• 2015/09/01
  • PR

生活の利便性も良好な観光のまち・神戸市灘区

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Kobeshinadaku01

神戸市灘区は、六甲山のふもとにある街として、また日本酒の名産地として知られるエリアです。観光地として人気が高いほか、交通の利便性が良好で地域コミュニティの円滑な暮らしやすい街でもあります。それでは神戸市灘区の特長や観光スポットについて紹介していきます。

神戸市灘区は、神戸市の南東部にあります。北は六甲山と摩耶山、南は大阪湾に面した、自然が身近に感じられるエリアです。
区内には石屋川や西郷川など複数の河川が流れており、六甲山が育む上質の湧き水と地元で収穫される酒米を活かした日本酒造りが昔から盛んに行われています。灘区の西郷地区は、日本酒の名産地である西宮市や東灘区などと共に「灘五郷」と呼ばれていました。灘区という区名は、この灘五郷が由来になっているといわれています。
一方、阪神工業地帯に含まれる臨海部は埋立て地に重工業や鉄鋼業の工場も集まっており、工業や港湾流通も盛んです。山手に面した区の北部は、住宅地が集まっており県内でも高級住宅街として注目を浴びるエリアとなっています。神戸大学や神戸松蔭女子学院大学などのキャンパスが集まり教育機関が充実している点も特徴です。
灘区の代表的な観光スポットのひとつとなる六甲山は、日本三百名山にも指定されており、登山やハイキングに絶好のコースとして地元でも親しまれています。また夜景の美しいドライブコース、ケーブルカーやロープウェーでもアクセスできる牧場やミュージアムなどの施設があり、多くの観光客が足を運んでいます。
区の北西部には関西三大動物園のひとつと呼ばれる神戸市立王子動物公園があります。パンダやコアラをはじめ希少な動物を飼育しているほか、国の重要文化財に指定されているハンター邸宅を有している点も特徴です。
区内にはJR神戸線、阪急神戸線、阪神本線などの路線、国道2号線や阪神高速道路神戸3号線などの道路が並行する形で東西に走っており、大阪方面や神戸市内へのアクセスをスムーズにしています。沿線には商店街が形成されているほか、区の主要駅となる六甲道駅の周辺は灘区役所や複数の商業施設が集まる人通りの多いエリアとなっています。また西に隣接するのは市の中心的な役割を持つ中央区で、区内から商業施設や観光スポットの多い三宮・元町へ出かけるにも時間はかかりません。

観光資源を活かし魅力的な街づくりを行っている神戸市灘区

神戸市灘区はこのように交通機関や商業施設の発達した市街地でありながら、山や海といった豊かな自然が身近に感じられる点が魅力のエリアとなっています。六甲山や神戸市立王子動物公園は、遠方からも多くの観光客が足を運ぶ人気の観光スポットです。区はこれらの恵まれた観光資源を強みに、より人の集まる魅力的なまち作りに努めています。灘区は地域コミュニティの良好なエリアです。さらに地域のつながりを発展させ住民が快適に暮らせるよう、理想の将来像実現に向けて、子育て支援や地域防犯力・防災力の強化といった16の重点施策を定めています。

任意
ライター/オウチーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味があります

新着記事