• 2018/07/20
  • PR

生活感丸出しリビングが大変身!おしゃれインテリアを作る10のコツ

こんにちは、ヨムーノ編集部です。
「スッキリしたリビングで、いつでも人を呼べる部屋にしたい」という方のために、生活感あふれるリビングのインテリアを大変身させるコツをまとめました。リフォームが難しい賃貸マンションで簡単にできる方法もご紹介します。

生活感のあるリビングを変身させる方法

リビングは、家の中で最も人が過ごす時間が長い部屋の一つなので、どうしても生活感が出てしまいますよね。

逆に言えば、リビングから生活感をなくすだけで、おしゃれで憧れの部屋に近づきます。今回は、生活感があるリビングをおしゃれに変身させるコツを紹介します。

書類やコードは収納して見せない

新聞に入っている折込チラシ、毎日届く郵便物、町内の回覧や学校のプリントなど、『書類』は溜まっていませんか?

書類は色の統一感がなく、生活感が出てしまう理由の一つでもあります。かといって、しまい込んでしまうと大事な用事を忘れてしまいそう……そんな時は『プリント隠し』を用意して書類をまとめましょう。

置き場所を決めて、必ずそこを見る習慣をつけておけば、大事な用事を忘れてしまうことも防げます。

そして、どうしても生活感が出てしまうのが『家電のコード』です。ごちゃごちゃしがちなコード類も、ひとまとめにして『箱』などを利用し、収納してしまいましょう。木箱や籐のバスケットなどを使えば、お部屋におしゃれなナチュラル感も演出できます。

なるべく床や机に物を置かない

「ただいま」と外から帰ってきたら、床にカバンを置き、郵便物をテーブルの上に置いて、テレビをつけたらリモコンもテーブルの上に出しっぱなし……そんなことはありませんか?

雑誌に出てくるおしゃれなお部屋を見ると、インテリアや小物が素敵なのはもちろんですが、リビングの床やテーブルに物が置かれておらず、スッキリしていますよね。

床やテーブルに物があふれているだけで、生活感が出てしまいます。物はしまう場所を決め、置きっぱなし・出しっぱなしがないようにしましょう。『統一感のある収納』を意識すれば、それだけでおしゃれな部屋に近づきます。

よく使う物はワゴンなどに収納すると便利

とはいえ、テレビやエアコンのリモコンは毎日使うし、ボールペンやのり、ハサミなどの文房具もすぐ使えるような場所に置いておきたいですよね。出しっぱなしにしてしまうと生活感が出てしまう小物類は、キャスターがついたワゴンに収納すると便利です。

ワゴンの中にもボックスや仕切りのついたトレーなどを入れ、どこに何があるのかわかるようにしましょう。使ったら元の場所に戻す習慣をつけておくと、リビングがスッキリする上に、探す時間も省けてとても便利です。

モノトーンやナチュラルテイストがおすすめ

シンプルでスタイリッシュな部屋や、ナチュラルテイストな部屋に憧れる方は多いと思います。

部屋をシンプルでスタイリッシュに見せたいなら、部屋の色をモノトーンで統一するのがオススメです。モノトーンの定番、白と黒だけではなく、グレーや少し木の質感を入れてもモノトーンの部屋にしっくり馴染みます。

ナチュラルテイストな部屋に憧れるなら、色は白やベージュ、木目を基調として、小物も木や籐などの自然素材を使ったものを取り入れてみましょう。シンプルでナチュラルテイストな部屋が完成します。

狭いリビングを広く綺麗に見せよう

日本の住宅は1つ1つの部屋が狭く、家具を置くと余計に狭さを感じる方も多いのではないでしょうか。

部屋の広さそのものを変えることはできませんが、部屋の色使いや家具の配置を変えることで、狭いリビングを広く綺麗に見せることはできます。狭いリビングを広く綺麗に見せる、ちょっとした工夫をピックアップしました。

高さのある家具は部屋の入口側に置く

人は奥行きを感じると、広い部屋だと感じます。奥行きのある部屋に見せるポイントは家具の配置です。入り口側に背の高い家具を置き、奥に行くほど背の低い家具を置くようにすると、視界がひらけたように見え、部屋に奥行きが出て広く見えます。

家具も配置をそろえ、床が見える面積を増やしましょう。見える床の面積が大きいほど、スッキリ感が出て部屋が広く見えます。

また、ダイニングデーブルを選ぶときは、重厚感がある木目調のものよりも、天板がガラスのものや、脚が細いものを選ぶと、部屋を広く見せる効果があります。

白いカーテンや家具で目の錯覚を狙う

黒やこげ茶などの暗い色は空間を狭く見せ、白やベージュなどの明るい色は空間を広く見せる効果があります。天井や壁、床などの広い面積を占める部分が白に近い色の部屋は、暗い色の部屋に比べて広く見えます。

しかし、元が白っぽい色ではない部屋もあると思いますし、賃貸など簡単に模様替えができない場合もあることでしょう。

そんなときは、カーテンや家具など、部屋の中でなるべく広い面積を占めるアイテムを白に近い色にすることで、お部屋を明るく広く見せることができます。

インテリアの参考になるブログをご紹介

シンプルでおしゃれな部屋に憧れる方に、参考にしたいブログをご紹介します。 白を基調としたおしゃれな部屋づくりの参考になると思います。

サチ…あれ♪ ~北欧インテリア~

サチ…あれ♪ ~北欧インテリア~
https://ameblo.jp/sachiarehokuou/

Ameba公式トップブロガー、サチさんのブログです。白や木目が基調のシンプルな部屋は、憧れる方も多いのではないでしょうか。

サチさんの真似したいところは、値段の高い上質なものばかりを揃えるのではなく、セリアやキャンドゥなどの100均アイテムも上手に使っておしゃれな部屋を実現しているところです。

大きな家具などはそれなりの値段もしますが、100均を上手に利用すれば、小さなところからでもシンプルでおしゃれな部屋が実現しそうですね。

白を基調とした部屋に憧れるけれど、そんなにお金もかけたくない方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

ショップ公式のインスタ画像も参考にできる

ブログと並んで、シンプルな部屋づくりの参考になるのが、ショップの公式インスタグラムです。実際に買い物に行く前にチェックして、理想の部屋づくりの参考にするといいでしょう。

今回は、IKEA USAのインスタと、インテリアショップ・アクタスのインスタをご紹介します。

見るだけでも楽しいIKEA USA

IKEA USAのインスタは、見ているだけでも楽しいのが特徴です。商品の写真だけではなく、DIYしている動画や、部屋がみるみるコーディネートされていく動画、部屋全体のコーディネートも載っています。

イケアの商品はシンプルな商品が多いので、シンプルな部屋・スタイリッシュな部屋・ナチュラルな部屋、いずれの部屋にもコーディネートしやすいのではないでしょうか。

インスタを見ているだけで「こんな部屋に住めたらいいな」と想像が膨らみます。

https://www.instagram.com/ikeausa/

温かみのあるインテリアが魅力のアクタス

布製品や、木を使った商品を中心に紹介し、温かみのあるインテリアが魅力なのが、アクタスのインスタです。 ナチュラルテイストが好みの方は、こちらのインスタが参考になるかもしれません。

写真をクリックすると、セール情報やプレゼント情報がある写真もあるので、気に入った写真はぜひクリックしてみてくださいね。

https://www.instagram.com/actus_press/?hl=ja

賃貸マンションでもできるおすすめDIY

賃貸マンションに住んでいる方は、「リフォームができない、壁に穴を開けることができない、だから理想の部屋づくりなんて無理……」と思っていませんか。

今は、壁に穴を開けないグッズや、簡単に理想のフローリングにできる製品が出ているので、だれでも簡単にDIYできちゃうんです。

そんな賃貸にお住いの方にオススメのDIYグッズをご紹介します。

便利グッズを使ってテレビを壁掛けにする

リビングの大型家電といえば、テレビではないでしょうか。大きな画面で見るテレビは迫力があるのですが、床に置くには大きなテレビ台も必要なので部屋が狭くなりますよね。

最近では、賃貸マンションでも壁に穴を開けずにテレビを壁掛けできるグッズが売られています。

おすすめなのが、どこでも突っ張り式の柱を簡単に取り付けられる『ディアウォール』です。

まず、床から天井の高さに合わせた長さの『2×4(ツーバイフォー)』という規格の木材を用意します。 次に、『ディアウォール』を木材の両端に取り付け、天井と床の間を突っ張るかたちで壁際に固定、こうしてできた柱に壁掛け用フックやテレビを直接ネジなどで取り付けましょう。

この方法なら、賃貸などでも壁や床を傷つけずにDIYすることが可能です。同様の製品で、『LABRICO(ラブリコ)』というものもあります。

置くだけの簡単なDIYで床を明るい色に

大きな面積を占める床が明るいとお部屋が広く見えるのですが、現状復帰が必要な賃貸の場合、接着剤を使う床のリフォームができません。しかし、置くだけの簡単なDIYグッズを使えば、気軽に床を変えることができます。

接着剤不要の床材には、裏面が滑り止め加工になっている『デコセルフ』、裏面が吸着加工になっている『吸着フローリング』、はめ込み式の『デコリカクリック』などがあります。

無垢材のフローリングに憧れるなら、無塗装の杉・ヒノキでできた『ユカハリ・タイル』が良いでしょう。小さなお子さんやペットがいて清潔感にこだわりたいなら、1枚ずつ洗える『家庭用タイルカーペット』もおすすめです。

リビングにある子どもの勉強机も変身させよう

子どもがいる家庭では、リビングに子供の勉強机を置いている家庭も多いと思います。もし、これから子どもの勉強机を購入する方であれば、リビングの雰囲気に合わせて、子どもの勉強机もシンプルなものを購入すると良いでしょう。

具体的には、白っぽい木目を基調とした勉強机なら、ナチュラルなお部屋にもスタイリッシュなお部屋にもマッチします。また、シンプルな学習机の引き出しに素敵な取っ手を付けるなどして変身させてもおしゃれです。

リメイクシートでお洒落にアレンジ

「もう学習机は買ってしまった」・「おさがりの学習机を使っている」・「学習机にカラフルな色が入っていて、お部屋にマッチしない」という場合は、リメイクシートでおしゃれにアレンジするのも方法です。

Ameba公式トップブロガーのサチさんも上手に利用している、100均に簡単にリメイクできるグッズが揃っているので、チャレンジしてみませんか。

貼るだけ簡単。セリアやキャンドゥで買える

貼るだけで家具のイメージを変えられるリメイクシートは、さまざまな色や模様、大きさのものがセリアやキャンドゥで販売されています。ここではリメイクシートを綺麗に貼るコツをご紹介します。

  1. 貼る面のサイズを測り、上下左右をプラス1センチした大きさでリメイクシートをカットします。
  2. 貼る面を乾いた布で拭き、油分や汚れを取っておきます。
  3. リメイクシートを貼る面の上部に合わせ、マスキングテープで仮止めします。
  4. 上部から裏紙をはがし、リメイクシートを貼ります。
  5. 全体に貼れたらマスキングテープをはがし、乾いた布や定規で、中の空気を抜いていきます。

まとめ

お部屋をスタイリッシュやナチュラルなお部屋にすることで、住み心地が良く、友達も招きやすいお部屋にするコツをご紹介しました。

あまりお金をかけたくない場合でも、100均を利用すれば様々なグッズでリメイクできますし、リフォームに制限のある賃貸でも、接着剤不要・穴あけ不要のグッズがたくさん売られています。できるところから少しずつ変えていくことで、心地よい暮らしを目指してみてはいかがでしょうか。

ヨムーノ編集部

暮らしのトレンドマガジン「ヨムーノ 」の編集部スタッフがお届けしています。

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

この記事をSNSでシェアする

関連する記事があります

新着記事