おすすめ子供乗せ電動自転車!パナソニック「ギュットアニーズ」14万円に決めた理由

  • 2021年08月20日更新

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

みなさんは、電動アシスト自転車に乗ったことありますか?
保育園や幼稚園の送り迎え、幼児を乗せての買い物など1台あるとかなり便利ですよね。

アラフォー世代に入った私は、ずっと欲しかったけど値段が高くて手が出なかったのですが、来年幼稚園に入園する息子をママチャリ自転車に乗せての移動が体力的にしんどくなり、ついに子乗せ電動アシスト自転車「パナソニック ギュット・アニーズ・DX」を購入しました!

選び方・乗り心地など詳しくレポートしますので、電動アシスト自転車選びの参考にしてくださいね。

子乗せ電動アシスト自転車を選ぶポイント

モノによっては洗濯機よりも高く、10万円以上もする買い物なので、妥協は許されません!

ヨドバシカメラがブリジストンをおすすめと言っているのにも関わらず購入したのはパナソニック(笑)。
店員さんにいろいろと質問した結果、パナソニック「ギュット・アニーズ・DX(約14万円)」に決めました。

ここからは、店員さんにいろいろ聞きながら家族で選考したポイントを共有します。 (購入先はヨドバシカメラ・マルチメディアAkiba店ではありません)

子乗せ電動自転車に乗る頻度

来年4月から息子が幼稚園に入園します。自宅から徒歩で15分の距離です。
天気が良くない日以外は必ず乗ることが決まっています。

そして、自宅前にある坂!

この坂を息子乗せて電動アシスト無しで上るのは、もう無理(笑)。

あとは、この息子を連れての買い物ですね。
なので、利用頻度は高いと判断しました。

タイヤのサイズは20型?それとも26型?

電動自転車のタイヤには20型と26型がありました。

▲20型のタイヤ

一般的なシティサイクルのタイヤは26型で20型は確かに太いですね。
20型のタイヤのメリットは自転車が安定するのと、タイヤが小さいので車高が低く乗りやすい点と子どもを乗せやすい点です。

デメリットは「子乗せ」しなくなって、自分しか乗らなくなった時に低いなと感じる所だそうです。

▲参考までに26型のタイヤ(今まで乗っていたママチャリ)

こんなに細かったんだ。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事