• 2019/01/11
  • PR

「吸引力のダイソン」本当にいいの!?ロボット掃除機から最新モデルまで12商品を徹底比較

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

CMでもよく見るダイソンの掃除機ですが、モデルがたくさんあるため「実際よくわからない」と感じている人も多くいます。そこでダイソンの掃除機について、各モデルの機能やポイントを紹介していきます。

ダイソン掃除機の特徴

▶︎ダイソン V10シリーズ専用 掃除機スタンド

※上の画像はイメージです。

ダイソンの掃除機は他社の製品と比較して、どのような特徴があるのでしょうか?そこで、ダイソンの掃除機ならではの特徴をご紹介します。

2種類のヘッドでペットの毛やホコリを除去

ダイソンの掃除機のヘッドは、『モーターヘッド』と『タービンヘッド』という2種類のモーターヘッドを採用しています。

モーターヘッドは、カーペットや絨毯などに絡みついたゴミなども吸い取ることができるモーター式の回転ブラシを内蔵しています。タービンヘッドはきめの細かい2種類のブラシを搭載しており、静電気を抑えてむやみに埃を巻き上げません。こちらは細かな埃を搔き上げるのに適しています。

どんなゴミでも確実に吸い取る強い吸引力

ダイソンの掃除機の特徴の一つは、CMでもよく紹介される『サイクロンの遠心力を利用した、強力な吸引力』です。

ダイソンの掃除機は、サイクロンの遠心力でゴミと空気を分離して吸引力を保っています。旧式では6個程度を搭載したものが多かったのですが、最新のモデルでは最大24個のサイクロンを搭載しており、微細なゴミも分解して目詰まりを起こしにくくなっています。

そのためダイソンの掃除機は、ハウスダストが苦手な人やペットの毛を気にする人にも満足できる吸引力を誇ります。

ダイソンおすすめコードレス掃除機

ダイソン掃除機の特徴を掴んだところで、ここからは具体的な商品を見ていきましょう。まずは手軽に掃除ができる便利な『コードレス掃除機』を紹介します。

価格が安くても高機能V7 Fluffy


V7 Fluffyは、価格もスペックも程よくバランスのとれたモデルです。最上位モデルである『V8』よりも価格が安く、エントリーモデルの『V6』よりも騒音が約50%軽減されていたり、運転時間が約10分伸びていたりと、良いとこどりをしたモデルと言えるでしょう。

吸引力はもちろん強力で、さらに複数の付属ノズルを使いこなすことで、階段からカーペットまで家庭のさまざまな場面に対応することができます。

微細なホコリまで除去するV8 Fluffy


ダイソンのコードレス掃除機の中で最も高機能を誇るのがこの『V8』モデルです。

『V8』はダイソンのコードレス掃除機の中でも最も人気があるモデルの一つで、中でも『V8 Fluffy』は手の出しやすいベーシックなモデルです。バッテリー持続時間はダイソンのコードレス掃除機最長の約40分で、ゴミ捨てが簡単なスクレイパー付きビンを搭載しています。

クリーナーヘッドと付属ツールを最小限の数に抑えることで、価格もある程度抑えられています。

ダイソン最新コードレスCyclone V10 Fluffy


『Cyclone V10 Fluffy』は2018年3月に発売の、新モーターを搭載した最新モデルです。

ダイソン史上で最も軽量かつ小さい『ダイソン デジタルモーター V10』を搭載しています。また、バッテリーも進化を遂げ、運転時間最長60分を実現しています。

サイクロンは14個搭載し、空気がより効率的に流れるよう本体の同心円状に配置するという工夫もこなされています。

直販限定モデルフロアドック付きCyclone V10


上記の『Cyclone V10』には、ダイソンの直販限定モデルが存在します。

このモデルは、フロアドック(掃除機本体や付属ツールの収納・充電が可能)も掃除機に加えて手に入れられるお得なものです。さらに、フロアドックに収納可能なお掃除ツール5点も付いてきます。

フロアドックがあれば、掃除機本体も付属品もまとめてスタイリッシュに収納することができるので、見栄えよく収納したい方はぜひチェックしてみてください。

ダイソンキャニスター型掃除機の最新モデル

コードレス掃除機の次は、ベーシックな形式のキャニスター型掃除機も見ていきましょう。

小型軽量でもパワフルなV4デジタル


『V4デジタル』はダイソンボールと呼ばれる球体の車輪が搭載されており、スムーズな掃除機本体の移動が可能なほか、倒れても自動で起き上がる安定した重心を持っています。

さらに、高い操作性を持つヘッド部分には可動式ハンドルを採用しており、床面から高いところまで無理なく掃除することができます。

2個のクリーナーヘッド搭載Ball Animal+Fluffy


『Ball Animal+Fluffy』は2個のクリーナーヘッドを採用したキャニスター型の掃除機です。

髪の毛やペットの毛などの繊維が絡まることを防ぐ機能を持つ『ソフトローラークリーナーヘッド』に加え、毛足の長いカーペットなどにも対応し繊維の奥のゴミまで掻き出す新開発の『ダイレクトドライブクリーナーヘッド』を搭載しています。

取りまわしが楽な軽量ヘッドDC48

『DC48』はダイソンのキャニスター掃除機の中でも超小型のもので、日本の小さな家にはぴったりと言えるサイズ感です。本体はわずか2.7kgと非常に軽く、階段や別の部屋へも楽に移動することができます。

こちらもダイソンボールを搭載しているので機動性も高く、床の素材を問わず対応できるカーボンファイバーブラシを搭載した最新タービンヘッドを採用しているので、安心して掃除ができます。

人気のハンディクリーナーとロボット掃除機

コードレス型、キャニスター型の次は、人気のハンディクリーナーとロボット掃除機も見ておきましょう。

車内掃除に最適なV7 Triggerpro


『V7 Triggerpro』はハンディクリーナーの中でも最も吸引力が強いモデルです。

さらに、硬いナイロンブラシで車内の座席やトランクのゴミを掃除するのに適したミニモーターヘッド、狭い隙間や届きにくい場所に適した隙間ノズル、デリケートな部分を優しく掃除してくれるミニソフトブラシなど、豊富なツールが実装可能です。

バッテリー持続時間も約30分と十分な長さで、車内の掃除をすみずみまで一気に行うことができます。

ハウスダストも除去する布団クリーナーV7 Mattress


『V7 Mattress』はダイソンならではの強力な吸引力で多くのハウスダストを取り除くことのできる布団クリーナーです。

他社の製品でよく見られるような『UVライトや振動』を起こすものでは、ダニの死滅や叩き出しが行われますが、完全に除去することができるとは言い切れません。

このモデルではダイソンならではの吸引力でダニアレルゲンを強力に除去し、15個のサイクロンで部屋の空気よりも清潔な空気を排出します。

ロボット掃除機 360 Eye


ダイソンからもロボット掃除機が販売されています。このロボット掃除機も、ダイソンならではの吸引力が魅力です。

独自のベルト駆動式転輪を採用し、カーペットからフローリングまでどんな床面にも対応することができます。

また、アプリケーションによる掃除の予約も可能な上、充電後の掃除はその前の掃除が中断されたところから開始するなど、痒いところに手がとどく工夫がこなされています。

まとめ

ダイソン製品はサイクロン方式や回転ブラシなど、独自の技術を持ち優れた性能があります。自分のライフスタイルにあったブランド・製品を選んで、快適な掃除を実現しましょう。

この記事をSNSでシェアする

関連する記事があります

下にも似た記事があります

新着記事