事