• 2015/09/01
  • PR

工業と宅地の共存を見せる北九州市戸畑区

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Kitakyushushitobataku01

北九州市戸畑区は北九州市内のほぼ中央に位置する人口約6万人の地区です。市内で人口が最も少なく、人口密度の高い戸畑区は工業用地と住宅街として発展してきました。今回は北九州市戸畑区の魅力と特徴についてご紹介したいと思います。

北九州市戸畑区は市内ほぼ中央に位置しており、東西に約6km、南北に約6.7kmの面積およそ約16.7km²の地区です。
区の北部、北西部の海岸は洞海湾に面しており、北東部は響灘関門海峡に面します。
市内行政区のうち最も面積が小さく、北部の新日鐵住金八幡製鐵所が区内の全面積の約半分をも占めています。
北には新日本製鐵八幡製鐵所、南には八幡東区との区境をなす低い丘陵が続き、比較的平坦な市街地となっています。
西側の洞海湾に面したエリアには日本水産や旭硝子といった多くの会社や工場があり、区の面積の約半分は工業用地として活用されているのがわかります。
かつて明治時代の中頃までは半農半漁の静かな村でしたが、隣接する八幡に八幡製鐵所が建設されてからは、戸畑に明治鉱業や旭硝子、日本水産、八幡製鉄所などの企業が次々に進出し、工業都市として著しく発展を見せました。
区内に多く存在した社宅から、市の郊外への持ち家化などにより人口は減少、最近数年間は漸減傾向にあり、区の人口はおよそ6万人弱と市内で最も少なく、しかし人口密度は小倉北区に続き市内で2番目の多さとなっています。
なお、昼間人口が夜間人口を超えており、比率は117%前後で市内では小倉北区に次ぐ多さを見せています。
また、南の丘陵地には北九州市立美術館が、市街地の中央に旧松本家住宅(西日本工業倶楽部)、夜宮公園があるなど、落ち着いた環境の住宅街となっています。
1999年には日立金属工場跡地に現在のイオン戸畑ショッピングセンターがオープン、それをきっかけにマンション開発をはじめとする住宅地としての再開発が進行しています。

北九州市戸畑区の図書館は

このように自然溢れる公園や魅力溢れる史跡にも恵まれた戸畑区の図書館についてもご紹介しておきます。戸畑区内にある戸畑図書館は市立図書館です。<引用>住所・電話番号〒804-0082北九州市戸畑区新池一丁目1番1号電話:093-871-3464FAX:093-871-3466休館日月曜日(その日が休日に当たるときは、その翌日)12月29日から翌年の1月3日までの間 ※1館内整理日 ※2臨時休館日(カレンダー(外部リンク)を参照してください。)※1 12月28日は館内整理日に当たるため、休館します。※2 原則、毎月月末日。{その日が日曜日・月曜日・休日に当たるときは、その翌日以降の日曜日・月曜日・休日ではない日。ただし、12月28日はその日が月曜日に当たるときは、直前の日曜日。} <引用終わり>引用元サイト:http://www.city.kitakyushu.lg.jp/kyouiku/file_0399.html

任意
ライター/ヨムーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味があります

新着記事