• 2015/09/01
  • PR

洋風の空気漂う港町・神戸市中央区の住みやすさ

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Kobeshichuoku011

神戸市中央区は、神戸市を構成する9区のうちのひとつです。明治以降、神戸市の中心的な役割を担ってきたこの区は、商業の中心的エリアの三宮や異人館が多数残存する北野町山本通、中華街や神戸ハーバーランドなど多くの象徴的なスポットも抱えています。この記事では、神戸市中央区の魅力溢れる特徴をご紹介していきたいと思います。

神戸市中央区は、神戸市を構成する9区のうちの一つで、80年に葺合区と生田区の一部が合併してできた区です。
明治の開港とともに発展をはじめ、戦後に行政機能が移転してきたことで神戸及び神戸都市圏の都心としての役割を果たしています。
阪神大震災前後までには、開港当時から機能している領事館も神戸の名を冠して大阪に移転していきましたが、いまだ名誉領事館や国際機関が多く存在しており、街の洋風な雰囲気づくりを手伝っています。
商業の中心的なエリアである三宮駅近辺や、異人館が立ち並ぶ重要伝統的建造物群保存地区である北野町山本通、神戸ルミナリエと近代建築のライトアップが有名な旧居留地、中華街のある南京町、神戸港ウォーターフロントのメリケンパークや神戸ハーバーランド、水辺のポートアイランド・神戸空港(通称マリンエア)・東部新都心のHAT神戸などが区内に存在しています。
三宮から元町、ハーバーランドへと東西に跨る市街地と、北野異人館のような神戸のルーツにも通ずる歴史的建造物、大規模な人工島ポートアイランドからなる神戸の中心地域です。
背後に六甲山地を持つため浜風が強く、規模の大きい市街地にしては風通りが良いのも特徴的です。
中心市街地は、同規模のほかの市街地に比べると一方通行の多さや車線数の少なさなど、車での交通の便の不都合さが気になる場合もあります。
神戸港からは中国の上海港、天津港へ向けた船便も運行しており、国際航路として重要な役割を担っています。
また、香川県高松東港とを繋ぐ新港フェリーターミナル、明石海峡周遊が楽しめるクルーズ船の旅客ターミナルなども神戸港には所在しており、観光地としても世界的に有名です。
六甲山地からは神戸市、大阪市を含む阪神繁華エリアの夜景が日本三大夜景のひとつとなっており、「100万ドルの夜景」という言葉は神戸の夜景について「六甲山から見た神戸の電灯の電気代」に絡めて命名したのがきっかけだとされています。

神戸市中央区での生活の魅力

このように、観光地としても旧跡名所が多く、街の独特の雰囲気が特徴的な神戸市中央区。商業地域としての役割も担っているため、病院などのクリニックも数多く営業しています。医療法人や総合病院のほかにも、個人経営の医院やクリニックが営業しているので、かかりたい科について探してみると良いでしょう。具体的には三宮駅の周辺の中でも、南の海側のエリアに多く見られます。洋館が建ち並び、中華街などの街も形成され異国情緒漂う街並みと、海と山両方の自然をいっぺんに満喫できる神戸市中央区での生活には不便することはないのではないでしょうか。神戸市中央区の魅力と特徴が伝わっていれば幸いです。

任意
ライター/ヨムーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

新着記事