• 2018/06/08
  • PR

【100均×モノトーンのおしゃれインテリア実例】人気100均マニア・つくもはる邸初公開!

Large

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

ご自身のインスタグラムで100均を中心としたプチプラグッズを紹介している、ヨムーノライターのつくもはるさん。

手軽にマネしやすく、オシャレで楽しいつくもはるさんのプチプラグッズ活用アイディアは、インスタではもちろん様々なメディアで紹介されるほど大人気!

そんなつくもはるさんは、どんなおうちに住んでいるのでしょうか?
カフェテイスト満載のつくもハウス、初公開です。

つくもはるさん
100均グッズやプチプラグッズを使った、インテリアやテーブルコーディネートをヨムーノにて紹介。100均マニアでパトロールが習慣。
Instagram:@haru2422
つくもはる

つくもさん宅の玄関。
ポストがビスケットに!早速”かわいい”を発見し、テンションがさらにアップ!

つくもさんは、長男(小2)・長女(小1)・次男(0歳)の3人のママ。

今から約4年前、増税前に駆け込みで一戸建てを購入したという、つくもさん一家。
当時はまだ今の「カフェテイスト」は確立されておらず、つくもさんは「今だったら、建築の段階からもっとこだわったと思います。壁の1面だけ色を変えたり、冒険したかった」と言います。

リビングは、モノトーン×カラフルのバランスが絶妙!

リビングで大きな存在感を放っていたのが、カラフルなソファ。
何色も使われコーディネートが難しそうなこのソファも、他のインテリアがナチュラル系の落ち着いた色味で統一されているため、素敵に馴染んでいます。

テレビの上の壁は、ニトリのウォールステッカーでアレンジされています。
ここ以外にも、階段やダイニングの壁も、それぞれ場所に合ったウォールステッカーが。
白い壁一面に貼られたモノトーンの大きなステッカーが、お部屋の雰囲気を一気にカフェ風にアップデートしています。

もっと冒険したかったと語ったつくもさんですが、「ベースがシンプルだからこそ、今アレンジやDIYのしがいがあるのかもしれませんね」とも。

アイディアが詰まったDIYにも注目!

濃い色味を選んだという梁が、お部屋を引き締めています。
梁と同系色にまとめられたカーテンレールカバーは、ご主人がDIYしたもの。

家のいたるところにつくもさんのアイディアが生かされた、ご主人のDIY作品を発見。

テレビボードの横にあるパソコン収納もDIY。
開けるとキーボードだけが取り出せるようになっています。ナイスアイディア!

インターホンやお風呂のスイッチも、ナチュラルなカバーで隠されています。

リビングにあるミニワークスペースには、お2人の趣味であるカメラが。
木材を使ったナチュラルなシェルフと、飾られた流木がマッチしています。

「普段はドケチで(笑)外食はしないし、インテリアもDIYやプチプラ雑貨を取り入れて楽しんでいます。
だからこそ、昔からの趣味であるカメラや、『いざ!』と購入する家電などはケチりません!」と、つくもさん。

キッチン・ダイニングは、「THE つくもワールド」!

キッチン・ダイニングには特に、今までヨムーノの記事でご紹介したグッズがたくさんあり、嬉しくなってしまいました(笑)。

100均のクリアボトルで「見せる収納」

キッチンは、ドリンクボトルを活用した「見せる収納」がたくさん!
マカロニやカトラリーなどが様々なクリアボトルに入って並べられている様子は、本当のカフェのよう!

「ストックの残量も分かりやすく、切らしたり逆に買いすぎることもないので、おすすめです!」とつくもさん。
どれも100均やスリコでゲットできるボトルで、特に取り入れやすいアイディアですね!

100均クリアボトルのおしゃれ活用例

100均のランチョンマットで、壁をおしゃれに

「Cafe Haru」のメニューやショーケースなど、特に「おうちカフェ」の演出が徹底されているキッチンカウンター。

カフェのショーケース風シェルフも、ご主人のDIY作品で、ガラスに見える部分は100均のプラスチックのクリア板だそう。さすが!

壁には以前ヨムーノの記事でもご紹介いただいた、100均のランチョンマットが。
つくもさんのカフェ風キッチンについて、詳しくはこちらをチェックしてみてください!
100均のインテリアグッズで、キッチンやダイニングをカフェ風にアレンジ!

カウンターの存在感◎なドリンクサーバーが涼しげ

横に置かれたドリンクサーバーが、さらにカフェの雰囲気を高めています。
「私が購入したときは、まだ100均やスリコには大きなドリンクサーバーはなく、インターネットで購入しました。今はプチプラでもかわいくて大きめのドリンクサーバーも手に入りますよね。良い時代ですよね~!」と笑うつくもさん。

スマートフォン用のスピーカーも、100均のものだそう。
「カフェで流れているような音楽を探して、いつも作業用として流しています。」
当日も、おしゃれカフェで流れているような、雰囲気のあるミュージックが流れていました!

気になる雑貨の探し方は、「○○ おしゃれ」で検索!?

ダイニングの横には、カフェスペースが。
天蓋がインスタ映えなカフェっぽくてかわいい♡

ブラケット型の両面時計は、1階の廊下にも設置されていました。
気になるインテリアなどを見つける方法を聞いたところ、「探したいものと一緒に『おしゃれ』と入力して検索しています。『時計 おしゃれ』『ポスト おしゃれ』とか。それでこの時計もサーバーも、ビスケットのポストも見つけました!」 だそう。

意外と原始的?な方法に、少しほっこり(笑)。
たくさん探して、気に入るものを見つけているそうです。探求心が理想の住まいづくりには欠かせませんね!

テラス席風バルコニー、陽の光が気持ちいい!

バルコニーにもテーブルとイスが設置され、カフェのテラス席のよう。
取材当日はとても晴れていて、絶好のテラス席日和でした!

テラス席にも「Cafe Haru」のメニューが。
呼び出し用のベルまで!細かい演出にキュンとします。

バルコニーには家庭菜園も。
意外と食べられる植物が多めです(笑)。

趣味部屋は男前DIYで進化中!

1階の物置きになっていた部屋を、趣味部屋として改造中だそう。
魚釣りが趣味のご主人の、釣り竿やルアーがディスプレイされています。

テーブルやディアウォールを使用した柱も、ご主人のDIY。
リビングと打って変わって「男前」な雰囲気です。

アイアン調にペイントされたテーブルの脚部分。
ダイソーの「スクエアBOX」を引き出しのように使用するアイディアを発見!

ダイソーの「スクエアBOX」の活用方法は、こちらをチェック!
【ダイソー】スクエアBOXでモノトーン収納が楽々完成!

ついつい買っちゃうメイソンジャー。
ランプにDIYして活用されています。なるほど!

「普段はあくまでインテリア飾りとして。たまにつけて楽しんでいます」と、つくもさん。

延長コードも「男前」に統一!

「いつもと雰囲気を変えたいときなどには、ここを食卓として使用したりしています。子どもたちが大きくなったら、ここも子ども部屋になる予定なので、それまでは夫婦の趣味部屋として楽しんでいきたいですね。今は夫の趣味が全開ですが!(笑)」

ご夫婦でDIYやインテリア、「住まいづくり」を楽しまれている姿も印象的でした。 インスタグラムなどで見る以上に、素敵なプチプラグッズがたくさん活かされていたつくもさんのお家。
ぜひ参考にしてみてくださいね!

Large
ヨムーノ編集部

暮らしのトレンドマガジン「ヨムーノ 」の編集部スタッフがお届けしています。
Twitter:https://twitter.com/yomu_no

Instagram:https://www.instagram.com/ouccino.jp/

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

関連する記事があります

新着記事