• 2015/09/01
  • PR

豊かな自然に包まれた暮らしを楽しめる宗像市

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Munakatashi01

古事記、日本書紀にも登場する由緒ある土地、宗像市。古来より育まれた自然環境は日々の暮らしを豊かに支えます。福岡方面へも北九州方面へもアクセスが良い利便性と、海と山に囲まれた落ち着きを兼ね備えているエリアです。

世界遺産に推薦されることが決定した、沖ノ島を有する福岡県宗像(むなかた)市。日本の神話や歴史を記した最古の文献である「古事記」に、宗像の地名が残されています。
沖ノ島は「神宿る島」と呼ばれ、今でも神話の時代から続くしきたりが変わらず維持されているのが特徴。島には宗像大社の神職が常在して、毎日の神事を欠かすことなく行い、その神域を守り続けています。
古くからの自然が豊かに守られている土地でありながら、福岡県都心部である福岡市と、本州からの玄関口である北九州市との中間地点にあり、双方へのアクセスが良いことでベッドタウンとしても人気。自然と都市の共生を感じながら暮らすことができるエリアです。
響灘と玄界灘を目前に、内地を山々に囲まれていることで漁業や農業も盛んに行われ、市内の道の駅などでは、新鮮な食材が豊富に取り扱われていて多くの人出で賑わっています。
市が企画する「子ども支援ボランティア養成講座」では、地域で子どもの健やかな育成に関わる人材を養成し、日常から子ども達にきめ細やかな目が行き届くよう配慮。「住んで良かった」と思える町づくりをモットーに、子育て支援や助成にも力を入れています。
子育て世帯や新婚世帯は、市に申請を行えば家賃補助が受けられるなど、若い世代の定着を後押しする仕組みが取り入れられているのも、住宅地として人気が高い理由のひとつです。
市外から移り住む際の負担を考えて、新築住宅を建築する際には「古家解体補助制度」を、中古住宅を購入もしくはリフォームする際にも補助を受けられるなど、住宅に関する補助が手厚く揃っています。
宗像市は古来より伝わる神社・仏閣を多く有しており、神話の地の名残を求めて多くの観光客が訪れるスポットです。同時に、明治から大正時代にかけて栄えた宿場町の町並み「唐津街道」の佇まいを残し、歴史の移ろいと近代のロマンを感じられる町としても全国に名を知らしめています。
観光産業は市の大切な産業のひとつであり、町の景観づくりにも力を入れているため、落ち着いて生活しやすい雰囲気が整っているのも宗像市の特徴です。

日本古来より育まれた豊かな自然の中で、文武両道を極める

宗像市の雄大な自然や落ち着きある町並みは、訪れる多くの人を癒し、毎日の暮らしをさまざまな面から支えています。漁業とともに農業も盛んで、地元で収穫できる豊富な食材がリーズナブルに手に入り、家庭の食卓で旬の味を楽しめます。また、歴史や伝統に自然と触れることができるのも市の特徴のひとつです。のびのびと体を動かせるスペースや文化的施設が複数建設されており、日常的にスポーツや芸術イベントに触れられる点も、都市としての評価を高めています。教育面では、九州の中でもトップレベルに位置する福岡教育大学を有し、同時にジャパンラグビートップリーグの本拠地としても名を知られ、文武両道を極める秀でたエリアと言うことができます。

任意
ライター/ヨムーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

関連する記事があります

新着記事