【公式インスタグラムの偽アカウントにご注意ください】
診断テスト

ついに"ニトリ超え"出た!?この冬、絶対欲しい最新「あったか毛布」おすすめ10選

  • 2018年12月16日公開

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

肌寒い季節に欠かせない毛布は、使い方次第でより暖かく、快適になるのを知っていますか?毛布にはさまざまな素材や織り方があります。肌触り・価格帯・ブランドを考慮して自分にぴったりの1枚を見つけましょう。

快眠のために毛布にこだわろう

布団の中が寒いと、眠りが妨げられ『睡眠の質』が低下します。暖房や加湿器に頼りすぎず、肌寒いと感じたときは『毛布』を1枚プラスしてみましょう。快眠時の布団の中の温度は32~34度、湿度は50%前後が理想とされています。心地良い毛布は、『質の良い睡眠』に繋がりますよ。

毛布のサイズを確認しよう

毛布のサイズは、ひざ掛けに使用するクォーターサイズ(70×100cm)からキングサイズベッドに適したキングサイズ(230×250cm)までさまざまなものがあります。

理想は、『寝返りしても体が毛布から出ず、肩からつま先まですっぽりと覆えるサイズ』です。大は小を兼ねるといいますが、大きすぎる毛布は圧迫感があり、必ずしもおすすめとは言えません。

1人用はシングルサイズ(140×200cm)が基本ですが、体の大きな男性はセミダブルサイズ(160×200cm)がおすすめです。2人用は、ダブルサイズ(180×200cm)が一般的で、ゆったりと使いたい場合は、クイーンサイズ(200×230cm)を選ぶとよいでしょう。

いろいろな毛布の素材とその特徴

次に、毛布の素材を確認してみましょう。

天然素材の綿を使用した『綿毛布』は化学繊維のニオイやチクチク感、静電気が苦手な赤ちゃん、敏感肌に向いています。綿は吸湿性が高いのが特徴で、季節を問わず1年中使いたいというときにも重宝します。

綿毛布とは反対に、保湿性が高いのが『アクリル毛布』です。冷え性の女性や代謝量の少ない人に最適で、真冬の寒い季節には大活躍してくれるでしょう。

また、カシミヤやウールなど動物の毛を原料としたものを『獣毛毛布』とよびます。毛の形や肌触りにそれぞれ特徴があるので、自分好みのものを選んでください。実際に手にとって肌触りを確かめてみることが大切です。

『ウール』は吸湿発散性・保温性に優れており、『カシミヤ』はウールのチクチク感がありません。『シルク』は滑らかな肌触りが特徴ですが、お値段もグッと上がります。天然100%の上質な毛布は贈り物にもぴったりです。

使い方次第で毛布はもっと暖かい

毛布や布団を1枚で使うよりも、重ねて使った方が保温性は高まります。

羽毛布団を使う場合は、重ね方の順番は上から『毛布→羽毛布団→体』が理想です。

羽毛布団は体温で温まった空気を羽毛の中に取り込む性質があるので、肌に直接触れさせることで暖かさを感じます。また、羽毛布団の上から毛布を掛けることで熱を逃さず、温かさが持続します。

さらに暖かさを実感したいときは、敷布団の上に毛布を敷いて使いましょう。背中からの熱を毛布が受け止め、体がポカポカしてくるのを感じられるはずです。

プチプラで人気の毛布

家族が多い場合は、お手軽価格で質のよい毛布を手に入れましょう。市販で買えるプチプラ毛布を3つ厳選しました。

ニトリの吸湿発熱(Nウォームスーパー)毛布

冬のみならず、肌寒さを感じる春や秋にも活躍してくれます。「吸湿発熱&蓄熱糸」と「保温わた」の組み合わせであたたかさは抜群!

毛布は頻繁に洗えないのがネックですが、こちらは洗濯ネットを使えば洗濯機で丸洗いが可能です。抗菌防臭加工が施されているので、清潔な状態が長く続きますよ。

無印良品 あたたかファイバー厚手毛布・D

あたたかファイバー厚手毛布・D/アイボリー

寒い冬におすすめなのが、無印良品の『あたたかファイバー厚手毛布』です。ポリエステル素材は、ふんわりとした肌触りと軽さが特徴なので「布団や毛布が重くて寝苦しい」という人にイチオシです。

アイリスオーヤマ キャメル混毛布

キャメル10%、綿90%で構成された毛布で、羽毛布団の上にかぶせると暖かさが増します。落ち着いた色合いなので、年配の方にプレゼントするのもいいでしょう。

肌触りで選ぶおすすめの毛布

体の上に直接かける毛布は、チクチク感のない柔らかな肌触りのものがおすすめです。いつまでも触っていたくなるような肌触りの毛布を2点ピックアップしました。

mofua うっとりなめらかパフ ふわ毛布

『mofua うっとりなめらかパフ』の『パフ』はパウダーを付けるために使用するパフをイメージしているそうで、毛布とは思えない滑らかな肌触りが魅力です。

ポリエステルにポリウレタンをミックスした密度の高い毛が特徴で、生地には加工したローズヒップオイルを配合しています。乾燥肌の人やガサガサした毛布が苦手な人はぜひ一度試してみてください。

キャメル のびふわ毛布

伸縮性のある糸を使い、ウェーブ状に織り上げた毛布です。キャメル50%、綿36%、ポリエステル14%の吸湿性・放湿性・保温性に優れた素材なので、冬はもちろん、夏でも使用することができますよ。

自宅で簡単に洗濯できるところも高評価されています。

メイド・イン・アース オーガニックコットン毛布

肌寒くなりはじめた季節に活躍するのが綿100%のコットン毛布です。程よい通気性と保湿性を兼ね備え、ほぼ1年中使うことができます。生地、糸全てにオーガニックコットンを使用しているので、赤ちゃんや敏感肌でも安心ですね。

化学繊維の毛布による静電気やニオイ、チクチク感 が気になる人にもおすすめです。

こだわりブランドの毛布

素材や製法にこだわったブランド毛布は、自宅用としてはもちろん、贈り物にしても喜ばれます。

gran プレミアムマイクロファイバー毛布

極上の肌触りなのに、自宅で簡単に洗濯可能なのが『gran プレミアムマイクロファイバー毛布』です。静電気や毛玉ができにくいので、長く使うことができますよ。

通常のマイクロファイバーよりも細く長い毛を採用しており、滑らかでもっちりとした触感に仕上がっています。

西川リビング アクリルニューマイヤー毛布

「毛布は軽くて滑らかなのがいい」という人におすすめなのがアクリル100%の『西川リビング アクリルニューマイヤー毛布』です。2500gの軽量タイプなので、羽毛布団と重ねて使うのに適しています。日本製なので贈り物にすると喜ばれるでしょう。

シルクオーラ 匠プレミアム

高級スーツやコートに用いられている上質なシルク(B2ランク家産ペニーシルク)を熟練の技術により丁寧に織りあげた毛布です。繊細で滑らかな肌触りと空気のような軽さが特徴で、毛布特有のチクチク感や重さが苦手な人におすすめです。

色はピュアホワイトとクラシックローズの2種類で、見た目にも高級感があります。手提げのハードケース入りなので、お祝いなどの贈り物にもぴったりですね。

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%A9-%E5%8C%A0%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%9F%E3%82%A2%E3%83%A0-%E6%8E%9B%E3%81%91%E6%AF%9B%E5%B8%83-%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AB-%E3%83%94%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%9B%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%88/dp/B00O43V2V0

三井毛織 メリノウール毛布

保温性・吸湿性・発散性に優れたメリノ羊毛をふんだんに使用した上質な毛布です。ベテラン起毛師が丁寧に起毛処理を施しているので、空気をたっぷりと蓄えた柔らかな肌触りに仕上がっています。

家庭での手洗いが可能なので、いつでも清潔な状態が保てるのも嬉しいポイントです。昭和27年の創業以来、毛布製造一筋の『三井毛織』が手掛けている点にも注目しましょう。昔ながらの織り方で丁寧に織り上げているので、丈夫で長持ちします。

まとめ

毛布は、価格やサイズだけでなく、保温性や吸湿性、肌触りなどを広く考慮して選びましょう。1年中使えるタイプのものもあれば、真冬の極寒に最適なものもあります。また、自宅で洗えるものと洗えないものがあるので、お手入れのしやすさを考えることも大切です。

「最近寝つきが悪い」と感じる人は、毛布をはじめとする寝具を見直してみてはいかがでしょうか。

ヨムーノ編集部

ヨムーノは、忙しくても「暮らしをもっと楽しく賢く!」をコンセプトに、暮らし全方位の「すぐ実践できるトレンド情報」を発信しています。全国からヨムーノライターやヨムーノメイトを随時募集中です。応募は公式TwitterかInstagramのDMで♪

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事