五星三心占い

レジ袋の収納どうしてる?便利でおしゃれな収納アイディア

  • 2019年08月05日更新

こんにちは、ヨムーノ編集部です。たまってしまいがちなレジ袋、あなたはどうしていますか?捨ててしまうなんてもったいない!賢くオシャレに収納して、気持ちよく再利用しましょう。この記事では、便利でオシャレな収納アイテムやアイディアを紹介します。

レジ袋をきれいに収納するには?

毎日の買い物でたまりがちなレジ袋ですが、そのまま捨ててしまうのはもったいないですよね。節約&エコ意識の高い方には、再利用して有効に使うのがおすすめです。

そこで問題になるのが、収納方法ではないでしょうか?レジ袋はポリエチレン素材が大半で、ふわふわと膨らむ性質のため収納に場所をとってしまいがちです。

すっきりと収納するには、たたんで収納するか、たたまず収納するかの2つの選択肢があります。

レジ袋をたたんで収納する

junkaさん(@junka_momiji)がシェアした投稿 -

レジ袋をたたんで収納すると、省スペースで多くの枚数が収納できます。折り方は正方形、長方形、三角形などさまざまです。

収納ケースのサイズに合わせて、取り出しやすい大きさにたたみましょう。袋のサイズごとに分けて収納できないときは、正方形にたたむと、サイズの違いがわかりやすいのでおすすめです。

@a_sami.homeさんのビニール袋のたたみ方もコンパクトに収納できますので、参考にしてください。

レジ袋をたたまず伸ばして収納する人も

小さくたたむ時間がないという人には、伸ばして収納する方法がおすすめです。まずはレジ袋を広げてシワをさっと伸ばし、縦に2つ折りか4つ折りにします。その後、長さを半分に折れば完成です。

これなら、次に使う時も広げる手間が省けるので、一石二鳥でおすすめです。

レジ袋をたたむ派の収納アイディア

レジ袋をキレイにたたんだら、どのように収納するかが重要です。せっかくたたんでも、崩れてしまっては意味がありませんね。キレイをキープするためにも、オシャレな収納アイテムを利用しましょう。レジ袋をたたんで収納する派のためのアイディアを紹介します。

無印良品の商品を使ったレジ袋の収納アイディア

レジ袋の収納は、浅型の引き出しタイプが重宝します。無印良品の『ポリプロピレンケース 引出式 浅型』がおすすめです。

引き出しが深いと、何段も積み重ねることになるので、古いものがいつまでも残ってしまい、衛生的にもよくありません。浅めのタイプなら適度に入れ替えが可能になって、袋が劣化する前に使い切れるでしょう。

引き出しの中の仕切りは取り外し可能なので、折りたたんで収納する場合と、伸ばして収納する場合の両方に対応できます。

積み重ねることで引き出しの段数を調整できるタイプなので、置き場所や収納量にあわせてピッタリの収納にできるのも嬉しいポイントです。

出典:LOHACO

販売ページを見る(LOHACO)

シンプルかつコンパクトに収納できるアイディア。
こちらの投稿者様は、無印良品の引き出しケースに小さく折りたたんで収納されています。身の回りの収納を丁寧に整えたい方におすすめです。

fumiさん(@simpleslow.life)がシェアした投稿 -

こちらは、無印良品のA4ファイルボックスを使用したアイディアです。
無印良品のファイルボックスなら丈夫で曲がりにくく、おすすめです。
さらに使い勝手も大変よいとの事。
投稿2枚目の動画では、気持ちよくするする取りだせる様子が紹介されています。

mitarou2017さん(@mitarou2017)がシェアした投稿 -

ニトリの商品を使った収納アイディア

インテリアから生活雑貨まで幅広い商品を扱うニトリにも、レジ袋収納に便利なグッズがあります。中でも使い勝手が良いのが『引き出し用ゴミ袋収納ケース』です。

立てて収納できるので、場所をとらずにすっきり収納ができます。袋の中心に付属の支え板を入れる構造になっているため、最後の1枚までスムーズに取り出せて便利です。

取り出し口が縦と横のどちらにも対応しているので、置く場所によって自由に使い分けられる嬉しい特徴を持っています。

ニトリの最新神グッズ

ニトリの最新神グッズ

セリアの商品を使った収納アイディア

100円ショップでもオシャレ雑貨で有名なセリアでは、折るだけで簡単に組み立てられる『キッチン消耗品収納ケース』がおすすめです。

サイズ展開が豊富で、S・M・Lと幅広タイプの4種類がそろっています。色は清潔感のあるホワイトで、シンプルなデザインが魅力です。

また、フタに十字の切込みがあり、開封のいらない『プルアウトボックス』もおすすめです。一見、取り出し口が狭く見えても、フタがやわらかいので取り出しやすく、輪ゴムやスポンジなどの小物収納にも応用できます。

セリア・ダイソーの技あり収納グッズ9

レジ袋をたたまない派の収納アイディア

レジ袋をたたむのが苦手、時間がないという人には、以下のような収納法がおすすめです。

バッグを使う

バッグを使っておしゃれなレジ袋収納ができます。カゴバッグなどの持ち手にフックを取り付けて、壁などにひっかけるだけで収納の完成です。

レジ袋をたたまずに、くるっと縛って入れるだけで、おしゃれにすっきり収納できてしまいます。

あまり大きすぎるバッグだとスペースを取るので、日常的に使う分だけ入る大きさが理想です。部屋のイメージに合わせたデザインのバッグを選びましょう。

@kabochiyanomishinさんのように、ビニール袋収納ケースを手作りするのも人気です。

ブックスタンドにかけるだけ

袋を縛るのも面倒な人は、袋を広げてしわを伸ばし、ブックスタンドにかけるだけでもOKです。複数枚重ねてかけても、一番上の袋を引っ張るだけで1枚ずつ取り出せます。

同じブックスタンドをいくつか並べるか、複数連なったタイプのスタンドを使えば、大きさに合わせて袋を分類できます。

フタつきボックスで隠す収納

最も簡単で、見た目も気にならない方法は、フタつきボックスに突っ込むやり方です。レジ袋を縦向きに手のひらでシューっとしぼめて2つに折り、折った側を上にしてボックスに突っ込みます。横に並べて突っ込めば、取り出しも簡単です。

お部屋のイメージに自然と溶け込むようなデザインのボックスを選べば、インテリアの一部になってしまいます。

レジ袋収納の簡単手作りアイディア

気に入るアイテムが見つからないときは、手作りするのも良いでしょう。ハンドメイドなら愛着も湧きますし、オンリーワンの収納ケースが作れますよ。

100均の商品を使って手作り

レジ袋収納を手作りするときは、100均の商品を使ってコスパよく作りましょう。例えばティッシュケースとリメイクシート、クリップがあれば簡単に作れます。作り方は以下を参考にしてください。

  1. ティッシュケースにリメイクシートを貼り付ける
  2. ティッシュケースが縦方向になるように、ケース端にクリップをつける
  3. ケースを壁にあて、クリップの穴部分を押しピンで刺して固定する

クリップがティッシュケースの重さに耐えられないようなら、フックなどに変更すると良いでしょう。

プラカップを使って手作り

フタつきのプラスチックカップを使って、袋を1枚ずつ取り出せる便利な収納を手作りできます。透明のままでもいいですし、好みのシールなどを貼っても素敵です。作り方は以下を参考にしてください。

  1. レジ袋を伸ばし縦長にたたんで、何枚も重ねる
  2. 袋を端から巻いていく
  3. 巻いた袋をカップに縦向きに入れて、先端をフタのストロー穴から少し出す

これだけで、袋を1枚ずつ引っ張り出せる収納になります。簡単なので、ぜひ試してみてください。

レジ袋を収納してすっきり!

たまってしまいがちなレジ袋も、収納方法を少し工夫するだけで、キレイに整理できて、使いやすくなります。無印良品やニトリなどは、オンラインショップでの購入もできるので、スキマ時間にチェックするのも楽しいものです。

またセリアなどの100均にも、オシャレで便利なアイテムがそろっています。レジ袋をすっきり収納して、節約上手になりましょう。

ヨムーノ編集部

ヨムーノは、忙しくても「暮らしをもっと楽しく賢く!」をコンセプトに、暮らし全方位の「すぐ実践できるトレンド情報」を発信しています。全国からヨムーノライターやヨムーノメイトを随時募集中です。応募は公式TwitterかInstagramのDMで♪

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事