• 2015/09/01
  • PR

利便性と豊かな緑が共存するまち「川西市」

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Kawanishishi01

川西市は、近代化が進み便利になっていく中でも、古くからある寺院や文化財が大切に保存されています。そのため市内には、数々の歴史情緒あふれるスポットが点在します。都会の利便性がありながら豊かな自然が今も残る、川西市の魅力をたっぷりお伝えします。

川西市は兵庫県の南東部に位置し、大阪府能勢町と県境にあります。南北に細長い形をしており、タツノオトシゴのような形状をしています。人口は約16万人で、人口増加率は2005年までは伸びをみせていましたが、2010年以降はほぼ横ばいの状態です。市の中心部は南部の川西池田・川西能勢口駅で、阪急電鉄・JR・能勢電鉄の3路線が利用可能となっています。駅前のバスターミナルからは、多方面へのアクセスができ通勤や通学に便利です。大阪の都心まで約20分で到着する利便性のよさが魅力です。能勢電鉄は川西能勢口から北へ延びる沿線で、車窓からは緑豊かでのどかな住宅街が広がります。地元民からは「のせでん」という愛称で親しまれ、2013年で開業100周年をむかえ様々なユニークなイベントを行っています。川西市の北部では豊かな自然環境のもと、イチジク・桃・栗などの特産品の収穫に力を入れています。市内のケーキ屋では季節限定でイチジクのケーキが売られるなど、人気があります。
多田神社は、市にある神社の中でも歴史がある有名な神社の一つです。かつて源満仲が源氏武士団を形成し、のちに鎌倉幕府を開いた源頼朝などの本拠地となった場所です。市の中心街には源満仲のブロンズ像が建てられ、毎年4月頃には「源氏まつり」が盛大に開催されます。源満仲をはじめとする歴代の源氏の武将が馬に乗って登場し、街中を闊歩します。公募により選ばれた美女で結成された巴御前もまつりの目玉のひとつです。また、市内の源氏にゆかりある者や、市長に認められた市民を中心に「源氏ふるさと大使」の称号が与えられ、市の活性化に取り組んでいます。
近年は子育て支援においても力を入れています。従来は未就学児までが対象だった通院医療費無料化でしたが、2015年には小学3年生までが対象となりました。妊婦健康診査費の助成額を7万円から8万円に引き上げることも決定しています。また、保育所の産休明け保育および乳児保育受け入れ枠を拡大するなど、働きながら子育てがしやすい環境づくりにも積極的に取り組んでいます。

新道路開通により安全安心で魅力あふれるまちに

2015年で市政60年を迎え、近年ますます活気をみせている川西市。今現在もなお、市民にとって住みよい環境作りが進められています。今後の試みとしては、川西市のさらなる課題解決を目指した「あんばい ええまち かわにしプロジェクト」を展開していく予定です。川西市のPR戦略として、大阪市中心部にポスターの活用、住宅や観光関連の情報サイトの充実を図り、市の活性化を目指します。また、新名神高速道路開通による道路整備も着々と進められ、2016年の開通を目指しています。これにより、従来の中国自動車道とのダブルアクセスが実現することで、交通渋滞が緩和され安全性の向上が期待できます。神戸や京都へのアクセスするにも便利になります。よって、高速道路開通後は市民にとっても快適で充実した生活を送ることができることでしょう。

任意
ライター/ヨムーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

関連する記事があります

新着記事