おすすめ子供乗せ電動自転車!パナソニック「ギュットアニーズ」14万円に決めた理由

  • 2021年08月20日更新

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

みなさんは、電動アシスト自転車に乗ったことありますか?
保育園や幼稚園の送り迎え、幼児を乗せての買い物など1台あるとかなり便利ですよね。

アラフォー世代に入った私は、ずっと欲しかったけど値段が高くて手が出なかったのですが、来年幼稚園に入園する息子をママチャリ自転車に乗せての移動が体力的にしんどくなり、ついに子乗せ電動アシスト自転車「パナソニック ギュット・アニーズ・DX」を購入しました!

選び方・乗り心地など詳しくレポートしますので、電動アシスト自転車選びの参考にしてくださいね。

ベビー用品業界のリーディングカンパニーであるコンビ株式会社と共同開発した後子乗せ電動アシスト自転車「ギュット・クルームR」を発売しています。



搭載される「クルームリヤシート」は業界で初めて(※1)サンシェード(日よけ)を標準搭載しました。

これにより、直射日光下でヘッドカバー頭部付近の表面温度上昇を最大約19℃抑え(※2)、お子さまの快適性を向上。左右どちらからでも乗せ降ろしが可能なフルオープン設計の「開閉ガード」や、立体的に持ち上がり、お子さまの手が通しやすい「ウェルカムベルト」など、お子さまの乗せ降ろしのしやすさにこだわりました。

乗車中はコンビが独自開発した衝撃吸収素材「エッグショック」が内蔵されたヘッドカバーがお子さまの頭を包み込むようにしっかり守ります。

また、フレームは跨ぎやすく、乗せ降ろししやすい新U型アルミフレームを採用。自転車がより心地良いものになるようLEDライト(補助灯)やチャイルドシート(後用)レインカバー等のアクセサリーも充実しました。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事