石原さとみ顔になれる!?不器用さんも簡単!最旬「女優眉毛」の書き方【動画つき】

  • 2021年03月23日更新

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

顔の印象や雰囲気を左右する、超重要パーツのひとつ「眉毛」。
しかし、上手にメイクするのが難しいパーツのひとつでもあります。

今回は、20代・30代を代表する憧れの女優さん……石原さとみさん、吉岡里帆さん、菜々緒さんのようになれる!?なりきり眉毛の書き方を、ヘアメイク専門店「アトリエはるか」の眉カットマイスターに聞きました!

【30代】みんなの憧れ、石原さとみさん風眉毛の作り方

まさに『高嶺の花』!?誰もが憧れる石原さとみさんの眉毛は、フェミニンかつ強い意思のある印象。
細めのストレート眉で、童顔の方にもおすすめです。

石原さとみさん風眉毛に必要なもの

  • 赤み系ブラウンの眉ペンシル
  • 明るい茶色のアイブロウパウダー
  • 茶色の眉マスカラ

石原さとみさん風眉毛の書き方

  1. 眉頭は小鼻の延長線上からスタート。毛並み感が出るように、眉ペンシルで斜め上に向かって書く
  2. 眉尻が小鼻と目じりの延長線上に来るように、毛並みに沿って描く

右にスワイプして次の動画へ

  1. 明るめの茶色のパウダーで、自然な印象に色付けする
  2. 眉尻から、ペンシルで書いた部分に重ねるように乗せる(ペンシルが落ちにくくなる効果も!)
  3. 残ったパウダーで、全体をふんわりと色付けする

右にスワイプして次の動画へ

  1. 眉マスカラで⽑流れを整えながら、眉毛自体を明るく色付ける
  2. 眉頭側は斜め上に⽑流れをもっていく
  3. ⿊⽬上辺りの眉から眉尻までは、斜め下に⽑流れを作る

フェミニンで、かわいらしさと大人っぽさを両立するのが、石原さとみさん風眉毛です!

【20代】健康で文化的な~生活がかなう!?吉岡里帆さん風眉毛の作り方

透明感があって猫っぽい(キツネかな?)かわいさが魅力の、吉岡里帆さん。
少し太目で淡い色味の下がり眉毛が特徴です。

吉岡里帆さん風眉毛に必要なもの

  • スクリューブラシ
  • 自然なブラウンの眉ペンシル
  • 明るい茶色のアイブロウパウダー
  • 茶色の眉マスカラ

吉岡里帆さん風眉毛の書き方

  1. 眉頭は上に、眉尻は「困り眉」になるよう下に向かって、スクリューブラシで毛流れを整える
  2. 小鼻と目じりの延長線上、眉頭より下の位置に眉尻が来るように、眉ペンシルで軽く印を付ける
  3. 眉頭から5ミリほど外側の位置が1番高くなるように、眉ペンシルで、1本1本毛を足すように書く

※アゴをあげて描くと、自分の顔の立体に沿って描きやすいですよ!

  1. アイブロウパウダーをブラシに取り、ペンシルに沿ってふんわりと乗せていく
  2. マスカラで毛流れを整える

最大のポイントは、眉頭より眉尻が低くなるように書くこと!
守ってあげたくなるような、儚げ垂れ眉毛の完成です。

【アラサー】ハンサムビューティー、菜々緒さん風眉毛の作り方

菜々緒さんと言えば、「強い!綺麗!悪女!」なんてイメージの方は多いのではないでしょうか。
菜々緒さん風眉毛は、薄い色味で太めの直線が特徴です。

菜々緒さん風眉毛に必要なもの

  • 明るい茶色のアイブロウパウダー
  • オリーブグレーのアイブロウパウダー

菜々緒さん風眉毛の書き方

  1. 毛足が長い場合は、少し短めにカットしておく(特に眉下!)
  2. 明るい茶色のアイブロウパウダーで、眉を書いていく。眉頭から眉山までは長めに、眉山から眉尻はかなり短めに、眉山は目尻の延長線上に来るように書く
  3. 眉頭と眉山は丸みをつけて、下のラインは直線的に書く
  4. オリーブグレーのアイブロウパウダーを眉尻側から重ね、全体にも少し色味がつく程度に乗せていく

菜々緒さん風、ハンサムビューティな眉毛が完成です! アイシャドウの締め色に使うような筆を使って、アイブロウパウダーのみで書きます。
狙った形にしやすく、強すぎない眉メイクが可能に!

眉毛を書くのが苦手な方も、「なりたい眉毛」を見つけたら、毎日のメイクもちょっと楽しくなるかも……?
ぜひ参考にしてみてくださいね。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事