• 2015/09/01
  • PR

都市と自然の多様な魅力をもつ早良区

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Fukuokashisawaraku01

福岡市早良区は福岡市で最も広い区で、新しく開発された湾岸部、交通・行政の中心地藤崎・西新などの地区、落ちついた住宅街が広がる野芥や賀茂地区、脊振の自然の山々が占める南部と多様なエリアを抱えています。そんな早良区の魅力的なポイントを紹介していきたいと思います。

早良区は福岡市の中西部から南部に位置しています。観光やビジネス、行政の中心は北部に集中していますが、早良区の中央に位置する入部地区には区役所の支部が置かれています。
早良区には地下鉄2路線が通っており、北部には地下鉄空港線の西新駅、藤崎駅、室見駅の3駅が、野芥、賀茂エリアには地下鉄七隈線の次郎丸駅、賀茂駅、野芥駅の3駅が存在し、人々の通勤・通学の足となっています。空港線は福岡市の中心天神地区まで10分前後、七隈線で20分前後と利便性が高く、西鉄のバス網も発達していて便利です。
湾岸のシーサイドももちは博多湾を埋め立ててできた人工の区画で、福岡タワーや福岡市博物館などの早良区の人気施設や、テレビ局やオフィスビルなどが集中し、福岡市の新しい観光・ビジネス拠点として機能しています。また、百道(ももち)エリアの一部は宅地化され、整然と住宅が建ちならぶ人気の高級住宅街ともなっています。
また、シーサイドももちの南側の西新は九州を代表する私立西南学院大学や、福岡のトップレベル進学校である西南学院高等学校、修猷館高等学校があり、文教地区としても知られます。
早良区の行政の中心は藤崎駅周辺となります。早良区役所や早良区健康福祉センター、早良警察署、西福岡税務署などはすべて藤崎駅が最寄り駅です。早良区の中ほどには落ち着いた住宅街が広がっています。野芥、賀茂エリアは前述したように都市部へのアクセスも良く、福岡都市部のベッドタウンとなっています。自然も残された住環境のよいエリアです。
南部は手つかずの自然が残る脊振山地が広がります。脊振山地には花乱の滝や坊主が滝、野河内渓谷などの見どころが点在し、四季折々の自然に親しむことができます。佐賀県との境にある脊振山地の最高峰脊振山は九州自然歩道の一部になっており、絶好のトレッキングやハイキングコースとなっています。中腹にある福岡市立背振少年自然の家は青少年が楽しみながら自然を学べるキャンプ場です。通常は団体利用のみですが、夏休み期間中は家族連れにもキャンプ場が解放されるため、多くの人でにぎわいます。

魅力的スポットが点在する早良区

夜景も美しい都会的な北部と、豊かな大自然が広がる南部と多様な魅力を持つ早良区には他にも多くの魅力的スポットがあります。国宝の梵鐘がある西光寺、元寇残塁などの歴史スポットや、「ロボットに出会う町・福岡」を合言葉に作られたロボットとのふれあい施設ロボトピアといった近未来的なスポットもあります。また、シーサイドももち海浜公園では散策やマリンスポーツも楽しめますし、商業施設マリゾンで買い物や食事もできます。また、マリゾンからは海ノ中道海浜公園まで高速船がでており、片道20分のプチ旅行気分も味わえます。書ききれないほどのさまざまな魅力が早良区にはつまっています。

任意
ライター/ヨムーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

新着記事