これで焼肉の匂いも付かない!?リビング壁を漆喰(しっくい)にDIYしてみた

  • 2021年03月23日更新

こんにちは、心地よい暮らしのために収納とインテリアを工夫しているヨムーノライターのasamiiimasaです。

自然素材の風合いと質感が美しい漆喰(しっくい)の壁。
自分の好きな感じに仕上げられるようにDIYでチャレンジしました。

漆喰で部屋の空気をきれいに

日本伝統素材として古くから日本家屋に使われてきた塗り壁材の漆喰。
漆喰はアルカリ性で、カビを防いで吸放湿も。室内の空気をきれいにしてくれるんだとか。

先日、家族でホットプレートを使って焼肉をしましたが翌朝にはニオイなし(笑)。
消臭効果は本当かも!?

まずは養生を

アルカリ性なので手荒れには注意が必要です。
使い捨てのビニール手袋に、その上から軍手。作業着も着ました。

ついてしまうと取れないので養生は天井も忘れずに。

珪藻土と漆喰の違い

もとの壁は珪藻土。もう10年も前にDIYで塗ったのですが、グレーっぽくムラになって変色してきてしまっていたのが気になっていました。

珪藻土はそれぞれのメーカーにより 混ぜ合わせる原料やその配合が大きく変わるので、厳選する必要があります。

漆喰は石灰石を主に水やつなぎ材を使って製造しているので、メーカーによって品質の違いがあまりないと聞きました。

なので私は手軽に買うことが出来るホームセンターで購入したものを使いました。

塗り方に工夫を

コテ仕上げやローラー仕上げ。
ハケで模様をつけることも出来るので、自分のイメージしたように仕上げられるのがDIYでチャレンジして良かったと思うところです。

今回、コテ後などはつけず、さっぱりとした雰囲気に仕上げてみました。

まとめ

白く明るくなった壁。
部屋が明るく空気もきれいなので爽やかな気分でいられます。

冬に気になる、空気の乾燥や結露も、この部屋なら安心かな。
興味があればぜひ、漆喰塗りおススメです!

ライター:asamiiimasa
五感を大切に 季節を感じながら暮らしについて日々考えて過ごしています。ご機嫌な毎日を送るために私がしていることをお話しさせていただこうと思っています。
Instagram:@asamiiimasa
usagi works

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事