• 2018/10/10
  • PR

日本初「亀田の柿の種"専用"ふりかけ機」が爆誕!フライ衣に炒飯に"柿ピー料理"が無限大♪

Large

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

本日10月10日は「亀田の柿の種の日」。
亀田の柿の種をふりかけにする「FURIKAKIX(フリカキックス)」が本日発売されました。

ふりかけ機を作るきっかけ

以前からSNSを中心に柿の種を用いたアレンジレシピや、砕いて揚げ物の衣にするなど、様々な食べ方が投稿されており、ふりかけ機を作るきっかけになったといいます。

亀田の柿の種が、おやつ、おつまみ需要だけでなく、ふりかけや料理として、新たな顧客に興味を持って欲しいという思いで開発に至りました。

削ることにこだわり、ガリガリっと手に伝わる削り心地の気持ち良さや、削りたての香りがたち食欲がそそります。

「フリカキックス」にかけた亀田製菓の想い

「フリカキックス」は、亀田製菓として初となる調理器具です。

一見他のミルと同じに見えますが、柿の種のせんべいとピーナッツという、硬さも大きさも違う2つの異素材を均一に砕くための内部構造と、ステンレス製の特性刃が特徴となっています。

削られる粒の大きさも、ご飯とベストマッチする粗さに設定でき、亀田の柿の種とピーナッツの風味と食感をそのままに、様々なフレーバーの柿の種をご飯の友であるふりかけに激変させることができます。

柿ピー料理の幅が広がる!

「フリカキックス」を使えば、ふりかけはもちろん、おかずや調味料、デザートとしても柿ピー料理の幅が広がります。

本格フレンチシェフ富樫陸也氏が、フリカキックスのレシピ開発アドバイザーに就任。

風味、食感、後味など細部にこだわり、様々なフレーバーの中から柿の種同士のベスト配合を考案したレシピブックが同梱されます。他にも、レシピ動画メディア「デリッシュキッチン」とコラボした料理や、柿ピー研究家 中倉隆道氏によるちょい足しレシピも、順次公開予定です。

▲“炒めない”柿ピー炒飯

▲“揚げない”柿ピーカキフライ

▲柿ピーわかめふりかけ

柿ピー大好きなみなさん、削る体験も楽しんで柿ピー料理の幅を広げてみませんか?

購入など詳細はこちらから。

ライター/ヨムーノ編集部
Large
ヨムーノ編集部

暮らしと住まいの情報マガジン「ヨムーノ」の編集部スタッフがお届けしています。
Twitter:https://twitter.com/yomu_no

Instagram:https://www.instagram.com/ouccino.jp/

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

この記事の関連するキーワード

関連する記事があります

新着記事