• 2018/06/26
  • PR

猛暑は「#アジアン弁当」で乗り切ろう!食欲そそるスパイシーな弁当6選

Large

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

暑さのせいで食欲が落ちる夏場は、ランチを簡単に済ませる人が多いですよね。 いつものお弁当のおかずでは食欲が出ないからといって、菓子パンや麺類ばかり食べていては体力がもちません。

そんな時こそ、いつもと違ったパンチの効いた「#アジアン弁当」がおすすめ。スパイシーで見た目も鮮やかなので、食欲がそそられます。

今回は厳選した「#アジアン弁当」を6つ紹介しますので、参考にしながら暑い夏を乗り切っていきましょう!

甘酸っぱさが食欲そそる「スペアリブの甘酢煮弁当」

@n.co__がシェアした投稿 -

こちらは、「スペアリブの甘酢煮(糖醋排骨)」をメインのおかずにしたお弁当です。
甘酢煮は、アジアン料理の中でも人気メニューのひとつ。

豚肉にはビタミンB群・亜鉛・鉄・カリウムなどの栄養が豊富に含まれており、夏バテ防止のメニューとしてもぴったりですよね。

甘酸っぱい味付けは子どもから大人まで人気で、艶やかな照りが食欲をそそります。
付け合わせのミニトマトと香草のサラダで、アジアン弁当を彩りよく仕上げています。

目玉焼きドーン!「ナシゴレン弁当」

Megumi Mineさん(@miraxyou)がシェアした投稿 -

こちらは、材料も本格的に「タイ米」を使ったアジアン弁当です。

タイ米を使った、「ナシゴレン」はアジアン料理の定番とも言える存在。
インドネシアやマレーシアの焼き飯料理、ナシゴレンの上にのせた目玉焼きがポイントになっています。
たっぷりのパクチーと、トッピングのエビもアクセントになって美味しそうですよね。

ベトナム風揚げ鶏は、カリカリに揚げた鶏肉に甘酸っぱいタレをかけたアジアン料理の中でも、日本人に人気のメニューです。食欲が落ちているときも、甘酢っぱい味付けは不思議と食べたくなるもの。

夏場にはもってこいのアジアン弁当です。

アジアン弁当の王道?!「ガパオライス弁当」

chiaki*さん(@chiaki_cola)がシェアした投稿 -

ガパオライスとは、タイの定番料理、鶏肉のバジル炒飯のことです。

赤・黄のピーマンなどを具材にした炒飯は、色も鮮やかで目を引きます。その上に目玉焼きをのせることで、さらに豪華なアジアン弁当になるんです。

おかずには、大葉ソーセージの春巻き・マッシュルームの香草パン粉焼き・紅大根のマリネ・ロマネスコがバランス良く入れられていて、見た目にもとてもおしゃれ。

食べたい気持ちになるような盛り付けの工夫が、食欲の落ちる夏場のお弁当作りの大切なポイントです。

バジルの風味がアクセントの「バジルづくし弁当」

黒濱雷十さん(@raito.kuro)がシェアした投稿 -

バジルを使ったガパオライスに、さらにバジルのおかずを合わせた、バジル尽くしのアジアン弁当です。 バジルはβカロチンが豊富で、女性に人気のハーブです。

ガパオライスには目玉焼きが鉄板ですが、目玉焼きがあるのとないのとでは、見た目にも大きく変わります。

おかずには、小松菜としめじのオイスターマヨ炒め・ザーサイと高菜の和え物を入れて、それぞれの味の違いが楽しめるお弁当になっています。

香辛料が決め手!「スパイシーシュリンプ弁当」

こちらは、有頭海老がインパクト大のアジアン弁当です。
香辛料で味付けされたスパイシーシュリンプは、頭からバリバリ食べられるので栄養も余さず摂ることができます。

ごはんはもちろん、アジアン弁当には外せない「ガパオライス」。

アジアン料理で人気のハーブ、レモングラスをアクセントにナンプラーが決め手のお弁当は、ミニトマトやグリーンの野菜で彩りよく盛り付けられています。

夏場に食欲を落とさないためにも、やはり彩りは大切ですね。

ターメリックライスで見た目鮮やか「究極のアジアン弁当」

yukariさん(@yukamiran)がシェアした投稿 -

こちらは、親子どちらのお弁当も見た目鮮やかに、とても美味しそうな見栄えです。
ターメリックライスは食欲をかき立てる色、そこに豚バラのエスニック焼きやフライドオニオンで、ボリュームあるおかずを合わせています。

チリソースの唐揚げ・かき菜ナッツ和え・ミニトマトやサラダなど、たっぷりのおかずで栄養のバランスも良くなっていますね。

見た目もきれいな具だくさんアジアン弁当は、食欲が落ちる夏場でもしっかりと食べられます。

もうすぐ夏本番!「#アジアン弁当」を食べよう

アジアン弁当の魅力は、何といってもスパイシーで甘酸っぱい味付けと、彩りの良い盛り付けにあります。 パンチの効いたアジアン弁当があれば、夏バテなんて何のその、元気に夏を乗り越えられそうですね。

味の決め手になるアジアン香辛料はカルディや成城石井、大手スーパーなどで入手できます。また、ターメリックなどの香辛料も100均などで手軽に入手できるように。パクチー、レモングラス、バジルなどのハーブを取り入れながら、アジアン弁当で美味しい夏を過ごしていきましょう。

※気温の高い時期はおべんとうが傷みやすいので注意してください。気温25度以上の日には生野菜を避け、卵や練り物、肉・魚類にきちんと火を通すことをお勧めします。

ライター/ヨムーノ編集部
Large
ヨムーノ編集部

暮らしと住まいの情報マガジン「ヨムーノ」の編集部スタッフがお届けしています。
https://twitter.com/yomu_no

https://www.instagram.com/ouccino.jp/

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

この記事の関連するキーワード

関連する記事があります

新着記事