• 2018/04/12
  • PR

インフルエンサー支援をしている「BitStar」のオフィスは渋谷駅ほぼ直結!

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Large

2018年2月に移転したばかり株式会社BitStar(ビットスター)のオフィスは渋谷ヒカリエに隣接し、雨が降っても傘がいらないほど大変便利な場所にあります。渋谷はIT企業や若者文化の融合する場所で、オフィスを移転するにあたって、渋谷には強くこだわりました。初めて来られる方でも「ヒカリエの隣」と説明すれば迷わないそうです。

オフィス移転とともにロゴマークも一新、コンセプトは「STAR」。インフルエンサー・コンテンツ・動画コンテンツを象徴する三角形から構成され、サービス・スタッフ・インフルエンサー・パートナーとの結びつき(共創)によって成り立っています。またここからたくさんの”STAR”を発掘したいという思いも込められています。

広々としたエントランスは開放感があり、ガラスの向こうにあるラウンジからは、活気がある声が聞こえてきます。

ラウンジはコミュニケーションの場

ラウンジではスタッフのミーティングや所属しているYouTuber(ユーチューバー)さんとの打ち合わなど、それぞれの交流の場として使われています。

執務室以外のどこへ行くにもラウンジを通らないといけないレイアウトで、常に誰かがいるような場所になっています。

イベントスペースとしてもつかわれるラウンジではクライアント様向けの移転パーティーも行われ、YouTuberさんのファンミーティングの場としても使われます。

月に1度の朝会の時には全員の意識共有の場に。奥にある観葉植物は移転のお祝いにクライアントさんからいただきました。

ラウンジでひときわ目立つのがこの卓球台。リフレッシュや交流目的で設置しましたが、最初は卓球台なんてダサいという声も。

ふたを開けてみると評判がよく、男子対女子の本気の試合もしばしば。時には社長自ら参戦されることもあり、「帰る前に1ゲームしていく?」という光景も日常です。

増員に追い付かず移転を前倒し。会議室も3倍に増やしました

当初の予定では移転はもう少し先に考えていましたが、予想よりも早くメンバーが増えたため急ピッチで移転準備を進めました。タイミングよく絶好の場所に物件が見つかり、無事に移転することが出来ました。

広さ270坪のオフィスは以前と比べると約1.5倍に。執務スペースはラウンジとは対照的に遊びを排除し、集中できるスペースにしています。

前のオフィスでは会議室が3つしかなく、面接だけでいっぱいになり業務に支障が出ていたため、会議室を増やすことも重要なポイントでした。12人用2部屋、4人用3部屋、6人用4部屋の全部で9部屋になり、今までの3倍に増やしました。

9部屋に増えた会議室も全て埋まってしまうことが多く有効に活用されています。

撮影のための設備も充実させました

前のオフィスでは防音設備の整った撮影用スタジオがなく、唯一あったスタジオも執務スペースとして使われていました。撮影は近隣のレンタルスタジオを借りていたためとても不便でした。新しいオフィスではスタジオを4つ作り、移動することなく社内で全て完結することができます。

スタジオはYouTuberさんがどのような使い方もできるようシンプルな作りになっています。

取材当日も撮影で使われていました。入り口にある大きな鏡はYouTuberさんにとっての必需品です。

こちらはYouTuberさん用の控室。実際にはラウンジで待機することが多く、集中して作業するときにこの控室が使われています。

綺麗なお姉さんがたくさん来ていただけるようパウダールームも作りました。

まだまだリニューアル中で、今後は”女優ライト”を設置する予定です。

パウダールームの入り口にあるソファーは”女性専用”。たまに間違えて男性が座ってしまい戸惑うことも。

2019年にビル全体が改修予定のため2年以内に移転します

実はこのビルは2年以内に改修工事をすることが決まっており、渋谷駅にほぼ直結しているにも関わらず相場よりも安い家賃で入居できました。移転が決まっているため全体の内装にはあまり大きなコストをかけず、交流の場であるラウンジにコストを集中しました。 ビル全体が改修工事を行うため、オフィスの退去時にかかる原状回復費が不要というのも大きな魅力でした。

渋谷ヒカリエという情報・文化の発信地と隣接しているため、撮影の時に新商品の化粧品の買い出しなどがすごく便利になった反面、近くに安いご飯屋さんがないというのが当面の悩みだそうです。

株式会社BitStarについて

インフルエンサーと企業のマッチングプラットフォーム「BitStar」を運営。現在までに業界最多の月間タイアップ動画配信数を実現し、日本最大級のインフルエンサーネットワークとなっております。また、マスとデジタルの融合をコンセプトとした新しいインフルエンサープロダクション「E-DGE」を運営。2017年10月にはインフルエンサーマーケティングを科学するプランニング・分析ツール「Influencer Power Ranking」を提供開始。今後はインフルエンサーのさらなる活躍の場を支援するために先日公開されたファンクラブサービス「costar」のほかメディア事業・海外展開などを展開致します。

・インフルエンサー支援プラットフォーム :「BitStar」
・YouTuberプロダクション:「E-DGE」
・プランニング・分析ツール:「Influencer Power Ranking」
・ファンクラブサービス:「costar」

ライター/ヨムーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

関連する記事があります

新着記事