おすすめ子供乗せ電動自転車!パナソニック「ギュットアニーズ」14万円に決めた理由

  • 2021年08月20日更新

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

みなさんは、電動アシスト自転車に乗ったことありますか?
保育園や幼稚園の送り迎え、幼児を乗せての買い物など1台あるとかなり便利ですよね。

アラフォー世代に入った私は、ずっと欲しかったけど値段が高くて手が出なかったのですが、来年幼稚園に入園する息子をママチャリ自転車に乗せての移動が体力的にしんどくなり、ついに子乗せ電動アシスト自転車「パナソニック ギュット・アニーズ・DX」を購入しました!

選び方・乗り心地など詳しくレポートしますので、電動アシスト自転車選びの参考にしてくださいね。

バッテリーの容量は?

バッテリー容量で電動アシスト自転車の値段も変わってきます。
ギュット・アニーズには16.0Ahと12.0Ahがありましたが、一般の生活圏内で利用する分には12.0Ahでも問題ないですね。価格的に大差なければ16.0Ahでも。

「子乗せ」しなくなったら買い物かごに交換

「子乗せ」しなくなったら別売りの買い物かごを購入して付け替えることが可能です。

子どもの乗せやすさ

▲今まで乗っていたママチャリ

今までは、ママチャリに別売りの「子乗せ」シートを購入して付けていました。
よく見かけるOGKブランドの5点式シートベルトです。ベルトがよじれたり、5点組み合わせるが当たり前だと思っていました。

ギュット・アニーズは買い物かごではなく「子乗せ」シートがデフォルト。
3点式シートベルトです。

さらに、シートの後ろにある赤いレバーを下げると余分なたるみを自動で巻き取ってくれるので、車のシートベルト感覚で超ラクになり、子どもの肩抜けなどの心配が減りました。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事