作り置きもOK!夏野菜を揚げずに焼いて作れる焼き浸しのレシピ

  • 2021年03月23日更新

こんにちは、「料理でひとを幸せにすることが夢」のヨムーノ料理ライターkiiです。

旬の夏野菜をおいしく食べられる「夏野菜の焼き浸し」の作り方をご紹介します。
暑さがつらくなってきました。サウナのような台所で揚げ物なんてしたくないので、揚げずに焼いて作ります。

冷蔵庫で3日保存できるので、作りおきにも◎
時間がたてばたつほど、味がしみこんでおいしくなりますよ。冷蔵庫に野菜をたっぷりと使った副菜があると、とても心強いです。カラフルな見た目で、食卓を華やかに彩ってくれますね。

お酢でさっぱりとした味わいなので、暑くて夏バテしてしまっているときも、ペロリと食べられそう♪お野菜をたっぷり食べられる副菜としてはもちろん、お酒のおつまみにもGood!

材料(4人分)

  • なす……2本
  • ミニトマト……8個
  • ピーマン……2個
  • オクラ……8本
  • とうもろこし……1本
  • ごま油……適量

浸し地の材料

  • 出汁……500㏄
  • 醤油、みりん……各50㏄
  • 酢……25㏄

※浸し地の割合は、醤油、みりん各1:だし汁10:酢0.5です。野菜の量に合わせて調整してくださいね。

作り方

1. 浸し地を作る。

浸し地の材料を鍋に入れて火にかけ、ひと煮立ちしたら、火を止めて冷ましましょう。
※みりんのアルコールを飛ばすのと、お酢の酸味を少しだけ飛ばしてまろやかにするためです。
あら熱がとれたら、保存容器に入れておきます。

2. 野菜の下ごしらえをする。

【ミニトマト】 ヘタをとって、よく洗っておきます。

【なす】 ヘタを切り落とし、1cm幅の輪切りにします。

【ピーマン】 ヘタと種を取り除いたら、縦半分に切り分けます。
白い筋の部分は、苦みが強く、漬けている間に苦くなってしまいやすいので、今回は取り除きましょう。包丁をねかせて、そぎとります。
4等分に切り分けると、だいたいひと口サイズになるかと思います。ピーマンのサイズに合わせて、切り分けてくださいね。

【オクラ】 塩を小さじ1くらい振ったら、オクラをまな板にこすりつけるように、手で転がします。板ずりをしたら、流水で塩を洗い流し、水気を切ります。
※板ずりという下ごしらえの方法で、硬いうぶ気を取って、食感をよくする効果があります。 ヘタを切り落として……
硬いガクの部分は、むいておきましょう。

【とうもろこし】 皮がついたまま、レンジの500Wで5分加熱します。

※皮をつけたまま加熱することで、とうもろこしの甘さや香りをギュッと閉じ込めて調理できます◎

あら熱がとれたら、皮をむきます。食べやすいように、4等分の輪切りにしましょう。

3. フライパンにごま油を熱して、下ごしらえした野菜を焼く。

トマト、ピーマン、オクラ、とうもろこしは、面を変えながらこんがりと焼き色がつくまで3分くらい。なすは、片面4分→裏返して4分。合計8分くらい焼きます。

野菜を焼く順番についてですが、なすは最後にしてください。なすは油を吸ってしまいますし、一番はやく味がしみこむからです。

4. 焼けたものから、浸し地に漬けていく。

野菜は焼けたものからどんどん浸し地につけていきます。熱いままで大丈夫です。熱い野菜を冷たい浸し地につけることで、浸し地が冷えるときに味がしみこみます。

5. あら熱がとれたら、フタをして冷蔵庫へ。

野菜をすべて漬けて、野菜が浸し地から頭を出してしまう場合は、上にキッチンペーパーをかぶせましょう。浸し地がしみこんだキッチンペーパーのおかげで、味にムラができません◎ あら熱がとれたら、フタをして冷蔵庫に入れます。

1時間後~食べられます。時間がある場合は、3時間くらいおきましょう。 味がしみしみ~で、キンキンに冷えた焼き浸しは、たまらないおいしさですよ!

5つのおすすめポイント

(1)作り置きにも◎冷蔵庫で3日ほど保存可能

時間がたてばたつほど、味がしみておいしく食べられます。
浸し地の味も薄めとなっていますので、塩辛くなってしまうこともありません。

(2)作りおきする場合は、薄口醤油を!

作りおきする場合は、お醤油は濃口ではなく、薄口を使いましょう。
薄口醤油は色が薄いので、時間がたっても野菜の美しい色が映えます。

(3)味のアレンジいろいろ

・輪切り唐辛子を入れて、ピリリと刺激をプラス
・お酢→ゆずやかぼすの果汁に変更。爽やかな香り高いひと品に
・お酢を抜けば、通常の煮浸しに
・お酢を多めでよりさっぱりと。醤油、みりんと同量くらいが目安。お好みで調整を

(4)野菜のアレンジも◎

野菜はほかにも、ズッキーニ、パプリカ、ししとう、かぼちゃ、アスパラなどでもおいしく作れます。 レシピで紹介した野菜も、すべて用意する必要はありません。お家にある野菜で作ってみてくださいね。

・ズッキーニは、なすと同様に。パプリカは、ピーマンと同様にして調理
・ししとうは、ヘタを切り落とす→包丁を刺して穴をあける→焼く→つける
・かぼちゃは、0.5cmの厚さにスライス→食べやすい大きさにカット→焼く→つける
・アスパラは、根元の硬い部分の皮をむく→食べやすいように5cmの長さにカット→焼く→つける

(5)鮭や鶏むね肉を加えれば、主菜に大変身!

食べやすい大きさに切り分ける→塩こしょうで下味をつける→小麦粉をまぶす→焼く→つける。

立派な主菜に大変身! 濃いめの味付けのほうがおいしく食べられます。

醤油、みりんを同量ずつ加えて、お好みの味の濃さに調整してみてください。 お酢は、加えた醤油の量の半分が目安です。

さっぱりおいしい!夏野菜の焼き浸しを作ろう

今回のレシピはお酢の酸味でさっぱりと食べられるので、暑い夏にもピッタリなレシピです。 揚げずに焼いて作れるので、暑いキッチンでも作りやすいですよ◎作り置きもできますので、いろいろなお野菜で、ぜひ焼き浸しを作ってみてくださいね!

ライター:料理ライターkii
調理師、製菓衛生師、食育インストラクター、フードコーディネーター。おいしい料理でひとを幸せにするために活動しています。 レシピや料理のコツなど、皆さまの役に立つ情報を発信しています!応援よろしくお願いいたします。料理の疑問や作ってほしいレシピなどありましたら、気軽にコメントしてくださいね♪
ブログ:調理師が教える!プロの料理レシピ、作り方
Twitter:@KiiKitchen
Instagram :@kii_kitchen
料理ライターkii

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ