靴下収納の神ワザ7選!ニトリと100均で"片っぽ行方不明"事件を解決

  • 2019年03月04日公開

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

靴下の収納、皆さんはどのようにしていますか?

我が家では衣類ケースに靴下専用の場所を作り、分別して収納しています。

それでも、「あれ?片方なくなった!」「奥から、しばらく履いてないものが出てきた!」なんてことは日常茶飯事……。

そこで今回は、「どうにか使いやすく片付けられないだろうか……」と、私と同じように悩んでいる方のために、靴下収納の基本と“達人たち”の靴下収納のアイディアをご紹介!

靴下収納はたたみ方が命!

靴下収納と言っても、まずは収納しやすいたたみ方をマスターすることが大事です。

長い靴下のたたみ方<折りたたむだけ>

長さのある靴下は、収納の幅を取ってしまいがち。なるべく厚みを出さないでたたむことがポイントです。

  1. 靴下を重ねる
  2. 靴下の上下を中央に向かって折る
  3. 2をさらに半分に折る。折った側が内側にくるようにするとGOOD

これで完成です。もっとコンパクトにしたい場合は2でさらにもう1回折って小さくしましょう。

簡単ですが、適当にまとめたり、履き口でくるんだりするよりも小さくコンパクトに収納することができます。

長い靴下のたたみ方<おにぎり型>

  1. 靴下を重ねる
  2. 履き口の方から三角形を作るように斜めに折る
  3. 2の三角形を巻き込むように、つま先付近まで三角形に折っていく
  4. つま先部分を少し残し、3に入れ込む

見た目が三角形のおにぎりみたいに見えるため、この靴下のたたみ方はおにぎり型と呼ばれています。

見た目もコロンとしていて可愛らしいおにぎり型は、履き口を使わないため、靴下のゴムが伸びる心配もありません。繊細な靴下ほどおにぎり型収納がおすすめです。

短い靴下のたたみ方

くるぶし程度の長さの靴下は、一回折って、まとめればOKです。

  1. 靴下の裏面を平らにして置く。かかと部分の生地は、それぞれつま先側、履き口側にたたむ
  2. 靴下を重ねる
  3. つま先をかかとまで折る
  4. 足首側を折りたたみ、つま先部分を履き口の中に入れる

アンクルタイプの短い靴下は、短いから折りたたまずに収納してしまう方も多いでしょう。しかし、使おうと思ったら片方だけ見つからない……ということにもなりかねないため、たたんでの収納がおすすめです。

カバーソックスのたたみ方

  1. 靴下の裏面を平らにして置く。かかとを上、つま先を下にする
  2. かかとを上にしたまま裏返す
  3. 靴下を重ねる

  1. 下側(つま先部分)から折る
  2. さらに重ねるようにもう一度折る
  3. 上側(かかと部分)の生地を引っ張り、2に丸め込む
  4. 形を整えて完成

小さくて丸まりやすいカバーソックスは、このようにたたむか、あとでご紹介するハンガーを利用して収納するのがおすすめです。

靴下収納に便利なアイテムをご紹介

靴下をきれいにたためたら、使いやすいように収納しましょう。靴下はこんな方法で収納するのがおすすめですよ。

靴下を箱型ケースに入れて収納

● 小さいケースに入れる 出典:楽天

こちらは「さっ取り簡単 靴下ケース」という商品名の通り、靴下を丸めて立てて収納できるように考えたサイズで作られた、靴下専用収納ケース。

仕切り2枚つきで収納しやすさバツグンです。

靴下ケースを見る(楽天)

● 大きいケースに仕切りを入れる 出典:楽天

フィッツシリーズのような収納ケースのなかに、こういった仕切りケースを入れて靴下を収納する方法も。

仕切りケースを見る(楽天)

靴下をポケット型ケースに入れて収納

ウォールポケットのような入れ物に靴下を収納すれば、パッと見て靴下を選びやすいですね。

ウォールポケットを見る(Amazon)

スニーカーハンガーを活用する

出典:楽天

出典:楽天

ショートタイプの靴下なら、このハンガーが便利。

洗濯したら、ハンガーにかぶせて干してそのまま収納。小さく丸まってしまったり、なくなってしまったりというストレスとはサヨナラです!

100均でも類似品を扱っていますが、こちらは10枚で500円なので、そこまで割高ではありませんよ。

スニーカーハンガーを見る(楽天)

靴下収納達人たちのワザを見よ!

ここからは、靴下収納達人たちのテクニックをご紹介します。

靴下は、丸めてニトリのスチールラックにINで収納完了!

みっささん(@missa512)がシェアした投稿 -

ニトリのスチールラックを「横向き」に置いて、「見せる収納」にしているのがポイントです!

クルクルと丸めた靴下がカラフルで、ちょっとしたお部屋のアクセントにもなりますね♪

全ての靴下が一気に見渡せるので、履きたいものがすぐに取れて便利です。

靴下収納にダイソーのウォールポケットを活用!

@i.__.amがシェアした投稿 -

こちらは、ダイソーのウォールポケットを使った靴下収納です。靴下の枚数が限られるものの、コンパクトに壁収納ができ、場所を取らないのが魅力です!

収納が足りなくなってもウォールポケットを追加すれば、簡単に増設できますね。

さっと取り出せるので、よく履く靴下を選抜して入れておくのも良さそうです♪

靴下の吊り下げ収納で通気性も◎

pan ( ˙꒳​˙ )さん(@y__hom)がシェアした投稿 -

クローゼットの中に、紐と洗濯バサミで靴下の吊り下げ収納を作っています。

一目で全部把握できるので、靴下を探す手間が省けます。

しかも、普段はクローゼットの扉を閉めておけば、収納を隠すことが可能。

これなら、「何度も同じような靴下を買ってしまう……」なんてことはなくなりそうです。

小さな洗濯ハンガーで、赤ちゃんの靴下をかわいく収納

ail knnさん(@kana153kana)がシェアした投稿 -

赤ちゃんの靴下は大人の靴下に比べて布面積が少ないため、畳んだり丸めたりしても収納しにくいですよね。

そんな小さな靴下にぴったりなのが、そのまま吊り下げる収納!

赤ちゃんの靴下は、家族のなかでも数はそんなにないはずなので、小さめの洗濯ハンガーで十分。

見ているだけでも、愛おしく感じますよね♪

100均ソックスハンガーで靴下をスッキリ収納

miiさん(@mii.icube)がシェアした投稿 -

100均でも購入できる「ソックスハンガー」を使えば、靴下の型崩れを防ぎながらスッキリ収納できます。

くるぶしソックスなどの、浅い靴下の“迷子防止”に便利ですね!

素材が紙ではなくポリプロピレンなので、洗濯後の状態でもソックスハンガーを装着できます!

しかも、干したらハンガーごと、そのまま収納できるので楽チンです♪

見渡せて便利!100均ダイソーの小分けBOXで靴下収納

chipi...♡さん(@chipi_0005)がシェアした投稿 -

ダイソーのランジェリーコレクションという、下着や靴下専用の小分けBOXを使用した靴下収納。

仕切りで分けられているので、「混ざって片足どこいった?」なんてことも防止できます。

これならざっと全てを見渡せるので探しやすく、とっても便利ですね!

靴下収納にニトリのファイルボックスが使える!

こちらのクローゼットのどこに靴下を収納しているか、わかりますか?

スワイプして見てもらうとわかるとおり、実は左下にあるニトリのファイルボックスの中に靴下が収納されています。

ファイルボックスの中には、ダイソーのブックエンドを使って仕切りが。このアイディア、真似したいですね!

靴下収納の極意は、取捨選択&見える化

「数が多くて片付かない……」という人は、まずは全部の靴下を取り出して、「本当に必要なものだけ」を仕分けしてみてはいかがでしょうか?

収納上手さんたちに共通しているのは、「持っている靴下を把握できる」ということ。

全て「見える化」することで、ムダな労力を使わず、ストレスフリーで使えます。

片付けやすく取り出しやすい靴下収納のアイディア、ぜひ取り入れてみてくださいね!

ヨムーノ編集部

【開催中】
・「ゴディバ カップアイスチケット (432円商品)」が抽選で当たるキャンペーン!詳しくはヨムーノ公式Twitterアカウントをチェック♪
・skinvill「ホットクレンジングジェル」が抽選で当たるキャンペーン!詳しくはヨムーノ公式Instagramアカウントをチェック♪

【募集中】
素敵な写真やアイデアを投稿したり、モニターやアンケートにご協力いただく「ヨムーノメイト(ヨムーノ公式インスタグラマー)」を募集しています。詳しくはこちら

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事