• 2018/07/12
  • PR

お金持ちは夜トイレ掃除をする!?「金運がアップするトイレ」5大特徴をついに発見

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
Large

こんにちは。ヨムーノライターの内山愛理です。
マネー系編集者として、お金が貯まる人・貯まらない人を1000人以上取材してきました。

その中で、圧倒的に両者で違うのが、「トイレに対する姿勢」! お金と関係あるの?と、ちょっと意外かもしれませんね。 でも、実はトイレは風水的にも大事な場所。貯めてる人は風水なども調べて、徹底的に居心地のいいトイレにしていることが印象的でした。

今回は、貯めている人たちが実際にしていた「金運がアップするトイレ」の5つの共通点をお教えします!

共通点1:インテリアは地味な色

派手な色や柄、キャラクターのトイレグッズを置いている方は、貯めている人にはほとんどいません(子どものカラフルなトイレグッズが置いてある場合も、シンプルなデザインだったり、見えない置き方がされているんです)。

そのほとんどが、アイボリー、ブラウン、グレーなどのアースカラーか、風水で厄落としと金運アップに効くと言われているラベンダー系の色。落ち着く色、厄を落とすと言われている色を使うことが、お金を呼ぶことにつながるのかと思わされます。

共通点2: 物を出しっ放しにしない

貯まらない人のトイレは、本や雑誌などが置いてあったり、埃のかぶった細かい雑貨がたくさん飾られていたり。それから壁やドアにポスターが貼ってあったり……。雑然、ごちゃごちゃとしています。

一方、貯まる人のトイレはスッキリ。掃除用品やペーパーのストックも、そのまま出している人はいません。トイレは、風水では厄だらけと言われている空間。厄がつかないよう、物を置かずにスッキリと保つことが大切なのでしょう。

共通点3:便座のふたは閉じている

意外な共通点ですが、貯まる人に理由を聞いてみたところ……。
「厄は便器の中から出てくるので、部屋の中に漏れ出ないように閉めている」という回答をする方が数多くいらっしゃいました。

貯まらない人で、蓋を閉じている人はほぼ皆無。確かに、便座のふたが開けっ放しのトイレに入るより、きちんと閉まっていたほうが気持ちがいいと感じます。そういった細やかな心遣いが、お金を貯めるスキルに共通するのかもしれませんね。

共通点4:清々しい

先にも述べたように、貯まらない人のトイレは物が多く、置いているものは埃をかぶっていることも……。
空気が停滞しているように感じる貯まらない人のトイレに比べ、貯まる人のトイレは、全員が床も便器もピカピカに磨かれ、とてもクリーンで清々しいトイレでした。よどんだ空気ではお金は貯まらない、と思わされる共通点です。

共通点5:掃除は夜にする

貯まる人たちが口を揃えて言っていたのが、「掃除は夜にする」ということ。
トイレだけでなく、家中やってる方も多いのですが、朝起きて部屋が汚いと気分が下がり、逆にキレイだと気持ちがよくやる気に満ち溢れるので、「寝る前にリセット」をするそうです。

さらに、貯まる人が気にしていたのは風水。「寝ている間は無防備だから、家にある幸運も厄も吸い込んでしまうので、トイレをきれいにして良い空気にして寝たほうが、金運がアップする」んだそうです。

まとめ

お金を貯めるのに、風水や精神論は関係ないと思う人もいるかもしれません。
でも、貯まる人のトイレが圧倒的にキレイなのは事実。
今すぐトイレを掃除、整理するだけでお金が貯まるのなら、やってみる価値があるのではないでしょうか。

ライター:内山愛理
マネー系編集者として、10年以上にわたり1,000万円貯蓄成功者100人以上を取材。緻密で徹底した深掘り取材から見出した貯蓄の極意をご紹介していきます。
内山愛理
ライター/内山愛理
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket

関連する記事があります

新着記事