インテリアがおしゃれに変身♪【観葉植物おすすめ10選】育てやすさも人気の秘密!?

  • 2019年08月22日更新

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

観葉植物のある暮らし、憧れますよね。観葉植物を部屋に置きたいけど、何を選べばいいかわからない……!という人のために、おすすめの観葉植物を紹介します。

観葉植物の育て方や、枯らしてしまう原因についてもあわせて紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

おすすめの観葉植物【明るい日陰で育てられる】

まずはレースのカーテン越しのような、直射日光を遮った明るい日陰で育てられるおすすめの観葉植物を紹介します。

ドラセナ

出典:楽天

販売ページを見る(楽天)

観葉植物で人気のドラセナは、「幸福の木」という名前でもよく知られています。インテリア性が高く、どんな場所にもなじみやすいおすすめの観葉植物です。

育て方

ドラセナは丈夫で育てやすい観葉植物です。日当たりの良い場所で育てましょう。ただし直射日光は苦手で、葉が変色してしまう恐れがあるので避けてください。

ドラセナの土が乾いたら、たっぷりと水を与えるのがコツ。水を与えすぎると枯れてしまうので、土が乾くまでは水を与えないように注意しましょう。

サンスベリア

出典:楽天

販売ページを見る(楽天)

販売ページを見る(Amazon)

上に伸びる葉っぱが特徴的なサンスベリア。「虎の尾」とも呼ばれていて、虎のしっぽのようなフォルムがスタイリッシュで人気です。

サンスベリアは成長が早い植物で、定期的な植え替えが必要です。植え替えをしないと根詰まりして水はけが悪くなってしまうので、1〜2年に1回程度植え替えをして元気に育てましょう。

育て方

できるだけ日当たりの良い場所に置いて、乾燥気味に管理するのがおすすめです。もともと乾燥地で生育していた植物なので、乾燥を好みます。土が乾いてから水をたっぷり与えます。

ゴムの木

出典:楽天

販売ページを見る(楽天)

販売ページを見る(Amazon)

鮮やかなグリーンの葉っぱが印象的なゴムの木。800以上の種類があります。「永遠の幸せ」という花言葉を持つことからも、観葉植物として人気。

寒さや乾燥に強く、育てやすいおすすめの観葉植物です。

育て方

ゴムの木は熱帯生まれ。日当たりの良い場所を好みます。ただし直射日光に弱いので半日陰で育てましょう。土がカラカラに乾燥してから、たっぷりと水を与えます。鉢底から出る程度、水を与えても大丈夫です。

ただし土が乾いていないのに水を与えると、根ぐされを起こしてしまうので注意しましょう。

ウンベラータ

販売ページを見る(楽天)

販売ページを見る(Amazon)

ハートのような形の大きい葉っぱがキュートなウンベラータ。モダンでスタイリッシュな見た目から、観葉植物の中でも人気が高く、美容院やカフェでも多く採用されています。

育て方

年間を通じて日当たりの良い室内で育てましょう。高温多湿を好む植物なので、葉の面と裏に霧吹きをしてあげるのもおすすめです。

春と秋は、土が乾いてきたら鉢底から水が出るくらいたっぷりと水を与えます。夏は土が乾く前に、冬は水の与えすぎに注意することが大切です。

アイビー

販売ページを見る(楽天)

販売ページを見る(Amazon)

星のような愛らしい葉っぱが人気の観葉植物、アイビー。つる性植物で、立体的な楽しみ方ができます。気温の変化に強く、日向でも日陰でもしっかりと成長するので、観葉植物初心者にもおすすめです。

育て方

本来は日向を好みます。日光不足だと葉が落ちてしまうこともあるので、できるだけ日当たりが良く、風通しの良い場所で育てましょう。

水やりは、土が乾いたらたっぷりと与えるのが基本。霧吹きで葉水すると、乾燥対策や、病害虫予防にもなりますよ。

パキラ

出典:楽天

販売ページを見る(楽天)

販売ページを見る(Amazon)

観葉植物の中でもパキラは人気がありますよね。背が高く、リビングに1本飾っておくだけでも存在感があります。幹を編み込んだタイプを選ぶと、よりおしゃれですよね!

生命力が強く枯れにくいので、初めての観葉植物におすすめです。

育て方

1年を通して直射日光を避けて管理しましょう。レースカーテン越し程度の日差しを好みます。

水やりは、春から秋にかけては土が乾ききってからたっぷりと、冬は乾燥気味にして、土が乾いてから2、3日後に水を与えましょう。

おすすめの観葉植物【日陰でも育てられる】

耐陰性があり、日当たりが悪い場所でも比較的育てやすいおすすめの観葉植物を紹介します。

モンステラ

販売ページを見る(楽天)

販売ページを見る(Amazon)

モンステラの特徴は、切れ込みや穴があいたユニークな形の葉っぱ。エキゾチックな雰囲気が人気で、観葉植物としてよく選ばれています。モンステラは20〜40種類あると言われています。

寒さに強く育てやすい点から、観葉植物初心者にもおすすめです。

育て方

耐陰性があるので、室内の日光が入る場所で育てることができます。エアコンの風が直接当たらないよう気をつけましょう。

水やりは、気温が高い時は土の表面が乾燥したらたっぷりと、気温が低いときには水をあまり必要としなくなるので、表面の土が乾いて2、3日たってから水やりをしましょう。葉水は1日1回霧吹きで行うといいですよ。

クワズイモ

出典:楽天

販売ページを見る(楽天)

販売ページを見る(Amazon)

クワズイモは乾燥に強く、成長も早いので、観葉植物初心者にもおすすめです。大きく広がる葉っぱはスタイリッシュで、インテリアをおしゃれに演出しますよ。

「出世芋」とも呼ばれていて、縁起が良いので、お祝いやプレゼントにも喜ばれます。丈夫で育て方も簡単なことから、人気の観葉植物です。

育て方

クワズイモは半日陰を好みます。照明の光が当たる場所に置いて、時々日光浴をさせましょう。ただし強い日差しは苦手です。長時間陽に当てると葉焼けを起こしてしまうので、注意が必要です。

水やりは、土が乾いた頃にたっぷりと与えるのがおすすめ。高温多湿を好むので霧吹きを使って葉に水を与えると、葉が元気に育ちます。

テーブルヤシ

出典:楽天

販売ページを見る(楽天)

販売ページを見る(Amazon)

テーブルヤシとはその名の通り、テーブルの上にも置けるコンパクトサイズのヤシです。細めの幹と葉っぱが風で揺れるフォルムがスタイリッシュな印象ですよね。

ヤシ科の植物の中でも育てやすく、おすすめの観葉植物です。

育て方

耐陰性があるので、日当たりが悪い場所でも育てられます。明るめの日陰に置いてあげましょう。

水やりの頻度は、土の表面が乾いてから、冬はもう少し間隔をあけて水やりの頻度を減らします。

カポック

販売ページを見る(楽天)

販売ページを見る(Amazon)

カポックは、どんな環境でも適応するため、育てやすい観葉植物。成長が速く、背も高くなるのが特徴です。ツヤがあり、丸くて鮮やかな葉っぱが印象的ですよね。リビングに飾ると、お部屋が爽やかな印象になります。

育て方

カポックは乾燥に強く、耐陰性もあるため、春から秋にかけては屋外でも育てられます。室内の場合は、日光が入る場所に置きましょう。レースのカーテンごしに日光を当ててあげると元気に育ちます。

春から秋にかけては土が乾いたらたっぷりと、冬場は土の表面が乾燥してから2、3日後に水やりをしてください。また毎日1回は破水をして乾燥を防ぎましょう。

観葉植物が枯れてしまう原因は?

観葉植物を手放す理由でよくあるが"枯れてしまう"こと。観葉植物それぞれで育て方が違うように、枯れてしまう理由も様々ですが、主に次のような原因が考えられます。

  • 日光が足りていない
  • 強い日差しが当たっている
  • 温度が高い・低い
  • 乾燥している
  • 水が足りない
  • 水が多すぎる
  • 病気、害虫
  • 環境が変化した

植物ごとに、好む環境や与える水分量は異なります。観葉植物を購入するときに育て方をよく確認して、観葉植物に合ったお手入れを心がけましょう。

日当たりが悪くても飾れる人工観葉植物もおすすめ

日当たりが悪い部屋のコーディネートには、人工観葉植物を活用するのもおすすめです。日光やお手入れいらずの人工観葉植物は、日当たりが悪い部屋に最適です。

じめじめとしたイメージのトイレや洗面所でも、人工観葉植物の差し色が加わることで、清涼感のあるスペースに早変わりしますよ。

販売ページを見る(楽天)

販売ページを見る(Amazon)

観葉植物を育ててみませんか?

観葉植物はそれぞれ好む環境や水やりの頻度が異なります。特徴を理解した上で、観葉植物が元気に育つような環境を整えてあげてくださいね。

おしゃれな観葉植物インテリアについては、こちらの記事でたっぷりご紹介しています。

観葉植物をインテリアに。店員さんに聞いた育てやすい植物5つと実例集

ヨムーノ編集部

【キャンペーン実施中】
◎EPARKリラク&エステ ギフトチケットを抽選で10名様にプレゼント!年末年始の疲れを取りませんか?詳しくはヨムーノ公式Twitterで♪
◎To May(トゥーメイ)の「IH対応スクエアパン レッド」を抽選で3名様にプレゼント!詳しくはヨムーノ公式Instagramで♪

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事