和室がイケアでおしゃれに変身!?憧れ「和モダン」インテリアの誰でも簡単なコツ

  • 2019年04月16日公開

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

今回は、和室をおしゃれに使いたい方必見!和室を『和モダン』に変身させるコツや、和室インテリアの実例をご紹介します。和室インテリアの参考にしてくださいね。

和室を憧れの和モダンな部屋に変身させよう

『和モダン』という言葉を聞いたことがある方は多いでしょう。しかし「和モダンってどんなデザイン?」と聞かれたときに、パッと思い浮かばない方も多いのではないでしょうか。

そこでまずは、和モダンとはどのようなものなのかをご紹介します。

和モダンはどんなテイスト?

和モダンとは、『和風』と『現代風(または欧風・洋風など)』をミックスしたテイストです。日本の昔ながらの伝統を活かしつつ、現代風のデザインを取り入れた和モダンは、世代を問わないデザインとして人気があります。

「ちょっと和風の部屋に飽きてきた……」と感じる方や、「和室をもっとおしゃれに使いたい!」という方にピッタリのテイストです。

和室を活かしつつ現代要素を取り入れるのがポイント

畳のある和室でテーブルを使ったり、ソファを使ったりすることも和モダンインテリアのひとつです。 大きい改装をする必要がないので、和室を活かしつつ、小物やインテリアを使ったり、DIYをしたりして、簡単に和モダンな部屋を作ることができます。

目指せ和モダン【簡単DIYでインテリアをアレンジ】

和モダンな部屋は、簡単なDIYで作れます。DIYに必要なものはホームセンターや通販、100均で手に入るので、お金もあまりかからず経済的です。ただし、賃貸で和モダンなインテリアや内装にしたい場合は『傷をつけない』ことに注意しましょう。

そこで、『1人でもできる簡単和モダンDIYの方法』と『賃貸でDIYを行う場合の注意点』をご紹介します。

和モダンDIY①リメイクシートを襖に貼る

簡単にDIYするなら『リメイクシート』を使いましょう。リメイクシートとは、裏面に接着剤が付いた部屋のリメイク用シートです。色々な柄があり、壁や扉などに貼るだけで部屋の雰囲気が変えられると、人気のDIY素材です。

リメイクシートを使うなら、襖に貼り付けるのがおすすめです。襖は、大きくて目に入りやすい場所にあります。そのため、リメイクシートで覆い隠すだけで、部屋の雰囲気を一気に和モダンへ変えることができます。

作業も貼り付けるだけと簡単ですし、材料も100均でも手に入れられるため、お財布にもやさしいDIYです。

▼様々なリメイクシートを探したい人はこちら
販売ページを見る(楽天)

販売ページを見る(Amazon)

賃貸の場合は下地をつけよう

一般的に賃貸では、退去する際に原状回復が求められます。リメイクシートを襖に直接貼り付けると、はがすときに襖がはがれて傷をつけてしまうため、貼る前にクッションフロアなどの下地を貼って保護しましょう。

賃貸で部屋に傷をつけてしまうと、修理代がかかります。下手に傷をつけると、かなりの請求額になる場合もあるため、賃貸でDIYをする際は、特に気を付けてください。

持ち家の場合も、はがす予定がある方は下地を付けるとよいでしょう。

和モダンDIY② 柱をシックな色に塗る

和室の柱の色を変えるだけでも部屋の雰囲気を変えることができます。木材用の着色剤『ステイン』や『蜜ロウワックス』などを使用して、簡単に柱の色をリメイクすることも可能です。

材料費3,000円程度で、乾燥も含めて1日ほどで完成させることができるので、思い切って自分でペイントしてみるのもおすすめです。 シックな色に塗り上げれば、高級感のある和室を完成させることができます。

▼ステイン
販売ページを見る(楽天)

販売ページを見る(Amazon)

▼蜜ロウワックス
販売ページを見る(楽天)

販売ページを見る(Amazon)

和モダンDIY③押し入れを机や棚として利用する

e3m1i1さん(@e3m1i1)がシェアした投稿 -

押し入れは、ただの物置になってしまうことが多い場所です。押し入れを活用できていない場合は、思い切って机や棚にDIYするのがおすすめです。

押し入れの扉を外せば、押し入れを机や棚として利用できます。押し入れの中は、リメイクシートや飾りをつけて、自分好みにアレンジしてください。

目指せ和モダンインテリア【和室をリビングとして使っている場合】

和室をリビングとして使っている場合は、インテリアなどの小物を変えるか、窓など大きな部分を変えて和モダンにするなど、2つのパターンがあります。

和モダンインテリア術:ウッドブラインドを取り付ける

和室リビングを和モダンにしたいなら『ウッドブラインド』を取り付けるのはいかがでしょうか。ウッドブラインドとは、天然の木(または樹脂で真似たもの)でできたブラインドです。

ウッドブラインドのなかには、遠くから見ると、まるでおしゃれな簾のように見えるものもあり、和室に置いてもインテリアとして違和感はありません。

ウッドブラインドはシンプルで、木の温かみが感じられ、どんなインテリアにも馴染みます。さらに、落ち着いた木のデザインは、空間やインテリアの雰囲気を上質なものにしてくれる効果もあります。

「和モダンにしたいけど、チープな雰囲気にはしたくない」という方におすすめのインテリアです。

▼ウッドブラインド
販売ページを見る(楽天)

和モダンインテリア術:低い布製のソファやクッションを置く

和室にソファを置くなら、和と調和しやすいナチュラルな『布製のソファ』がおすすめです。色は主張しすぎないアースカラーだと、空間によくなじんでくれます。

また、こたつを使用している場合は、ローソファを合わせてみましょう。モダンなローソファを取り入れるだけで、和の定番であるこたつを和モダンな雰囲気に変えることができます。

出典:楽天

また、ラウンド型のクッションや厚みのある座布団も和室インテリアとマッチします。おしゃれなデザインを選べば、洗練された雰囲気になりますよ。

販売ページを見る(楽天)

目指せ和モダンインテリア【和室を寝室として使っている場合】

和室を寝室として使っている場合は、ベッドや小物を取り入れて和モダンを演出しましょう。寝室のおすすめ和モダンアレンジを紹介します。

和モダンインテリア術:低めの木製のベッドを置く

和室にベッドを置く場合、いかにも洋風なものや革張りのものだと、違和感が出る場合があります。和室にベッドを置く場合は『木製』がおすすめです。特に低めのベッドだとなじみが良く、インテリアとしても映えます。

色は畳や和室に合わせて、緑や木の色などの自然色がおすすめです。

販売ページを見る(楽天)

畳のへこみ対策を忘れずに

いくら気を付けていても、畳の上にベッドを置くと、へこみや傷をつけてしまいます。和室にベッドを置く際はへこみ対策を忘れずに行いましょう。

へこみ対策には、ホームセンターで売っているゴムマットを家具の下に敷くのがおすすめです。インテリアとして見栄えが気になる場合は、マットを切り取って重さのかかる場所にだけ置くことで、目立たずに使うこともできます。

それでも畳がへこんでしまった場合は、へこみがひどくならないよう、家具を移動させましょう。へこみは時間をかけて徐々に元に戻ります。

また、ベッドのような大きな家具は、動かすと擦れて傷を作ってしまう場合がありますから、頻繁に動かすことは避けたほうが望ましいでしょう。

ヨムーノ編集部

【開催中】
・「サーティワン アイスクリーム レギュラーシングルギフト券」が抽選で当たるキャンペーン!詳しくはヨムーノ公式Twitterアカウントをチェック♪
・「花王 クイックル Joan 除菌スプレー・除菌シートセット」が抽選で当たるキャンペーン!詳しくはヨムーノ公式Instagramアカウントをチェック♪

【募集中】
素敵な写真やアイデアを投稿したり、モニターやアンケートにご協力いただく「ヨムーノメイト(ヨムーノ公式インスタグラマー)」を募集しています。詳しくはこちら

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事