• 2018/12/07
  • PR

地球にやさしい洗濯機ならドラム式。買い替え時の参考にも

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

ドラム式洗濯機は、地球にエコと言われているので気になっている人も多いですよね。最近人気のドラム式洗濯機の魅力とおすすめの機種を紹介します。洗濯機購入を検討中の人は、ドラム式の魅力を知れば欲しくなるでしょう。

ドラム式洗濯機の特徴

洗濯機には大きく分けると、昔からある定番の『縦型洗濯機』と、比較的新しい『ドラム式洗濯機』の2種類があります。

もともとドラム式洗濯機は、洗剤が泡立ちにくい硬水の欧米で、衣類をたたき洗いする洗濯機として普及していました。

日本では、ドラム式と言えば以前は乾燥機のみに使われていましたが、最近では、洗濯機と乾燥機が一体化した洗濯乾燥機が普及してきました。ドラム式洗濯機は、洗濯だけでなく乾燥も一緒にできるのが大きな特徴です。

ドラム式と縦型を比較すると

ドラム式と縦型のどちらにもメリット・デメリットがあります。

衣類を渦巻き状の水流で洗浄するもみ洗いする縦型に対し、ドラム式は衣類を回転させて上から落とす、いわゆるたたき洗いによって衣類を洗浄します。

洗浄力は、縦型の方が優れていますが、最近はドラム式の洗浄力も以前に比べると格段に高くなってきました。

ドラム式洗濯機は、縦型に比べると使う水量が約1/2で済むため、水道代を節約できます。

また、乾燥機能についても、同じ乾燥機能付きの縦型に比べると乾燥時間が短く、電気代の節約にもなります。

ドラム型のデメリットは、縦型に比べると洗濯機本体の商品価格が高く、またサイズが大きめという点が挙げられます。

ドラム式洗濯機のお掃除方法

ドラム式洗濯機は、縦型洗濯機とはお掃除方法が異なります。ドラム式洗濯機には、『塩素系漂白剤』を使用してお手入れをしましょう。

お掃除方法は、まず洗濯槽の中に50℃くらいの熱いお湯をぎりぎりまで溜めます。次に、塩素系漂白剤(洗濯槽クリーナー)を入れて槽洗浄コースのボタンを押すだけです。

槽洗浄コースが搭載されていない場合には、通常コースの洗濯・すすぎ・脱水を行いましょう。

洗濯機によっては、洗濯槽にそのまま塩素系漂白剤を入れて、ドアを閉めて槽洗浄ボタンを押すだけで終了するものもあります。

これ以外にも、月に1回は乾燥フィルターを取り外して掃除機などで埃やゴミを取り除いたら、水洗いをして乾燥させる必要があります。

ドアのパッキン部分・洗剤投入口・ごみ取りフィルター取り外せるものは取り外してゴミやホコリを取って、水洗いしましょう。

小型サイズのドラム式も

縦型に比べてドラム式はサイズが大きいため、洗濯機を置くスペースを確保しても、玄関を通らない、階段を通らないなどの理由で、購入を諦めていませんか?

最近のドラム式洗濯機の中には、小型サイズのものも豊富に展開されています。今までサイズの問題で購入を諦めていた人も、ぜひ小型サイズのドラム式をチェックしてみましょう。

日立のドラム式洗濯機

※上の画像はイメージです。

日立のドラム式洗濯機『ビッグドラム』シリーズは、乾燥した時に、衣類のシワが目立たない『風アイロン』を搭載するなど、洗浄だけでなく、乾燥した後の衣類のケアが手軽な点が特徴です。

洗濯容量業界最大の BD-NX120B

BD-NX120Bは、最大洗濯容量が12kgという業界最大の洗濯容量を誇る洗濯機です。乾燥は最大6㎏まで可能です。奥行きは62cmなので、すっきりと設置できます。

また、強力循環ポンプを採用し、高濃度洗剤液を衣類にしっかり浸透させる大流量の『ナイアガラ循環シャワー』(温水・冷水の選択可能)によって襟・袖・首回りの頑固な汚れもきれいに落とします。

風アイロン機能も搭載しているため、乾燥時の衣類のシワも気にならず、乾燥したての服をすぐに着られるのは便利ですよね。

洗濯槽クリーナーを使用して、洗濯槽に付いてしまった汚れやニオイを念入りに取る『温水槽洗浄コース』も搭載されています。

奥行の短さなら BD-NV110B

BD-NV110Bは、先に紹介したBD-NX120Bと同じく奥行きがわずか62cmというすっきりとしたデザイの洗濯乾燥機です。

BD-NX120Bとの違いは、最大洗濯容量が11㎏で、温水槽洗浄コースが搭載されていないという点です。

幅の狭さなら BD-SV110B

家庭によっては、「洗濯機の幅があり過ぎて入らない…」なんてこともありますよね。そんな人は、幅60cmのスリムなBD-SV110Bがおすすめです。

最大洗濯容量は11kg、乾燥容量は6kgとなっています。機能面においては、BD-NV110Bと同様の機能が搭載されています。

パナソニックのドラム式洗濯機

パナソニックのドラム式洗濯機は、洗濯槽が真横ではなく、投入口がななめ上を向いた『ななめドラム洗濯機乾燥機』です。

斜め上を向いているため、洗濯物の出し入れをしゃがむことなく簡単に行えるので、腰痛の心配も軽減されますね。

パナソニックの洗濯機は、泡洗浄・温水機能・ヒートポンプ機能・自動お手入れ機能が搭載されて、使いやすくスタイリッシュなデザインなので人気があります。

『泡洗浄』とは、高濃度の洗濯液を充分に泡立ててから衣類に振りかけながら洗浄し、泡を直接汚れにかけることで繊維の奥に入り込んだ汚れが浮きやすくなり、きれいに洗濯できる機能のことです。

高機能フラッグシップ機 NA-VX9800L/R

NA-VX9800L/Rは、パナソニックの販売する洗濯機の最上位機種で、液体洗剤・柔軟剤の自動投入機能とナノイー Xを搭載しています。

タンク内に液体洗剤や柔軟剤を入れておくだけで、洗濯するごとに自動で軽量して投入してくれるので、洗剤置きなどのスペースが必要ありません。

ナノEXとは、水洗いできない衣類についた花粉・除菌消臭ケアができる機能や、頑固な汚れを落としやすくする『プレ洗浄コース』や、予約中などですぐに洗濯を行わない槽内にある衣類の悪臭を抑える『洗濯かごモード』などの機能のことです。

最大洗濯容量は11㎏、乾燥容量は6kgとなっています。

強力泡洗浄の NA-VX8800L/R

NA-VX8800L/Rは、泡洗浄で隠れた汚れもしっかりと浮かせて洗浄するので黄ばみ汚れの心配がありません。

最上位機種のNA-VX9800L/Rと最大洗濯・乾燥容量は同じですが、ナノEX機能とスマホで洗濯機能は搭載されていません。

デザインで選ぶなら NA-VG2200L/R

スタイリッシュなステンレスの四角いデザインが特徴的なNA-VG2200L/Rは、インテリアにこだわりのある人に人気があります。

通常、パナソニックのドラム式洗濯機はヒートポンプ式のジェット乾燥を用いて衣類を乾燥させますが、この機種は室温プラス約10℃の『低温風』を衣類の後方から当てながら乾燥させます。大風量で、シワを抑えて仕上げるため、乾燥後の衣類のシワが付きにくくなっています。

東芝のドラム式洗濯機

東芝のドラム式洗濯機は、洗剤の洗浄効果を高める、繊維の隙間よりも小さいナノサイズの泡『ウルトラファインバブル』によって衣類を洗浄して、衣類をきれいに洗濯できる機能を搭載しています。

洗濯槽内もLEDで明るい TW-117X6L/R

TW-117X6L/Rは、洗濯槽内にLEDを搭載しているので、洗濯物を取り出す際に、うっかり取り残すことがありません。

また、操作は、洗濯機上部にあるタッチパネルで行います。必要なボタンだけが光るので使いやすさも抜群です。

最大洗濯容量は11kg、乾燥容量は7kgとなっています。

Amazonで東芝 ドラム式洗濯乾燥機 ZABOON TW-117X6L Tの口コミをチェックする

シャープのドラム式洗濯機

シャープのドラム式洗濯機は、東芝やパナソニックのように洗濯液や泡を衣類に振りかけるのではなく、綺麗な水道水を小さな水滴に変えて衣類に噴射し、汚れをはじき出す方法で洗濯する『マイクロ高圧洗浄』が搭載されています。

乾燥機能に自信あり ES-P110-SL/SR

ES-P110-SL/SRは、業界初のハイブリッド乾燥方式を採用しているので、衣類が縮むことなくふんわりとした乾燥機能が特徴です。

ハイブリッド乾燥方式とは、従来のヒートポンプ機能で乾燥する前後にサポートヒーターを併用した乾燥方式のことです。

また、マイクロ高圧洗浄を搭載しているので、繊維の奥に染み込んだ汚れをきれいに落とせます。

マイクロ高圧洗浄を使用した『サッと予洗いコース』では、泥んこの靴下や、赤ちゃんの布おむつなどなどひどい汚れを手洗い代わりに使用すれば、約5分で汚れを落として、他の洗濯物へ汚れ移りもしません。

最大洗濯容量は11kg、乾燥容量は6kgとなっています。

Amazonでシャープ ドラム式洗濯乾燥機 ES-P110-SLの口コミをチェックする

コンパクトサイズの ES-S7C-WL/WR

一般的な防水パンに設置できる、幅59.6cm×奥行58cmというコンパクトサイズのES-S7C-WL/WRは、賃貸マンションなどでもドラム式洗濯機を使いたい人に最適です。

水で洗えないぬいぐるみやブーツなどの除菌消臭ケアもできます。

洗濯機は中古でも大丈夫という方は

ドラム式洗濯機は、やはり価格が高すぎて購入を悩んでしまう人もいますよね。そんな人は、中古の洗濯機の購入を検討してみませんか?

中古の洗濯機というと、ちょっと汚い気がするかもしれませんが、しっかりと消毒を行ってから販売されているものであれば衛生的なので安心です。

中古品ならやっぱり安い

中古の洗濯機であれば、新品の洗濯機に比べてかなり安く買える機種もあります。中古でもあまり気にならない人にはおすすめです。

中古を購入する際の注意点

知らない人が使った中古の洗濯機を購入する際には、分解掃除など『洗濯機のクリーニングが済んだもの』を購入しましょう。

また、せっかく中古で安く購入してもすぐに壊れてしまったら、意味がありません。製造年月日を確認して、メーカーの保証期間が過ぎていないもの。もしくはお店で保証期間を6カ月ほど付けてくれる店舗で購入すると安心です。

ドラム式洗濯機は、非常に重いので自分では運べません。購入時には、配達料や取り付け費用なども確認すると良いでしょう。

まとめ

今話題のドラム式洗濯は、少ない水量で洗浄し、乾燥機能も優れているので水道代・電気代の節約ができます。

また、サイズが大きいものが多いので、搬入経路を確認して、サイズの合うものを見つけて購入しましょう

ヨムーノ編集部

暮らしのトレンドマガジン「ヨムーノ 」の編集部スタッフがお届けしています。

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

この記事をSNSでシェアする

関連する記事があります

新着記事