【キッチン油汚れ掃除】プロは頑張らない!「1分チン&ラップ」で楽落ち裏ワザ集

  • 2018年12月11日更新

こんにちは、ヨムーノライターの「家事代行 ことのは」です。

料理で毎日キッチンを使っていると、どうしても油で汚れてしまいますよね。

使った後、すぐ拭き取るのが最良の方法と分かっていても、普段仕事やほかの家事に追われていると、どうしても後回しになって、油汚れが溜まってしまいます。

そのまま落としにくくなってしまうと、なかなか厄介です。

我が家も例外ではありません。日々の仕事に追われ、油汚れが点在しています。

しかし、油汚れを落とす方法さえ知っておけば、決して怖くはないのです。

そこで今回は、レベル別にキッチンの油汚れの落とし方をご紹介します。

【キッチンの油汚れレベル1】“熱々の台拭き”できれいに!

軽度の油汚れの場合、熱湯をかけるだけでもある程度は落ちます。

油は冷えて固まる性質があるので、温めると柔らかくなるからです。

ここでは電子レンジの油汚れについて、この性質を応用して落とします。

キッチンの油汚れ1

多めの水分量で絞った台拭きを、1分間レンジに入れます。

これで“熱々の台拭き”の完成です。

この台拭きで拭くだけで、電子レンジの汚れは落としやすくなります。

キッチンの油汚れ2

拭き取るだけで、電子レンジはここまできれいになります。

電子レンジは洗剤を使って掃除をした後に、拭き取りにくい場所でもあります。

最初の段階では、このように熱々の台拭きで油汚れを落とすことをおすすめします(※やけどをしないようにゴム手袋を使用すること)

キッチンの油汚れ3

【キッチンの油汚れレベル2】落ちにくいときには「重曹」や「セスキ炭酸ソーダ」を!

それでも落ちないときは、軽めの油汚れなら「重曹」「セスキ炭酸ソーダ」で落とすことができます。

  • 重曹の場合は「100mlの水に対して小さじ1」
  • セスキ炭酸ソーダの場合は「500mlの水に対して小さじ1」

……を混ぜて使用します。

重曹よりもセスキ炭酸ソーダのほうがアルカリ度が高くなるので、水は多めに使用します。

また、アルカリ度が強いので手が荒れることがあります。そのため、ゴム手袋を使ってください。

【キッチンの油汚れレベル3】なかなか落ちない頑固な汚れには洗剤の出番!

それでも落ちない汚れは、洗剤を駆使します。

ガスレンジの五徳やレンジフードの汚れが、油汚れのなかでは落ちにくい部類になります。

このような汚れでも最初は、熱めのお湯を使って油を柔らかくして(浮かして)いきます。

油汚れは、まずは温めるのが鉄則です。

そこに、強めの洗剤を使用します。

私は仕事柄、数種類の洗剤を使用しています。

キッチンの油汚れ4

冷蔵庫の汚れには、拭き上げの必要のない「水の激落ちくん」を使用します。

ステンレス部分の汚れには、クレンザーを使用します。

そして、油汚れのひどいレンジフードや五徳には「激泡キッチンクリーナー」を使用します。

こちらの商品は、個人的にはとてもおすすめの商品です。

キッチンの油汚れ5

スクラビングバブル 激泡キッチンクリーナー 泡スプレー 330ml/ジョンソン

油汚れにお困りの場合には、ぜひ一度使っていただきたい洗剤です。

もちろん、こちらも洗剤としての濃度が高いのでゴム手袋を使用してください。

【番外編】IH調理器の油汚れは、クレンザーとラップでクルクルなでるだけ!

番外編ですが、IH調理器の油汚れにお困りではありませんか?

IHの油汚れは、実は簡単に落とすことができます。

使用する道具は、クレンザーラップのみ。

キッチンの油汚れ6

このぐらいのクレンザーを、ラップでクルクルとなでていきます。

キッチンの油汚れ7

たったこれだけの作業で、5分もかからずにきれいになります。

キッチンの油汚れ8

ついつい億劫(おっくう)になってしまいがちなキッチンの油汚れですが、この記事を参考に、きれいに落としてくださいね。

家事代行ことのは
ライター

小学生男児2人の母です。週の半分は介護職を残りの半分は家事代行業を営んでいます。写真映えではなく、生活のしやすさ掃除のしやすさを重要視した生活の知恵を発信しています!

家事代行ことのは の記事一覧を見る

関連する記事があります

特集記事

連載記事

この記事に似ている記事があります

新着記事