【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと

【2019年】炊飯器の人気メーカーランキング発表!口コミ&おすすめモデルもご紹介

  • 2019年03月28日公開

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

炊飯器はお米の味や食感を決めるといわれ、炊飯器の機能や品質にこだわりを持つ人は少なくありません。実際にどんな炊飯器が選ばれているのでしょうか?

今回は、ヨムーノメイト(ヨムーノ公式インスタグラマー)に回答してもらったアンケートを元に、実際に選ばれている炊飯器メーカーや、おすすめの炊飯器を紹介します。

炊飯器選びのポイントは?

機能性に優れた炊飯器は、さまざまなメーカーから発売されていますが、機能面だけでなく、容量や素材など、いくつかの見るべきポイントがあります。

1.ご飯を食べる量に合わせて炊飯量を選ぶ

まずは、『家族の人数に適した炊飯量』であるかが重要です。1人暮らしの場合、3合、2~4人家族は5.5合、5人以上は8.5合を目安にするとよいでしょう。少し余裕を持って炊飯器の容量を選んだ方が、まとめ炊きをするのに便利です。

また、人数だけでなく、ご飯の消費量についても考慮しましょう。3食ご飯を食べるのか、1食のみなのかで、炊飯器の大きさが変わります。育ち盛りの子どもや男性が多い家庭では、おかわりをすることや、将来ご飯の消費量が増えることを想定し、少し大きめのものを買うのもありです。

2.ご飯の味を左右する炊飯器の"窯"の素材も重要

ご飯の味や炊きあがりの見た目を左右するのが炊飯器の『内釜の素材』です。炊飯器の内釜の主な素材には、『鉄釜』『土鍋釜』『炭釜』があります。

鉄釜

鉄釜は主に、高火力で炊き上げる圧力IH式の炊飯器に多く、短時間でふっくらとしたご飯に仕上がります。

土鍋釜

土鍋釜は蓄熱効果が高く、お米に熱がじっくりと伝わっていくので、米本来の美味しさを引き出すことができます。おこげが味わえるのも土鍋窯の特権です。

炭釜

遠赤外線効果を持つ炭を利用した炭釜は、熱を全体にまんべんなく伝え、ご飯の旨みを1粒1粒に封じ込めるのに優れています。

炊飯器の内釜の材質が違うと、炊飯器の価格も変わってきますので、コストパフォーマンスなどを見ながら選びましょう。

3.加熱方式の違いで炊き具合が変化

炊飯器は、主に『マイコン式』『IH式』という2つの加熱方式に分けられます。

マイコン式の炊飯器

昔からあるマイコン式の炊飯器は、底部のあるヒーターで鍋に熱を加える仕組みです。ガスやかまどでご飯を炊くのと同じですね。仕組みがシンプルなぶん、価格はリーズナブルですが、炊く量が多いと『炊きムラ』ができる可能性があります。

IH式の炊飯器

一方で、最近の主流となっているIH式の炊飯器です。IHとは、『電磁誘導加熱』のことで、電磁の働きで内釜自体が過熱する仕組みになっています。炊きムラがなく、米1つ1つがふっくらと炊きあがるのがメリットです。加熱方法はIH式と同じですが、圧力をかけることで炊飯時間が短縮できる『圧力IH式』もあります。

IH式とマイコン式では、マイコン式の方が電気代はお得です。炊く量が多い家庭はIH式、1人暮らしなど炊飯量が少ない場合はマイコン式といった選び方もあります。

実際に使われている炊飯器メーカーランキングを発表!

さまざまな炊飯器メーカーがありますが、実際にどのメーカーの炊飯器を使っている人が多いのでしょうか?ヨムーノメイト(ヨムーノ公式インスタグラマー)に、使っている炊飯器について聞きました。

ヨムーノメイトに選ばれている炊飯器は、象印!

回答数:40件

アンケートの結果を見てみると、ヨムーノメイトに最も多く使われていたのは、象印の炊飯器。2位には三菱電機とタイガーがランクイン、次いでパナソニックという結果でした。

また、他に使っている炊飯器メーカーとして、「日立」「無印良品」などの声もありました。

炊飯器を使わない人も一定数いる

ここで気になるのが「炊飯器を使っていない」という回答が18%あったこと。

ヨムーノメイトの@peanut_villageさん は、「ティファールの圧力鍋でごはんを炊いています。」とのこと。炊飯器を使わず、お鍋や圧力鍋でごはんを炊いている人もいるようです。

炊飯器を使わない層が多かったのは、料理名人が多いヨムーノメイトならではの結果かもしれません。

実際に使われている炊飯器メーカーランキング1位【象印】

出典:楽天

今回のアンケートで、ヨムーノメイトに一番支持されていたのは象印の炊飯器。今使っている炊飯器を選んだ理由について聞いてみました。

象印の炊飯器を選んだ理由

ヨムーノメイト@chocolate.cafeさん
●象印炊飯器 IH炊飯ジャー極め炊き / NP-VQ10使用中
高機能までは求めていなかったのでコスパもよくおいしいご飯が炊けるこちらを選びました。インテリアの邪魔をしない落ち着いたトーンも魅力です。30時間おいしさをキープしてくれるうるつや保温も嬉しい機能です。
気になる点をあげるなら、工場出荷時の設定がエコ炊飯になっているので、そのまま炊くと少しかために炊きあがります。説明書を最初によく読むとわかることですが、注意が必要です。

▼象印 極め炊きシリーズ
販売ページを見る(楽天)  販売ページを見る(Amazon) 

ヨムーノメイト@Shakitroさん
●象印炊飯器 極め羽釜シリーズ使用中
熟成炊きができるのでこちらの炊飯器を選びました。
炊飯に少し炊飯に時間がかかることが気になるところです。

▼象印 極め羽釜シリーズ
販売ページを見る(楽天)  販売ページを見る(Amazon)

象印の炊飯器を選んだ理由で、「結婚祝いやお祝いでいただいた」という回答もいくつか寄せられました。『炊飯器=象印』というイメージがあり、贈り物としても選ばれているのがわかります。

象印のおすすめ炊飯器

ごはんのおいしさにこだわるなら『炎舞炊き』がおすすめ

出典:楽天市場

販売ページを見る(楽天)  販売ページを見る(Amazon)

象印の炊飯器でおすすめしたいのは、激しい炎のゆらぎを再現することで、お米一粒一粒がふっくら炊き上がる、『炎舞炊き』シリーズ。ごはんの炊きムラもなく、お米の甘み成分を引き出します。

注目したいのは「わが家炊き」と呼ばれる機能。前回食べたごはんのかたさや粘りについて感想を入力すると、次は炊き方を変えてくれるんです。最大121通りの炊き方から、自分たちが好きな食感に調整してくれるのは、うれしいですね。

ただ、お値段も張るのがネック。2019年3月現在、Amazonでは約7万円と少々お高め。10年間使うと見越すと、1年で7,000円、1ヶ月だと約600円、1日あたり約20円の計算です。これを高いとするか、安いとするか……。

スペック
炊飯量 5.5合/1升
内釜の素材 豪炎かまど釜(鉄、アルミ、ステンレス)
タイプ 圧力IH炊飯器
価格 70,606円〜(Amazon/2019年3月現在)

    

実際に使われている炊飯器メーカーランキング2位【三菱電機】

出典:楽天

象三菱電機の炊飯器を選んだ理由で、圧倒的に多かったのが『デザインが可愛いこと!』でした。炊飯器ではあまり見かけない四角い形が好評です。

三菱電機の炊飯器を選んだ理由

ヨムーノメイト@_.akiko._さん
●三菱電機炊飯器 IH NJ-XS106J使用中
この炊飯器を選んだ理由は当時珍しかった角ばったデザインと、炊飯器は炊いている時に湯気が出るという常識を覆した機能に惹かれたからです。
気になる点をあげるなら、蒸気が出ない代わりに水を張っておく箇所があるのですが、そこの水を毎度取り替えるのが若干手間です…。

写真のように、@_.akiko._さんのキッチンでは、バルミューダのレンジやトースターと三菱電機の炊飯器が並んでいます。ホワイトカラーで統一されていて、とてもおしゃれですよね。

ヨムーノメイト@syoko.t.homeさん
●三菱電機炊飯器 NJ-XS10J使用中
この炊飯器を選んだポイントは、水蒸気レスなところ。ご飯が美味しいです!
少し気になるのは、炊き込みご飯などを炊くと、次に白米を炊いた時に少しニオイが残ってしまうこと。水蒸気レスがゆえに、タンクの水を交換するのが面倒に感じます。

▼三菱電機 炊飯器
販売ページを見る(楽天)  販売ページを見る(Amazon)

三菱電機のおすすめ炊飯器

三菱電機で一番選ばれている定番の炊飯器はこれ

出典:楽天

販売ページを見る(楽天)  販売ページを見る(Amazon)

デザイン、味、コスパで選ぶなら、三菱電機の炊飯器「備長炭 炭炊釜NJ-VV109」がおすすめです。

ダブル炭コートとかまど構造で、お米をふっくら炊き上げます。超音波振動で吸水をうながすので、お米を研いですぐに炊いてもふっくら炊けるのがうれしいポイント。お米の旨味を引き出すので、冷めてもおいしいんです!お弁当作りにもぴったりです。

また、毎日使う炊飯器だからこそ、お手入れは気になる部分。こちらの炊飯器は、カートリッジと放熱板が一体になっているので、パカっと外してラクにお手入れできます。

スペック
炊飯量 5.5合
内釜の素材 ダブル炭コート5層厚釜
タイプ IH炊飯器
価格 16,480円〜(Amazon/2019年3月現在)

※「一番選ばれている」については、三菱電機の商品ページより引用しております。
三菱ジャー炊飯器 NJ-VV109

実際に使われている炊飯器メーカーランキング2位【タイガー】

出典:楽天

タイガーの炊飯器を選んだ理由を聞いたところ、「安かった」「デザイン重視」という2通りの回答がありました。

タイガーには、エントリーモデルからハイスペックモデルまで炊飯器のラインナップが幅広いことが、多くの方に支持されている理由かもしれません。

タイガーの炊飯器を選んだ理由

ヨムーノメイト@miiiiika_homeさん
●タイガー炊飯器 GRAND X使用中
この炊飯器を選んだ理由は、おひつのようにも使える点と、圧力IHジャーの中でダントツにオシャレな点です!
お焦げが好きではないのですが、土鍋のジャーのため、お焦げが出来るのがイマイチな点。

▼タイガー炊飯器 GRAND Xシリーズ
販売ページを見る(楽天)  販売ページを見る(Amazon)

ヨムーノメイト@hiiiro_homeさん
●タイガー炊飯器 IH 炊きたてJPQ-A使用中
デザイン重視でこちらの炊飯器を選びました。
使っていて気になる点は、タッチパネル操作なので、たまに誤って保温を消してしまうことがあります。

▼タイガー炊飯器 IH炊飯ジャー 炊きたてシリーズ 販売ページを見る(楽天)  販売ページを見る(Amazon)

タイガーのおすすめ炊飯器

グッドデザイン賞に選ばれた炊飯器

出典:楽天

販売ページを見る(楽天)  販売ページを見る(Amazon)

タイガーの炊飯器「圧力IH炊飯ジャーJPC-A101」は2017年に発売された少し前のモデルですが、360度どこからみても美しいデザインとお求め安い価格で、おすすめしたい炊飯器です。

釜上部と下部でコーティング技術を変えることにより、土鍋に迫るふっくらとしたごはんの炊き上がりを実現。また、無理なく「麦めし」を始められるように、専用の軽量カップが付属しているので、家族の健康に気を遣っている人にも最適です。

スペック
炊飯量 5.5合
内釜の素材 熱流&熱封土鍋コーティング 9層遠赤特厚釜
タイプ 圧力IH炊飯器
価格 24,376円〜(Amazon/2019年3月現在)

実際に使われている炊飯器メーカーランキング4位【パナソニック】

出典:楽天

白物家電で定評のあるパナソニックは、炊飯器でも人気。「独身時代からずっと使っている」「10年前から使っている」など、長く使っているという回答が目立ちました。

パナソニックの炊飯器を選んだ理由

出典:@qu_miiiiiii

ヨムーノメイト@qu_miiiiiiiさん
●パナソニック炊飯器 圧力IH式 Wおどり炊 SR-SPX107-RK使用中
こちらの炊飯器を選んだ理由は、お米の銘柄に合わせて、自在に炊き分けが可能なところ。
また、好みに合わせて「おすすめ」「かため」「やわらか」に炊き分けができるところです。

▼パナソニック炊飯器 Wおどり炊きシリーズ
販売ページを見る(楽天)  販売ページを見る(Amazon)

パナソニックのおすすめ炊飯器

美しさと美味しさを両立したパナソニック最高峰モデル

| 出典:楽天

販売ページを見る(楽天)  販売ページを見る(Amazon)

Wおどり炊き搭載のSR-VSX8シリーズは、パナソニック独自機能の『Wおどり炊き』を搭載し、ごはんの美味しさ、食感、炊き分けにこだわった炊飯器です。

お米の鮮度に合わせて自動で炊き方を調整してくれるので、乾燥したお米でも新米のような炊き上がりに。

また、部屋のインテリアにしっくり溶け込むデザインは、おしゃれなキッチンの雰囲気を損ないません。

スペック
炊飯量 5.5合/1升
内釜の素材 ダイヤモンド竈(かまど)釜
タイプ 圧力IH炊飯器
価格 64,121円〜(Amazon/2019年3月現在)

炊飯器でおいしいごはんを炊こう

「美味しいご飯が食べたい」と思ったら、米の銘柄を変えるのもいいですが、思い切って炊飯器を変えてみるもの一つの方法です。最近の炊飯器には、どんなお米でもふっくら炊き上げる技術が採用されています。

ご紹介したランキングや使用感を参考にしながら、炊飯器の機能、コストパフォーマンスの高さ、手入れのしやすさなども考慮しながら選んでみて下さいね。

▼こちらもおすすめ
炊飯器の最強おすすめ5選!2019年の人気炊飯器をピックアップ

アンケートにご協力いただいたヨムーノメイトのみなさま、ありがとうございました。

※アンケート概要
実施期間:2019年3月11日~3月20日
調査対象:ヨムーノメイト(ヨムーノ公式インスタグラマー)
収集方法:Webアンケート

ヨムーノ編集部

ヨムーノは、忙しくても「暮らしをもっと楽しく賢く!」をコンセプトに、暮らし全方位の「すぐ実践できるトレンド情報」を発信しています。全国からヨムーノライターやヨムーノメイトを随時募集中です。応募は公式TwitterかInstagramのDMで♪

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事