• 2018/08/25
  • PR

こだわり主婦が夢のマイホームを購入!お金・間取りの妥協と後悔とは?

Large

こんにちは、管理栄養士で年子ママのヨムーノライターssnbakeryです。

2017年に夢だったマイホームを建てました。
家を建てる前は漠然とした夢をもっていただけで具体的にどう進みどんなところに気を付けたらいいのか分かりませんでした。

家を建てたからこそ分かったことや家を建てる前に知りたかったことをまとめてみました。

家族構成

主人・私・長男・次男の4人家族。
家を建てようと計画し始めた時は長男8か月・次男妊娠中でした。

家を建てようと思った経緯

以前の家

以前は1LDKの小さなアパートに住んでいました。
長男が赤ちゃんの頃は、小さなアパートでも十分でした。

でも少し動くようになっただけで小さなアパートでの生活が大変になってきました。
物を隠したり上にあげたり……それでもすぐに棚や机などの家具にぶつかってしまう。

そんな時に次男の妊娠も分かり2人を育てるには狭いと感じ、引っ越しか家を建てるの二択となりました。

マイホームを建てた理由

家を建てるとなると家のローンだけでなく維持費や固定資産税など他にもかかってくるお金があるので、総合的に考えなくてはいけません。

さらに、お金の面に加え……。

  1. いつかマイホームを建てるつもりでいた
  2. 夫の会社は、賃貸向けの住宅手当がなかった
  3. 夫の実家の隣が空き地で、将来的に夫近居することを考えた

総合的に考えて予算を決めて家を建てることにしました。

ハウスメーカー選び

ハウスメーカー選びといってもたくさんありすぎて、全ての話を聞いたり比較することは容易ではありません。

(1)ブランド
(2)構造
(3)価格
(4)設備仕様
(5)メンテナンス・保証
(6)相性

などなど……それぞれどんなところがポイントで自分たちは何に重きを置きたいのか、家族でじっくり話し合いました。

それを元に、自分たちに合った価格帯で、断熱性・気密性が高く、おしゃれでセンスがあるメーカーにすることにしました。

建てた家

土地は夫の実家の隣。
畑にしていた土地で広く80坪。

家は38坪で2階建て。
あとで5LDKにもできる4LDKの家です。
駐車場は夫の実家と共有で3台分確保しました。

こだわりと妥協

私にはこだわりがたくさんありました。
メーカーを比較する段階で要望をA4用紙2枚分用意し、まとめました。 しかし、やはり金銭面で妥協したことも……。

こだわり

ざっくりとこだわりを書きだしますと……。

(1)広く見渡せるLDK
(2)来客時もプライベートが確保されるようリビング階段にしない
(3)天井まであるハイドア
(4)ボックスカーテン
(5)2階に洗面台
(6)2階のベランダに水道
(7)収納スペースにコンセントをつける
(8)空気の通りと明るさを考えた窓
(9)収納はしっかりと確保しあとで家具が増えたり物が溢れないようにする

よく人を招くので、プライベートは確保したいし、部屋は広く見せたい。図面を見ただけでは、実際に住んで居心地がいいかどうかはわかりづらいので、じっくり考えました。

妥協したところ

(1)ハイドアは良く過ごす1階のみ
(2)子ども部屋が7帖→5.2帖
(3)LDKが20帖→18帖

大変だったこと

一生に一度の大きな買い物。
いつも何を買うにも下調べを欠かさない私ですが、子育てをしながら情報を集めるのにとても苦労しました。

細かいことを言い出すと調べたいことはたくさんあるし、調べれば調べるほどいいアイデアがある。時間に余裕がないと下調べも大変でした。

メーカーの比較も全く同じ条件を比較するわけではないので見比べるのに苦労しました。
また、お金の計算や予算オーバーした金額を減らすのにも時間を要しました。
こだわった設備のオプションを削ったところで全然金額が落ちず。

結果、面積を減らすことになりました。

あとで後悔したこと

家の玄関タイルです。
白で少しザラザラした素材は、滑りにくく、見た目・機能とも気に入ってはいます。ただ、汚れが目立つのと掃除しにくいのはちょっと気になります。

家を建てる時はキレイなパンフレットをみて選ぶのでこれがいい!と見た目だけで選んでしまいますが、我が家のタイルに限らず、触ったり使ってみたら理想と違った……汚れやすかった……掃除しにくかった……手入れが大変だった……とならないよう、そこにも気を配るといいなと思いました。

他には、私は小柄なので全く後悔していないのですが、高身長の夫は、家の天井高が240cmなのでもう少し高いと良かった……と言っています。

実家の家の天井高が260cmでそれを「普通」と思っていて、メーカーに天井高を聞いた時「普通の高さなので低い天井とかではないですよ。」と言われ、それでならいいか。となってしまいました。  

人によって「普通」の基準が違うのも気を付けたいポイントですね。

まとめ

いかがだったでしょうか。
一生に一度の買い物ですが、それゆえに分からないことが多いマイホーム購入。

お金のことはもちろんですが、しっかり自分の重視したいポイントを明確にし、普段から情報収集をしてイメージをもつことがよりよい家を建てられるポイントだと思います。

今すぐマイホームを買うことができなくても、いつかマイホームを……と考えている方は、今から素敵なおうちのアイデアを集めたり、小物から素敵な物を揃えていくのもいいと思います。

ライター:ssnbakery
年子(3歳・2歳)の男の子のママです。2017年に念願のマイホームを建てました。中学生の頃から主婦雑誌を買って読んでいたくらい主婦業が大好きです!子どもが2人毎日朝から晩まで一緒なので思うようにできないこともありますが、日々情報を取り入れつつ家事業を楽しんで、家族が快適に過ごせるよう工夫しています。
ssnbakery

合わせて読みたい!マンション・戸建て購入の決め手と妥協点まとめ

『近居問題や日当たりなど購入者のメリット・デメリット体験談』はこちら

ライター/ssnbakery
Large
ssnbakery
管理栄養士

年子(3歳・2歳)の男の子のママです。2017年に念願のマイホームを建てました。中学生の頃から主婦雑誌を買って読んでいたくらい主婦業が大好きです!子どもが2人毎日朝から晩まで一緒なので思うようにできないこともありますが、日々情報を取り入れつつ家事業を楽しんで、家族が快適に過ごせるよう工夫しています。

ssnbakery の記事一覧を見る

この記事の関連するキーワード

関連する記事があります

新着記事