• 2015/09/01
  • PR

今と昔が共存する活気あふれる尼崎市

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Amagasakishi01

尼崎といえば何を思い浮かべますか?「阪神タイガース」や「ダウンタウン」などでしょうか。そのイメージから大阪府と間違えられやすい尼崎市ですが、兵庫県の市の一つになります。”アマ”という愛称で親しまれているだけあって、住んでいる人たちの地元愛にあふれる町です。そんな尼崎市の魅力をご紹介します。

兵庫県の南東部に位置する尼崎市は、東に猪名川と、西に武庫川が流れていて尼崎平野を形成しています。平坦な道が多く、徒歩や自転車で移動しやすい地形となっています。人口は2015年時点で約23万人で、年々増加傾向にあります。電車はJR、阪急、阪神と3路線が通っているので、多方面へのアクセスが可能です。尼崎から電車で大阪まで約5分、三宮まで約15分という近さで通勤、通学はもちろん、レジャーにいくのも便利な立地になります。関西国際空港へは、JR尼崎駅前、阪神尼崎駅前から空港直通のリムジンバスを利用して約1時間の距離で、国内へも海外へも行きやすくアクセス抜群です。
尼崎の歴史は古く、市内には弥生時代のおもかげが所々残っていて歴史情緒があふれています。弥生時代の住宅跡や、かつては尼崎城があった寺町には11カ所もの風情あるお寺が集まっています。遺跡としてはトップクラスに入るという田能遺跡もあります。特に近松門左衛門はたびたび訪れて、執筆活動に励んでいたそうです。現在は墓所が建てられ、毎年近松祭が開催されています。
市内の各電鉄沿線に大型商業施設が複数あるので、市内はもちろん市外からもお買い物目的でたくさんの人が集まり賑わいをみせています。商業の町といわれるだけあって、ショッピングモールに勝るとも劣らない昔ながらの地元の商店街も活気があります。人情味ある商店街が市内各所に存在しますが、中でも尼崎中央商店街は阪神最大級の規模を誇ります。阪神尼崎駅から出屋敷駅にかけて、東西南北およそ600もの商店が軒を連ねています。尼崎のお土産選びには、尼崎で作られたこだわりの品と認証された”メイドインアマガサキ”に選ばれた商品がおすすめです。
尼崎でも海沿いのエリアでは阪神工業地帯の中核を担ってきた歴史があり、日本の高度経済成長に貢献してきた町でもあります。発展を遂げる一方で、かつては公害問題に悩まされたこともあります。しかし現在の尼崎市では、身近なところから環境問題に取り組もうという動きが積極的に進められています。市民と行政で「NPO法人あまがさきエコクラブ」が結成され、さまざまな取り組みを行っています。市内にある店舗から古紙を回収し「エコあまくんロール」というトイレットペーパーを制作、販売するなど、市民と行政が一丸となって環境保護に取り組んでいます。

安心してくらせるようなまちづくりへの取り組み

尼崎市と一口にいっても、商店街でにぎわう下町や、今も田んぼが残る静かなところなどいろいろな側面を持っています。これから家を建てようとしている人からは、市内は狭くて家を建てるスペースがあるのか心配、との声も。尼崎市で安心して暮らせるようにと、2013年度より新築分譲住宅の広さの基準が引き上げられました。これにより、ゆったりとしたスペースが確保できるため、地震や火災の時の安全性の向上につながります。また、3階建てではなく2階建てでも十分に広い家が建てられることで、高齢になった時も安心して住み続けることができるようになります。

任意
ライター/オウチーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味があります

新着記事