ガーデニング初心者でも出来る!おしゃれな庭づくりのコツ

  • 2018年03月29日公開

手軽に始められる趣味でインテリアにもよし、子供と一緒に育てるのに最適なイメージがあるガーデニング。でも、何を買い揃えて何から手を付けていいのか分からない方も多いと思います。

そこで今回は島忠ホームズ中野本店から、今年人気のおすすめ品種と必要なアイテムについてうかがいました。 案内してくださったのは、スタッフの渡邊一勝さんです。

ガーデニング初心者むけ

初めて園芸を始めるなら?

多肉植物がオススメです。水やりは2週間に1度くらいでも大丈夫なので、気づいたらあげるくらいでも長持ちします。

人気の品種は?

緑一色のものよりも、赤などほかの色が入っている種類に人気があります。
テーブルの上にちょっと置けるくらいのものをお求めになる方が多いです。みなさん、ダイニングやキッチンのテーブルに飾っているようです。

大きく育ちすぎたりは?

鉢を換えれば大きくなりますが、換えないとそんなに大きくなりません。
ただ、ずっと鉢を換えないと根腐れするので、2年に1度くらいは換える必要があります。

ほかに買わないといけないものは?

霧吹きタイプの肥料・活力剤をかけてあげると、色つやがよくなります。
それと、植え替えの際に土を換えるくらいです。忙しい方でも育てられるのでオススメしています。

ほかに部屋で育てるなら?

「水耕栽培」という、土を使わない鉢植えもあります。
「キッチンやダイニング、窓際など土のないちょっとした場所でも植物栽培を楽しみたい」また「清潔なイメージもあり、植物の生長も間近で楽しみたい」という方にオススメです。

こちらもダイニングなど、 室内の日の当たるところで育てられているようです。 鉢に入っているのは土ではなく特殊な素材で、水が1cmもあれば大丈夫です。
土と違 って、植え替えの時なども基本的に換える必要がありません。肥料は、園芸の一般的な肥料を水に薄めてあげるといいです。 炭を詰めているものもあります。消臭やマイナスイオンの効果もあるといわれていますので、インテリアとしての植物と一挙両得です。

人気の品種について

人気の品種は?

サンスペリアや、少し大きいですが、モンステラが人気です。

ベランダや庭でやるなら?

店内に展示している品種は寒さに弱いので、外に出すと枯れてしまいます。
ベランドなどで栽培できる品種は、外に展示しています。

今おすすめの花は?

3~4月シーズンはまだ種類があまり多くないのですが、キク科の「キララ」が色鮮やかで人気です。
サントリーが開発した品種なのですが、一株でけっこう大きくなります。5~6月、春から夏にかけて綺麗に咲くので、今くらいに買うと、育てる楽しみがあります。
それと、寄せ植えも税抜き1,580円で、時季に応じて用意しています。初めての場合はとくに、選ぶのがラクだと思います。(価格は2018年3月現在のものです)
いまの時季は、チューリップをメインにして作っています。いまはまだ花が出ていませんが、咲けばいちばん映えるので、これも待つ楽しみがあります。

マンションか戸建かで選ぶガーデニング

この時季、人気のジニアは、初めての方が花壇やプランターで栽培するのに最適です。 どんどん新しく芽が出て来るので、折れたりしても間引いていけばいいためラクです。

マンションと戸建てで栽培できるものに違いはある?

プランターの大きさが変わるくらいですね。庭だとスペースに余裕があるので長いプランターを使う場合が多いです。
マンションなどでスペースがないなら、小さな鉢植えで。高さを出したいなら、下に落ちてしまう可能性のある柵にかけるタイプよりも、鉢の下に台を置く方がオススメです。

女性に人気の品種はパクチー?

スプラウト系の種も流行です。ブロッコリースプラウトは一週間で生えるので、カイワレ大根のような形で薬味に使ったり。

それと、この近辺だとパクチーがダントツに人気高いです。とくに若い女性で買っていく方が多いです。まき時は4月ごろで、収穫までは約2か月位です。

ガーデニングを始めるために用意するもの

プランターの初期投資は?

お花、プランター、培養土、全部合わせて大体2,000円もあれば始められます。
それと、買うなら病気と害虫対策とオールマイティーに使える「ベニカXファインスプレー」がオススメです。 いちばんつきやすい害虫はアブラムシですが、一回噴きかけると一カ月くらいは予防できます。お花でも野菜でも、何にでも使用できます。
なお、今回取材にご協力いただいた島忠ホームズの一部の店舗でLINE@アカウントを開設しており、チラシなどのお得情報やイベントの告知をしているそうです。

※2018年3月取材時点の情報です。

取材協力

島忠 中野本店
店舗情報URL:http://www.shimachu.co.jp/shop/tokyo/310.html

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事