早くも品切れ続出!無印良品の新商品「キャスターもつけられるフタ」がバカ売れする理由

  • 2018/10/15

こんにちは。ヨムーノライターのkotchanです。

約1年前に断捨離を始めてから整理収納の面白さに目覚め、自宅マンションをのんびりと整理しているところです。

収納グッズとしては、100均やニトリ、イケアなど、用途に合わせて、さまざまなショップのアイテムを使っていますが、一番愛用しているのは無印良品のアイテムです。

そんな私がご紹介するのは、無印良品のキャスターもつけられるフタです。

早くも売り切れ続出!キャスターもつけられるフタが大人気

さて、無印良品のファイルボックスといえば、収納アイテムとして欠かせない定番中の定番ですよね。
そのファイルボックスの付属品として、新たに専用のフタが登場したのをご存知でしょうか?その名もズバリ「キャスターもつけられるフタ」。

早くも人気商品のようで、無印良品週間中は品切れ状態で入手できませんでした。
その後、無印良品週間が終わってアプリで確認してみたところ、在庫ありとなっていたので、早速購入してきました!

※2018年10月15日時点のネットストアは在庫なし

無印良品の「キャスターもつけられるフタ」とは?

まずは、キャスターもつけられるフタについて簡単にご説明します。

色はファイルボックス同様、クリアとホワイトグレーの2色展開。幅10センチ用と幅15センチ用の2種類があり、値段はそれぞれ税込290円と390円です。
高さは約3センチで、フタとして使用すると、ファイルボックスよりも1センチほど高さが出ます。

そして、ほんの少しだけ幅を取るので、収納棚にファイルボックスを置いたとき、幅に4ミリ弱の余裕を持たせてください。
今までがジャストフィットだった場合はフタをすると縦にも横にも入らなくなってしまいます。

キャスターをつけて使ったのは納戸のデッドスペース

では、実際にキャスターをつけてみます。

取り付けられるキャスターは、お馴染みのポリプロピレン収納ケース用キャスターです。キャスターを付けたら、フタの上にファイルボックスを乗せます。すると、いとも簡単にファイルボックスがワゴンに変身!

さらにファイルボックスにフタをすると、スタッキングが可能に。
これまで、スタッキングが可能だったのはハーフのみ。通常のタイプは重ねるとぐらつく感じがありました。

この点を不満に思っていた方は多いのではないでしょうか。このフタで問題解決です!

使いたかった場所は、納戸のデッドスペース

納戸に設置した、無印良品のパイン材ユニットシェルフと壁の間、約17センチのデッドスペースです。当初、このスペースには別の場所で使っていたキャスター付きのPPストッカーを置くつもりでした。

ところが、わずか1センチ足りずに断念。紙袋に無造作にモノを入れて置いてある状態にウンザリしていました。

そんなわけで、今回キャスターもつけられるフタが販売されたと聞いて、真っ先に思いついたのが、納戸の隙間収納でした。思ったとおり、ピッタリです。キャスターを動かしても、ほどよいゆとりがあり完璧!

早速、お掃除用洗剤のストックを収納しました。このように頻繁に出し入れすることのない重みのあるストック品の収納がオススメですね。

埃が気になるマスク収納にフタを使用

次に、キャスターもつけられるフタを単純にフタとして使ってみました。

以前からモヤッとポイントだったのがマスク収納。マスクはビニールに入っているとはいえ、ずっと埃が気になっていました。フタをすることで、ようやく安心できるように。

ファイルボックスは埃が入りやすいので、ときどき拭き掃除が必要でしたが、フタをすればお掃除の回数も減りそうですね。

また、キャスターもつけられるフタは、上部がトレーになっています。スマホ、眼鏡、リモコンなど、ちょこっと置きにもいいですよ。

キャスターもつけられるフタの使用上の注意点

実際にキャスターもつけられるフタを使用して気づいた点が2つあります。

1つ目

フタとして使うときは注意が必要だということ。
なぜなら、フタの内側にキャスターの取り付け面があるからです。

ファイルボックスの内寸1センチ分は低いモノを置くことを想定しておかないと、フタが浮いてしまいます。つまり、今までファイルボックス収納できていたからといって、必ずしもフタができるわけではないのです。

ですから、収納するモノの高さには気をつけてくださいね。

2つ目

ワゴンとして使用する場合、何段もスタッキングしないほうがいいということ。
引き出し式ではないので、下段によく使うモノを入れてしまうと出し入れが不便になります。

ですから、せいぜい2段くらいに留めておくのが無難でしょう。

まとめ

キャスターもつけられるフタの使用感、参考になりましたか?

キャスターを付けてワゴンとして使うなら、デッドスペースを活用できる最強アイテムと言えるのではないでしょうか。まさに、すき間収納の救世主!

フタとして使えば、今までのファイルボックスに埃が入り込む問題が一気に解消されます。しかも、トレーにもなるなんて超優秀ですよね。

キャスターもつけられるフタの人気は、まだまだ続く可能性大!
2018年の無印良品の注目アイテム間違いなしです。

自称ムジラー兼ヨムーノライターおすすめまとめ記事

2018年コレは絶対買っておきたい
明日から活用できる!無印良品収納アイデアとキッチン雑貨まとめ

ヨムーノ編集部

暮らしのトレンドマガジン「ヨムーノ 」の編集部スタッフがお届けしています。

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

この記事をSNSでシェアする

関連する記事があります

特集記事

この記事に似ている記事があります

連載記事

新着記事