• 2018/07/11
  • PR

観光客のおかげで治安も街並みもキレイ!京都市下京区の住みやすさと子育て環境

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Large

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

京都といえば日本、いや世界でも有数の観光地ですね。
ここ数年は少し落ち着いたとはいえ、京都市に訪れる観光客の数はいまだに年間5,000万人以上(平成29年時点)。

そんな京都の表の玄関口といえば、京都市下京区にある京都駅。
古都京都に似つかわしくない近代的なデザインの駅の空間を見渡すと、もはや歩いている人の半数以上観光客に見えてきます。

右も左もどこもかしこも観光客。
こんな観光客だらけの町に住んでしまった、京都市在住12年目の地元民のママに住みやすさと子育て環境について聞いてきました!

京都の玄関口、京都駅。観光客を見ない日はない

京都駅

京都市民の中には、観光客の誘致にばかり熱心に見える市政に対し、不満を持っている人も多いように感じます。

実際、住宅街にも多くのゲストハウスができ、観光客や修学旅行生を見ない日はほぼありません。落ち着いた環境を求めて、他の市部や滋賀県に引っ越す子育て世帯もいます。

そうした不満は確かに募るものの、観光地ゆえの利点もたくさんあります。
それは、やっぱり町のきれいさと治安の良さ、梅小路周辺の子ども向け施設の充実度。

ここ数年で、観光客を迎えやすくするためにバス停や駅前の駐輪場など交通環境が大きく整備されました。これは、狭い道や一方通行の道が多いせいで自動車が走りにくく、必然的に自転車が生活の基盤になっている地元民にとってかなり嬉しいこと。

ママチャリで走りやすい道が増えたから保育園や幼稚園の送迎も安心できるし、なにしろ道だけでなく町全体がきれい。

駅前に放置自転車や不法投棄されたゴミを見かけることなんてないし、治安も抜群。実際、観光客が多いからか普段から町中を警察が巡回していて、自動車の取り締まりも日常茶飯事。子を持つ親にとって、やっぱり治安が良いのは心強いです。

緑あふれる梅小路公園は、平日の朝イチと夕方16時以降が狙い目

梅小路公園 芝生広場

無料で行ける梅小路公園の芝生広場は平日の朝イチや夕方16時以降だと人が少なくておすすめです。
まだ歩けない赤ちゃんをハイハイさせたり、公園前にある志津屋で買ったパンを食べてのんびりしたりできます。

梅小路公園は毎日行ける子連れの定番スポット

京都中の子連れが集まる梅小路公園も、地元だからこそ通いやすい定番スポット。観光客やほかの区から遊びにくる子連れが集中する土日は、京都水族館と京都鉄道博物館も朝から行列ができるほどの人気ぶりだけど、いつでも行ける地元民は人が少ない平日の朝や夕方にふらっと遊びに行くことができます。駐輪場が3時間まで無料なので、ママチャリで気軽に立ち寄るのがおすすめです。

公園内にある京都水族館と鉄道博物館

京都水族館

2回行ったら元が取れる京都水族館の年間パスポート(大人4,100円/3歳以上幼児1,200円※2018年7月時点)は地元民の必須アイテムで、年中無休の水族館にいつでも入れます。

平日の保育園や小学校帰り、16時~18時ごろまでの人が少ない時間帯を狙っていけばイルカやペンギンをゆったりと近くで見ることができます。

しかも、年パスを持っていると近くのイオンや京都駅ビル店舗で優待が受けられるので更にお得なんです!

ちなみに、入場料が一般1,200円と高いうえに年パスがない鉄道博物館は、下京区民向けの割引(半額で入れます)フェアをたまにしているので、その期間を狙っていくのがおすすめです。

公園の中でも穴場の場所!「大宮ちびっこ広場」

大宮ちびっこ広場

梅小路公園の中心部にある「すざくゆめ広場」はいつも人だかりができているので、特に体が小さい幼児におすすめなのが公園の隅っこにある「大宮ちびっこ広場」。

すざくゆめ広場の公式HPにも載っていないような地味な場所ですが、人が少ないから遊具は使い放題、駐輪場も近いからママチャリを停めてすぐ遊べます。

しかも広場の裏側には在来線の電車がたくさん走る線路があるので、子どもたちは電車が通るたびに興奮しています。

市場が近いおかげで、買い物には困らない下京区

京都市は、中心地に行くほどスーパーも飲食店も総じて値段が高いです。特に魚類。漁港が近くにないし、街中だからしょうがない…とはいっても主婦としては困ります。

それが、下京区の場合は京都市中央卸市場が近いからか、市場周辺に安い魚屋や八百屋、肉屋がたくさんあるし、スーパーマツモトやライフなど、安いスーパーもたくさんあります。市場横の業者用スーパーODA( オーディエー)では珍しい食材が安く買えるなど、買い物には困らない環境はありがたいですね。

中央市場の横にある相互 昌栄店は肉も魚も安い!

昌栄

相互 昌栄店(京都市下京区朱雀分木町)は肉の専門店も入っていて牛肉の安さにびっくり。
もともと中央卸売市場は業者向けの施設なので、1か月に1回の「食彩市」というイベントくらいしか市民が中で買い物できる機会がなかったのですが、2019年に市場の横(梅小路公園前)にJRの新駅ができるおかげで、市場も改装中で、市民向けにもっと開けた市場になる予定。

新駅開業も市場の改装も、京都市的には観光客増加を狙っているのかもしれませんが、駅が増えると土地の価値は上がるし、古くさくて市民が入りにくかった市場がきれいになって入りやすくなれば、卸値で買い物できる機会が増えるのでうれしいかぎりです。

京都市下京区の子育て環境、保育園や幼稚園

下京区の子どもの人数は京都市の行政区の中でも少なく、最近も人口減少で小学校の統廃合がありました。もちろん少子化というのもありますが、京都市内中心部は建築物の高さ制限のために高層マンションがなく、住める物件が元々少ないのです。

観光客の増加もあってホテルやゲストハウスが建ち、地価はどんどん高騰。
数少ない新築マンションは戸数が少ないためすぐに完売と、需要と供給が追い付いていないから住みたくても住めない、という声をよく聞きます。最近も下京区にできた大型マンションが発売後すぐ完売し、抽選で買えなかったという人がたくさんいました。

京都駅があるため大阪や東京へのアクセスは抜群、京都市の中心部だからバスの交通量も多く、利便性が良くて治安も良い下京区は子育て世帯に大変人気なのですが、住める場所(物件)が少ない。それゆえ子どもの数も少ないのです。

保育園、幼稚園

西本願寺

子どもが少ないので待機児童問題で困ることはあまりなく、希望の保育園や幼稚園に入りやすいというメリットがあります。

また、世界遺産・西本願寺の系列である保育園や幼稚園が多く、仏教精神を大切にする教育は京都ならでは。正座でしっかり手を合わせて合掌できる子どもの姿は、親としてはなかなか誇らしいものがあります。最近では、京都駅裏に新しい保育園ができましたが、そこもお寺系列です。

小学校

下京区にある公立小学校は現在8校(2018年7月時点)。
いずれも生徒数は少ないので少人数教育で、先生の目が行き届きやすく、トラブルは少ないそうです。また、8校のうち2校が国立教育政策研究所で「道徳」の研究指定校に選ばれていて、下京区は教育熱心な小学校が多いといわれています。

交通量が多い下京区ですが、前述したとおり警察巡回が多いうえに、自転車に乗って小学校の「見守り隊」活動をしている大人の姿をひんぱんに見かけます。自転車のかごに見守り隊とわかるような札がついているので、交通量の多い道を歩く小学生にとっては安心です。

ちなみに京都市内は学校指定のリュックがある小学校がほとんどなく、多くの小学校ではランドセルを購入する必要があります。

休日・夜間診療

下京区は市の中心部なので、24時間救急体制の病院が多くて安心です。
京都駅前の武田病院(京都市下京区塩小路通西洞院東入東塩小路町)や七条御所ノ内にある新京都南病院(京都市下京区 七条御所ノ内北町)、五条通り沿いの京都市立病院(京都市中京区壬生東高田町)では夜間や日祝日などでも救急外来で子どもも大人も24時間・365日いつでも診察してもらえます。小児科や小児歯科の数もかなり多いので、子どもの病院選びで困ることはまずありませんね。

京都市の子育て支援

京都市在住で健康保険や社会保険に加入している子どもは、中学校3年生まで保険適用外を除く医療費の助成制度があります。0歳~2歳までは1医療機関につき通院・入院それぞれ200円/月、3歳~中学校3年生までは1医療機関につき入院200円/月、通院3,000円/月です。
ほかの医療費0円という自治体と比べると充実しているとはいえませんが、頻繁に熱を出す3歳までの医療費助成はかなり助かります。

子どもが少ない分、子育て世帯は仲良し!下京区の住みやすさ

前述したとおり地価が上昇している上に業者が宿泊用施設の土地を買っていくため、下京区で住宅を購入するのは大変です。

観光客にしょっちゅう道を尋ねられますが、最近は皆マナーが良いので悪い気はしません。昼間は人通りが多いですが、夜は静かなので普通の住宅地と変わりません。

物件の将来性には期待できるし、とにかく利便性や治安が良いので子育てのしやすさは抜群の下京区。
子どもの人口がなかなか増えないからこそ、子育て世帯同士の仲が良くて、地域の中でも老若男女みんなが子どもに優しい雰囲気があります。「京都民はよそものを寄せ付けない」という話はまったくの都市伝説ということがよくわかる、京都市下京区をご紹介しました。

京都市下京区の新築マンション
京都市下京区の中古マンション
京都市下京区の新築一戸建て・新築一軒家
京都市下京区の中古一戸建て・中古一軒家

ライター/ヨムーノ編集部
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

関連する記事があります

新着記事