空気清浄機のおすすめ商品2020年版!最新機能付きもご紹介

  • 2021年03月23日更新

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

空気清浄機を購入したいけれど、多彩な種類や機能に迷ってしまうことも多いでしょう。そんなときは、人気の商品を参考にしてみるといいですよ。

今回は、最新機能が搭載された商品など空気洗浄機のおすすめを紹介します。

空気清浄機の選び方

一般家庭でも普及してきた空気清浄機は、部屋の空気をきれいに清浄してくれる家電です。比較的購入しやすい価格帯のものから、高価なものまで幅広く展開されています。

初めて空気清浄機を購入する方はもちろん、空気清浄機の買い替えを検討している方も、空気清浄機の正しい選び方を知ることが大切です。

適応畳数を見て選ぶ

空気清浄機には、どの広さまで空気を正常できるかという適応畳数が製品ごとに決められています。各製品のスペックに、適応畳数または適用床面積として記載されているので、購入前には必ずチェックしましょう。

この適応畳数の基準は、『30分でどれくらいの部屋の広さの空気をきれいにできるのか』を目安に算出されています。基本的に、綺麗にしたい部屋の広さに合った空気清浄機を選びます。

ただし、より早く部屋の空気を清浄したい場合は実際に使用する部屋の広さよりも大きめの機種を選ぶと良いでしょう。

適応畳数の大きい機種は、空気を吸い込む風量が強いため、そのぶん早く空気をきれいにしてくれます。

欲しい性能面で選ぶ

空気清浄機は、最も基本的な性能として『集じん機能』を搭載しています。集じん機能とは、空気中に浮遊しているホコリなどの粒子をフィルターに集じんする機能のことです。

また、空気清浄機を使用しているとフィルターを交換する必要がありますが、中には10年フィルターを交換する必要が無い空気清浄機もあります。

その他にも、花粉・アレルギー物質除去機能や、静穏運転機能・加湿機能・マイナスイオン発生機能などの便利な機能が搭載された機種なども発売されているので、自分にとって必要な性能を持った製品を選びましょう。

ペットを飼っている家庭では、脱臭機能付きの空気清浄機がおすすめですよ!

好きなメーカーから選ぶ

自分の使い勝手の良さを決めるのは、普段の生活でよく使っているメーカーだったり、一度気に入った家電のメーカーであることも多いようです。好きな家電メーカーがある人は、そのメーカーの販売している空気清浄機を購入するのも1つの選び方です。

空気清浄機おすすめ2020年版

シャープ「プラズマクラスター除加湿空気清浄機」KI-LD50(ホワイト系)

▲発売日:2020年4月23日

【主な特長】
1.「除湿」「加湿」「空気清浄」一体型で、業界最小サイズを実現

2.高濃度「プラズマクラスター25000」により、部屋干し衣類の生乾き臭をスポット消臭、付着カビ菌の増殖を抑制しながらすばやく乾燥できる「衣類乾燥」機能を搭載

3.「衣類乾燥」「除湿」「加湿」「空気清浄」機能搭載で、1年を通じて使用可能

※ニュースリリースに記載されている内容は、 報道発表日時点の情報です。ご覧になった時点で、 内容が変更になっている可能性がありますので、 あらかじめご了承下さい。   

まとめ

空気清浄機は、色々なメーカーからさまざまな性能を持つ機種が販売されています。使う環境に応じて性能を選んで、快適な生活を送りましょう。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事