【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと

ママ目線の家事も家族も楽しくなるナチュラルスタイルのリノベーション

  • 2018年07月28日公開

リノベーションのメリットは、自分たち仕様に自由にできるところ。
今回のこだわりは「家族とのコミュニケーション」が楽しめる空間づくりです。

それだけでなく、家事の動線や収納など、家事が楽で楽しくなるしかけがあちらこちらに。

詳しくご紹介します。

リビングを広げて、会話が生まれやすい空間へ

まずは、元々縦長で暗かったリビングでしたが、間取りを変えて、ワイドリビングへリノベーション。

その結果、約18畳という明るく広々としたリビング・ダイニングへと生まれ変わりました。

インテリアも、広さを強調し、温かい空間にするために、明るいメープルのフローリングと、優しい淡いパープルのアクセントクロスを利用。

クロスやフローリングの素材選びは、家造りにおいて大切なポイントになります。

キッチン周りには、一度にいろいろできる工夫がいっぱい

キッチンも、家族とのコミュニケーションがたくさん生まれるように対面キッチンにリノベーションしました。

まずは、リビング側にテーブルを作りました。

最近は、リビングで勉強をするお子様も多いので、料理をしながらでも、お子様の勉強を見守ることができるようにしています。

また、忙しい朝も、料理を作ったそばから配膳できるので、動線に無駄がなくなります。

広いキッチンには、利用時には上げて、使っていないときには収納できる「エクステンション機能」が嬉しいテーブルをオリジナルで制作。

大きなテーブルは家族みんなで料理やお手伝いが出来たり、皮を向いたり、混ぜたりなど下ごしらえの台として使えます。

また、料理中にちょっとした作業をしたり、アイロンがけなどを同時にできる作業台としても使え、家事の時短に役立つうれしい机です。

キッチンには大容量の食品庫も設置。

かさばる食品を収納したり、備蓄品を買いだめしても、安心してたっぷり収納できます。

水回りも家事の時短の工夫と機能が充実

トイレは、コンパクトな手洗いカウンターにしました。

また、自動洗浄機能付きで、タンクがないトイレにすることですっきりと明るい空間になっています。

広い洗面所にはランドリー収納はもちろんのこと、洗濯機置場の上には洗濯物を一時的に干せるランドリーラックを設置しています。

リビングから玄関ホールにも大容量の収納スペースを確保

各部屋に大容量のクローゼットは勿論のこと、マスターベットルームにはWICを設置。

リビングに設置したファミリークローゼットは、かさばる大きな荷物もたっぷり収納できます。

玄関ホールは元々ゆったりとした空間だったため、既存の空間を活かし大容量のシューズボックスを設置しました。

また、限られたスペースを有効活用するために敢えて廊下は最小限にしています。

概要

-料金 900万円台(税抜)
-プラン策定 約1.5ヶ月
-施工期間  約2ヶ月
-専有面積:97.35m²(29.44坪・2LDK+S)
-バルコニー面積:18.27m²(5.52坪)

-施工・販売 スター・マイカ㈱
※販売済物件

スター・マイカ㈱のリノベーションマンションとは

ヨムーノ編集部

ヨムーノは、忙しくても「暮らしをもっと楽しく賢く!」をコンセプトに、暮らし全方位の「すぐ実践できるトレンド情報」を発信しています。全国からヨムーノライターやヨムーノメイトを随時募集中です。応募は公式TwitterかInstagramのDMで♪

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事