• 2015/09/01
  • PR

「歌劇と温泉」だけではない、魅力満載の宝塚

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Takarazukashi01

「歌劇と温泉のまち」として有名な宝塚は、観光だけではなく自然やレジャースポットも充実した住んでも心地よい街です。歴史を感じることができるスポットも多数あり、子供から祖父母まで、世代を超えて誰もが充実した生活を過ごす事ができます。

宝塚市は、兵庫県の南東部いわゆる阪神間に位置します。人口は22万人。国から特例市に指定されています。阪神間でも北側にあり、西は六甲山系、北は長尾山系に囲まれています。市の中心部には水量豊富な武庫川が流れています。東西に12.8km、南北に21.1kmと南北に細長く、南部は住宅街と商業地域が広がり、北部は自然に囲まれた田園地帯になっています。仁川や逆瀬川、雲雀丘などの閑静な住宅街を有する住宅都市です。
市の中心には阪急電鉄とJRの宝塚駅があり、市内交通の要所となっています。宝塚駅から大阪方面には、JRまたは阪急電鉄を使い約30分で行くことができます。南に延びている阪急今津線を利用すれば西宮北口を経由して神戸方面に向かうこともできます。また、JR福知山線を使うと、三田(さんだ)を経由して、のどかな田園風景が広がる福知山方面を訪れることができます。
宝塚には、年間877万人もの観光客が訪れ、「歌劇と温泉のまち」として有名です。宝塚温泉は、700年以上前の鎌倉時代から知られており、武庫川河畔に面した自然豊かな環境と交通至便であるため、地元はもちろん大阪や神戸方面からも多数の方が訪れます。また、宝塚駅からJRで10分ほど行けば、さらに奥深い自然の渓谷の中にあり秘湯ムードが漂う武田尾温泉があります。
市内には、「荒神(こうじん)さん」の名で親しまれている清荒神清澄寺を始め、数々の歴史ある神社やお寺があり、パワースポット巡りにも事欠きません。清荒神清澄寺は「かまど(台所)の神様」「火の神様」として厚い信仰を集めており、本尊の大日如来坐像は国の重要文化財にも指定されています。
阪神競馬場やゴルフ場などのレジャースポットや、自然を生かした公園、ハイキングコースも充実しています。また毎年8月に行われる宝塚観光花火大会も、大正2年(1913年)から行われている伝統のある花火大会として有名で、2日間の日程で約3,000発が打ち上げられる大規模なものです。

文化芸術の振興を目指す

宝塚市では、「文化芸術振興基本計画」を進めています。芸術文化活動の拠点の充実や民間施設の利用/活用などによる、「市民が気軽に文化芸術に触れたり創る喜びが実感できる環境」の整備や、宝塚ゆかりの文化人や芸術家との連携を通しての地域コミュニティの醸成。子どもを対象とした文化芸術事業の充実による、子どもたちが気軽に文化芸術活動に参加できる環境づくりや、文化芸術に関する情報の一元化 や情報サイト、情報ネットワークの構築による文化芸術に関する情報の整備などにより、「創造力を育む 文化芸術の薫り高い 宝塚」を推進しています。

任意
ライター/オウチーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味があります

新着記事