• 2015/09/01
  • PR

現在、注目度が高まる北九州市若松区の魅力

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Kitakyushushiwakamatsuku01

北九州市若松区は北九州市の北西端に位置し、北九州市の中心エリアである小倉や黒崎といったエリアへのアクセスも手間がかかることから、北九州市においてはマイナーなイメージがありました。しかし、北九州学術研究都市周辺の若松区ひびきの地区の開発により、今最も活気のエリアとして注目を集めています。そんな北九州市若松区の魅力を紹介していきたいと思います。

北九州市若松区は、福岡県第二の都市である北九州市の北西部に位置しています。区域の北側を響灘、南東部を洞海湾に面しており、区域の中央には石嶺山や白山、頓田貯水池などがあるため、洞海湾及び響灘に沿う沿岸部を中心に街が形成されています。若松区の南西部を八幡西区と、洞海湾を挟んで南東部を戸畑区と接しています。洞海湾沿いを走る国道199号線に沿うようにJR筑豊本線が走っており、この筑豊本線が八幡西区へとアクセスする大きな交通手段の一つとなっています。また、戸畑区とは若戸大橋、若戸トンネルを通じて車でのアクセスが主流となっています。若松区の中心エリアは、区域の南東部・筑豊本線の最終駅である若松駅周辺となっており、若松駅周辺には若松区役所や若松警察署、若松郵便局といった公共の施設から、サンリブ・若松やベイサイドモールといった大型の商業施設が集まり、若松区民の生活を支える拠点として機能しています。また、ホテルルートイン北九州若松駅東といったホテルなどもあります。若松区は、北九州市最大の行政区である八幡西区に隣接する地域に、ひびきの・青葉台といった人気の住宅街を抱えています。中でもひびきの地区は近年、北九州学術研究都市周辺を中心に、都市機構による大規模な区画整理事業開発が行われており、新しい街並みがどんどん広がっています。住宅地が広がるに連れ、コストコやナフコといった大型の商業施設や、セブンイレブン・ファミリーマート、美容室・雑貨屋などの店舗も増えてきています。また、青葉台も比較的新しい住宅街で、周辺にもサンリブ高須などの大型商業施設があり、八幡西区のみならず北九州市一円においても人気のあるエリアとなっています。青葉台を学区の一部とする高須中学校は、青葉台全盛期には北九州有数のマンモス校としても有名でした。現在は、ひびきの地区を中心に小さな子供を持つ若い世代が集まり、新しい小学校の建設も進められています。

近年急激な発展を遂げる若松区にぜひご注目ください

北九州市で最も大きな八幡西区と接するひびきの地区には、まだまだ開発可能な土地が多く、今後ますますの発展が見込まれています。住宅地の拡大による商業地区の広がりも目覚ましく、北九州市においてもこれから注目度の最も高い地区として発展を続けていくことでしょう。また、区の中央部には雄大な自然を残しており、緑豊かな響灘緑地 (グリーンパーク)や高塔山公園など、休日を子供と一緒に楽しめるレジャースポットがまだまだたくさんあります。これから北九州市への引っ越しを考えているのであれば、ここ若松区を一度ご覧になられてはいかがでしょうか。

任意
ライター/ヨムーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

関連する記事があります

新着記事