• 2018/03/13
  • PR

クローゼットの収納は「たたむ」と「掛ける」のたった2つでできている!

Large

仕切りとハンガーを制するものが、洋服の収納を制す

クローゼットは、毎日の身支度を整える大事な場所です。
毎日使う場所だから、全体を見渡すことができ、「しまう」も「取り出す」も簡単な、使い勝手の良い収納が理想ですよね。

そんなクローゼットには、大まかに分けて「たたむ」か「掛ける」の収納方法しかありません!
また、洋服以外のものが入り込みにくい場所なので、意外とものの見直しもしやすい場所なんです。

今回は、クローゼットをより使いやすくする収納方法についてご紹介します。

洋服の収納方法は「たたむ」か「掛ける」!

普段着のTシャツからおしゃれ着のワンピースやジャケットまで、洋服と言っても様々な種類のものがクローゼットには収納されています。

そんな洋服の収納は引き出しやラックなどにたたんで入れる方法と、ハンガーパイプに掛ける方法の2通りに分けられます。

洋服の収納方法って、2通りしかないんだ!と思うと、少しハードルが下がりませんか?

クローゼット収納は、この2通りを使いやすいよう整えていくだけ。
グッズを上手に使い分けながら、出し入れしやすいクローゼットを作っていきましょう。

種類別のエリア分けを意識しよう

引き出しにたたんで入れる場合も、ハンガーパイプに掛ける場合も、種類ごとに収納するエリアを決めておくと便利です。

Tシャツはこの場所、厚手のニット類はこの場所、コートは左側に掛ける、などざっくりで良いので場所を決めておきましょう。
様々な種類の洋服が混ざり合うことを防ぎ、取り出しやすく戻しやすいクローゼットができ上がります!

引き出し収納のコツ!

引き出しに収納する際は、上から見て全体が見渡せるよう立てて収納しましょう。

似たような色のTシャツでも、立てて入れれば柄がはっきり分かって区別がつきやすく、取り出す際もとてもラク!
重ねて収納してしまうと、どんどん埋もれていき、手持ちの洋服が分からなくなってしまうので危険です。

立てる収納を叶える収納グッズあれこれ!

立てた洋服が倒れないよう支える「ブックエンド」

せっかく立てて収納しても、洋服を取り出した際に隣の洋服が倒れたり、開け閉めの際に中で倒れていると、とってもストレス!

そんな立てた洋服をしっかり支えるのに便利なのが「ブックエンド」です。 100円ショップをはじめ、簡単に手に入ります。引き出しの高さに合ったシンプルなブックエンドをチョイスしてみてください。

夏服と冬服とでは、洋服の厚みが違います。
ブックエンドなら自由に動かすことができるので、洋服の厚みや量の増減にも対処できますよ!

優しく支えて仕切りにもなる「不織布仕切りケース」

不織布でできたケースは優しい素材なので、デリケートな下着類なども安心して収納することができます。

ケースの大きさに合わせれば、しっかりと洋服を立てることができますし、種類ごとに分けることも簡単!
大きな引き出しにボックスを入れ込んで空間を仕切ることにも使えます!

簡単に空間を仕切る「仕切り板」

プラスチック製の板を噛み合わせて、引き出し内を仕切ることができます。
100円ショップや無印良品、ニトリなどで購入することができます。

折ることで仕切りたい大きさに合わせられるので、気軽に取り入れられるのが魅力。
中で動いてしまうことがあるので、立てた衣類の支えとしては若干頼りなさもありますが、軽く支える程度の仕切りとして使えるアイテムです!

「何を掛けるか」で、こんなに違うハンガー選び

ハンガーパイプに掛かっていると、手持ちの洋服全体が見渡せるので、選ぶのもとてもラクになります。   洋服の整理もしやすいですし、片付けもとてもラクですよね!

掛けて収納する場合は、洋服の厚みや素材などに合わせてハンガーを選ぶことが大事です!

掛ける収納を叶えるハンガーあれこれ

厚手のコートやジャケットには、厚みのあるしっかりハンガー!

厚手のコートは、その重みをしっかりと受け止めてくれる厚みのあるハンガーを選びましょう。
また肩がしっかりとしたジャケット類やトレンチコートなども、肩の部分に丸みを帯びているしっかりとしたハンガーを使えば、変な跡がつく心配もなくなります。

シャツやTシャツなどには、アルミのハンガー!

洗濯する回数も多いシャツや型崩れが気にならないTシャツなどには、気軽に使えるアルミ素材のハンガーがオススメです!

掛けるのも取り出すのもとてもラクですし、薄いのでコンパクトに収納できるのが嬉しいところ!
洗濯し干す段階から使用し、乾いたらそのままクローゼットへ持っていけば、手間も省けて便利です。

柔らかい素材には滑らないハンガーが正解!

フェルト素材でできた滑らないハンガーは、柔らかい素材の繊細な洋服にもピッタリ。
薄いものが多いのでアルミ素材のハンガー同様コンパクトに収納できるのも嬉しい!

肩の形が気になるカーディガンやコットンシャツなどは、丸みを帯びたゴム素材の滑らないハンガーがおすすめです!

スカートやパンツなどのボトムスに!

パンツやスカート類は、しっかりと抑えてくれるピンチ式のハンガーが便利。
抑える部分の裏に布を優しく挟むクッションがついていると、洋服に跡が残らないのでオススメです。

空間に余裕を持って、使いやすいクローゼットへ!

使いやすい収納を整えても、洋服がいつも溢れるほどパンパンでは、使いやすいとは言えません。
常にモノを見直して、「少し余裕がある程度の量」を保つように心掛けましょう。
パンパンだと洋服のシワの原因にもなりますし、カビや虫の発生を促します。

大切な衣類を守るためにも、持つのは今着ている洋服だけにしてみてください。
いろいろな収納グッズを活用しながら、風通しの良い使いやすいクローゼットを目指しましょう!

ライター:我が道ライフ 大木聖美
横浜在住の整理収納アドバイザー。 整理収納アドバイザー2級認定講師です。IKEA、無印良品、整理収納と掃除が大好き!北欧風シンプルモダンな、我が道インテリアです。「収納を美しく!使いやすく!!」
Instagram:@wagamichilife
我が道ライフ 大木聖美
Large
我が道ライフ大木聖美

横浜在住の整理収納アドバイザー2級認定講師。イケア、無印良品、整理収納と掃除が大好き!北欧風シンプルモダンな、我が道インテリアです。「収納を美しく!使いやすく!!」

Instagram:@wagamichilife

我が道ライフ大木聖美 の記事一覧を見る

この記事の関連するキーワード

関連する記事があります

新着記事