業務スーパーおすすめ!冷凍食品・チルド・お菓子まで

  • 2020年03月05日更新

アレンジ方法は無限大!「チョコレートシロップ」

チョコレートシロップ

どんな食べ物でもこれをかければチョコレート味に早変わり!癖がなくどんなものにも合います。
チョコレートシロップの相場は250〜400円ぐらいですが、業務スーパーの「チョコレートシロップ」は200gで138円という驚きの価格!

子どもが大喜び!「シャーベットの素・ソーダ&グレープ」

出典:@okamenop_chan

業務スーパーで大人気の名物、牛乳パックスイーツシリーズで夏におすすめのデザート「シャーベットの素」です!味は子どもが大好きなソーダ味とグレープ味があります。価格は159円(税込)で販売しています。

製氷皿やお好みの型にシャーベットの素を入れ、冷凍庫で数時間冷やせば、あっという間に手作りシャーベットが作れます。そのまま凍らせればアイスキャンディーのような食感ですが、半分ほど凍った状態で更にかき混ぜて再度凍らせると、かき氷みたいな食感になります。

こちらの商品は、開封後の保存が難しいのでできれば使い切りたい食材です。 子供がたくさん集まる機会にみんなでワイワイ食べるとあっという間になくなりそうですね。 どうしても残ってしまった場合は、シャーベットの状態での冷凍保存をおすすめします。

ハロウィンやクリスマスのホームパーティーには「もっちりクレープ(プレーン)」

クレープ生地って自宅で作ろうとすると厚さが均一ではなかったり、裏返すときに破れたりと結構難しいですよね?

また、外出先で売ってるクレープって結構お値段が高めで、おねだりされてもお子さんの人数が多かったりすると躊躇してしまいませんか?

うちでは外出先でクレープをおねだりされると「おうちで自分好みのクレープ作らない?」といって業務スーパーでこの商品を購入しています。

子ども向けパーティーに活躍できるクレープ生地は、10枚入りで税抜385円で1枚約39円です。冷凍状態で1枚ずつ手で剥がして使いますが、破れずにきれいに剥がれます。

自然解凍で美味しい!1㎏297円大福

安心の国内製造です。
世界初の「だんご生産ライン」を使用し、もち粉とうるち粉を配合し、その粉砕方法や粒子サイズにまでこだわって作られているそうです(ホームページより)。

完全に解凍されないと、当然固いのですが、暑い日々なのでそれはそれで美味しかったりします!
個人的には、半解凍より少し溶けたくらいが好きです。

焼くだけ簡単!0.5㎏170円いも餅

業務スーパーのグループ会社、神戸物産エコグリーン北海道で製造されています。
北海道の勇払郡(ゆうふつぐん)に東京ドーム約235個分の自社農園を持っているそうです!
私は北海道出身なので、北海道のもの、というだけでえこひいき(笑)。
いももちはとてもなじみのあるものなので、業務スーパーで発見した時は迷わず購入、リピ買いしています。

目を疑う破格値!どら焼きが1個なんと25円!

「国産 どら焼き」 6個入り 147円(税別)

まず、6個で147円というお値段に驚きますよね!1個で147円くらいするものもある中で、サイズは少し小さいものの……。 1個25円、は驚愕です!

ドイツ産「ビターチョコレート」

パリッとそのまま食べるだけでなく、溶かしてポップコーンにかけても美味しいですよ。 レンジで出来るポップコーンに、このチョコ一枚をたっぷりかければご覧の通り。

濃厚で一味違うおやつを楽しめそうです。

チョコレートシーシェル 328円(税抜)

貝殻の形をしたチョコレートです。 中を割ってみると、ヘーゼルナッツクリームがたっぷり入っています。 質も量も価格もこだわる方なら、マストバイです。

「KING ISLAND ローストココナッツチップ40g」 106円(税込)

安くて美味しいココナッツチップを探し求めて、ようやくたどり着いたのがこちら! 40gでなんと、税込106円で買えるんです!! 原材料は、ココナッツと砂糖と食塩のみなので、余計なものが一切入っていません。 ココナッツのやさしい甘さと、素材のうまみが活きたシンプルな味です。

おすすめ野菜系

(110)冷凍野菜の中でも特に「たまねぎ」は狙い目


スライスたまねぎ :カレーライスやスープ、炒め物などなんにでも使えますね。上から少しもむとバラバラになるので使いたい量だけ取り出せるのがとても便利です。

刻みたまねぎ:オムレツやチャーハン、ハンバーグなどみじん切りを使いたいときに包丁を使わなくてもすぐ作ることができます。

オニオンソテー:時間がかかる、あめ色玉ねぎが出来上がっている状態です。これは固まっているので、包丁で切るなどして利用します。ハンバーグやカレーライスに加えるとコクが出て、味わいがUPします。 さらにオニオングラタンスープも簡単にできます。

1袋21円!激安で使い勝手も良い「緑豆もやし」

2018年現在、もやしの平均価格は原材料の緑豆の高騰により40円~60円といわれています。

うちの近所のスーパーでも安くて35~40円、60円もするもやしですが、業務スーパーはなんと相場の半額21円(税別)なんです。

お財布に優しすぎる緑豆もやしですが、変色・痛みやすいなど敬遠する方も多いかもしれません。

しかし、水をいれたタッパーなどにもやしを浸して冷蔵保存すれば10日程持つんです(水は2日に1度取り替えること)。

冷凍カットいんげん500g

とりあえず買っておくと良い冷凍食品が「冷凍いんげん500g」です。
少量タイプではなく、長く使える大容量サイズだから、少しずつ使えていつでも欲しい時に役立ってくれる、冷蔵庫常備アイテムです!

使い切りの工夫 毎日のお弁当作りで「今日は彩りが少ないわ……」と思った時に、冷凍庫に常備してあるだけでOK! 例えば解凍したいんげんをタッパーに入れためんつゆに漬けておくだけで、あら簡単♪3色弁当にも使えるお手軽おかずを手早く作ることが可能なんです!

卵と一緒に炒めるだけで、夕飯のおかずとして一品並べる事だって可能なのです!

パプリカのナポリ風ソテー(パプリカ内容量500g175円)

まずはじめにご紹介する「パプリカのナポリ風ソテー」です。

温めたフライパンにナポリタンソースを入れます。
冷凍パプリカを袋から出し、全量そこへ加えます。木べらなどで混ぜ合わせて炒めながら、お好みの固さまで火を通して下さい。そのままでも1品ですが、パスタにかけてもいいですよ。

野菜ミックス5種のミルクスープ(5種類の野菜ミックス内容量500g135円)

野菜ミックス5種のミルクスープです。
この商品に含まれる野菜ミックス5種は具体的に、にんじん・じゃがいも・たまねぎ、とうがん・セロリだそうです。私個人的にはこのセロリがいいアクセントになっていると思います。

冷凍の袋をすべて鍋に入れます。そこへ牛乳適量・コンソメ・塩コショウなどで味をつけて火にかけます。お好みの固さまで火を通したら出来上がりです。関心のある方はぜひ一度お試し下さい。

オクラのポン酢とカツオと桜エビあえ(オクラ内容量500g158円)

オクラのポン酢とカツオと桜エビあえです。
こちらのメニューは緑黄色野菜と同時に、海の幸のダブルカルシウムが摂取できる料理になります。オクラと桜エビの食感が、いい感じにコラボしてくれますね。

画像に表示した分量くらいのオクラをお皿に入れます。ラップをゆるめにかけてレンジで600W3分程度、加熱します。

それを取り出したら、ポン酢とカツオと桜エビを適量入れて、軽く混ぜ合わせます。
暑い時期には冷蔵庫で冷やしてから食べると美味ですよ。

菜の花のゴマドレおひたし(菜の花内容量500g178円)

菜の花のゴマドレおひたしです。
こちらも緑黄色野菜と元気の源「セサミン」が摂取できる頼もしいメニュー。ゴマドレに追加で、すりゴマをたっぷりプラスすると、ダブルパワーですよ。

鍋にお湯を沸かし、そこへ冷凍菜の花を適量入れます。お好みの固さまで火を通して下さい。ザルに移して水でさらしたら、軽く水気を絞りお皿に盛りつけて、ゴマドレをかけたら出来上がりです。ぜひ一度お試し下さい。

ポテトのニンニク味噌だれかけ(ポテト1kg250円)

ポテトのニンニク味噌だれかけです。 業務スーパーの冷凍ポテトで作る、マンネリポテサラに飽きた時のお助けメニューになります。私個人的にはビールやハイボールのおつまみにも最適だと思いますよ。

画像に表示した分量くらいの冷凍ポテトを、お皿に入れてレンジで600W5分程度、加熱します。焼き肉のたれなどお好きなものをかけて下さいね。

大根(ビッグサイズ)108円

大根も、業務スーパーなら大きなものが108円! おでんの季節に嬉しいですね。

冷凍むき枝豆は万能食材!

500g185円(税別)で販売されており、すでに皮を取ったものを軽く湯通しして冷凍してあるので使う時はさっと火を通しただけで食べられます。

「むき枝豆」の使い道 もちろんさっと湯通ししそのまま食べてもおいしいです。
また、むき枝豆は冷凍商品なので袋から必要な分だけぱらぱらっと使うことができて便利です。開封後はジッパー付保存袋に移し替えて使うことをオススメします。
くわしい使い道はこちら

ヨムーノ編集部

ヨムーノは、忙しくても「暮らしをもっと楽しく賢く!」をコンセプトに、暮らし全方位の「すぐ実践できるトレンド情報」を発信しています。全国からヨムーノライターやヨムーノメイトを随時募集中です。応募は公式TwitterかInstagramのDMで♪

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事