IKEAの押入れ収納グッズでスッキリ整頓!達人のテク&便利グッズ22選

  • 2019年08月06日更新

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

押し入れ収納を快適にしてくれる、IKEA(イケア)の便利グッズを紹介します。IKEAには収納力が高いだけでなく、おしゃれで機能的な収納アイテムが多いため、押入れ収納にぴったりなアイテムがきっと見つかるはず。

IKEAアイテムを使った押入れ収納実例も参考にしてみてくださいね。

IKEA(イケア)グッズを使った押入れ収納ポイント

IKEA(イケア)は北欧スウェーデンの家具やインテリアがそろうお店です。

サイズ展開やグッズのバリエーションが豊富なため、日本家屋の押し入れにマッチする収納が見つかります。IKEAの収納グッズを使用した、押し入れ収納のポイントをチェックしていきましょう。

IKEAの便利アイテムを賢く使う

IKEAには、押し入れの壁に取り付けることが可能なタイプや、ハンガーラックタイプなど、さまざまな収納アイテムがあります。

たくさんのものを収納ボックスだけで効率良く収納しようとすると難しいですが、IKEAのハンガーラックやハンガーホルダーを利用すると、衣類だけでなくバッグや帽子などの小物類も押入れに効率よく収納できますよ。

おしゃれな「見せる」収納を意識

収納グッズには『統一感』を持たせるとおしゃれに見えます。たとえば、バラバラのカラーや質感のアイテムを使用して収納するよりも、カラーや素材感を統一した方が見栄えはよくなります。

IKEAの収納グッズは、シンプルなデザインで統一されているものが多いのが特徴。おしゃれな押入れ収納を作りやすいですよ。

IKEAの押入れ収納アイテム「スクッブ」シリーズが神!

IKEAのスクッブボックスでシーズンオフのアイテムを整理

@usausa_homeさんは、押入れ上段でIKEAのスクッブボックスを使用されています。サーキュレーターや加湿器など、シーズンオフの家電を収納しているのだとか。

押入れ中段左側のスクッブ収納ケースには、シーズンオフのマットを収納。型崩れしにくいスクッブシリーズなら、マット以外にもシーツや毛布・パジャマ・ルームウェアなど、シーズンオフのものをまとめて収納できますよね。

下段のアルゴートにはベビー服を入れる予定だそう。すべてホワイトカラーでまとめているので清潔感があって素敵ですよね。

IKEAのスクッブボックスで出し入れもスムーズに

押入れの襖をはずして開放的に使っている@minapon1018さん。領収書や明細書など、書類もすべて押入れに収納しているからリビングはスッキリしているのだとか。

IKEAのスクッブボックスは、押入れ上段に置いても天井までにスペースがあるからスムーズに出し入れができるそうですよ。

今後は、押入れにロールスクリーンか突っ張り棒でカーテンをつけることを検討中。それなら、急な来客があっても安心です。

子供服を入れているケースには、入っているアイテムのシールが貼られています。これで、どこに何が入っているのか一目瞭然!ぜひ真似してみてください。

苦手な布団収納はIKEAのスクッブにおまかせ!

@asukan2121さんのお宅では、IKEAのスクッブ収納ケースで布団を収納されています。以前は、布団収納が苦手だったという@asukan2121さんですが、IKEAのスクッブ収納ケースを使用してから克服できたのだとか。

おしゃれなラベルを使用して、誰の布団なのか一目で分かるように工夫されているのは真似したいですよね。

布団収納によく利用される圧縮袋はかさばらないので便利ですが、家族全員分となると面倒だしかなりの重労働ですよね。

サッと簡単に収納できるうえに、自立するから縦置きもOKのIKEAのスクッブ収納ケースは布団収納に最適です。

増え続ける写真アルバムもIKEAのスクッブボックスにIN

@dori_ismartさんは、IKEAのスクッブボックスに写真アルバムや子供の鼻水吸引器を収納されています。実は、3個購入したところ2個しか入らなかったそうですが、使わないときは折りたたんでコンパクトにしまえるスクッブボックスなら、新たな活躍の場が見つかるまで邪魔になりません。

IKEAのワードローブ照明「OLEBY(オーレビー)」を使用しているのもポイント。

扉を開くと、センサーでライトがつくので、奥行きがあって暗めの押入れもパッと明るくなります。もともとついている両面テープ+マスキングテープで固定されているそうですよ。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

IKEAのスクッブS、Mサイズを組み合わせて賢く収納

@syoko.t.homeさんは、 IKEAのスクッブMサイズに寝具類を収納。羽毛掛け布団がMサイズにぴったり入るのだとか。また子どもたちの思い出の作品はIKEAのスクッブSサイズに。

ホワイトカラーで統一感があるので、押入れがスッキリ見えますね。

IKEAのストゥークも押入れ収納に使える!

IKEAのストゥークで押入れの寝具を整理

こちらの写真はIKEAのストゥーク。スクッブと似ているけどちょっと違います。

違うのは、サイズ・カラー、それから持ち手の位置。スクッブは持ち手が縦についているのに対し、ストゥークは横についています。ファスナーには紐がついているので開けやすいですよ。

@mickey_house0110さんは、ストゥークのひとつにはシングルサイズの羽毛布団を1枚、もうひとつにはセミダブルサイズの毛布を2枚収納しているそうです。そんなに入っているとは思えないほどコンパクトにまとまっていますよね。

サイズ違いのストゥークにはシーズンオフの子供服をIN

続いても@mickey_house0110さんのお宅です。先ほどのご紹介したストゥークの別サイズ。こちらには、シーズンオフの子供服を収納しているそうです。

IKEAのストゥークは軽量なので、たっぷり収納しても取り出しやすく使い勝手が抜群ですね。

購入前にきちんと押入れのスペースを測ったそうで、さすが、ピッタリ!シンデレラフィットです。

IKEAのスクッブのホワイトも魅力ですが、汚れが目立ちそう……。と不安な方は、モノトーンのストゥークにしてみてはいかがでしょうか。

IKEAソッケルビートは押入れの小物収納にぴったり

IKEAのソッケルビートは用途を選ばない優れもの

@kuro_usagi405さんは、なぜかどんどん増えるという生地のストックにIKEAのソッケルビートを使用しています。ニトリのファボーレヌーヴォと組み合わせて見た目もスッキリ。

ミシン部屋で使用されていますが、シンプルな形のソッケルビートなら押入れでも大活躍してくれそうですよね。

趣味のコレクションやおもちゃの一時保管、シーズンオフの洋服や小物類など、使い方は無限。遊びにきた子どもが思わず押入れを開けちゃっても、ソッケルビートに収納していれば、見た目にも美しいですね。

IKEAアルゴートを押入れに入れて効率よく収納

IKEAのアルゴートでおもちゃを整理

「奥行がある空間の収納って難しい」と言いつつも、とてもキレイに押入れを整理している@tachiigramさん。下段のアルゴートにはお子さんのおもちゃを収納されています。サッと引き出して中身を見渡せるアルゴートは、どこになにが入っているのか一目瞭然。

上段ではスクッブボックスを活用されています。花やグリーンのある生活を楽しんでいるそうで、スクッブボックスにはフラワーベースを収納されています。

サイズも形もバラバラのフラワーベースは収納場所に悩みがちですが、物を入れても型崩れしにくいIKEAのスクッブボックスならキレイにまとまります。

IKEAのアルゴートは2段使いで使い勝手UP!

@lovinlife.7さんは、IKEAのアルゴートをご主人のクローゼットで使用しています。使い勝手重視であえての2段使い。毎日使うものだから、取り出しやすくしまいやすいというのは大切なポイントです。

写真2枚目と比較してもらうとわかる通り、もともと使っていたブルーの収納ケースをはずして、すべてホワイトカラーで統一されています。上段にもホワイトのスクッブボックス。空いたスペースに置いたフェイクグリーンがよく映えておしゃれな空間に変身していますね!

きっと、ご主人もとても喜ばれたと思います。

おもちゃ収納の救世主!IKEAトロファスト

IKEAトロファストを押入れにIN

出典:@aming_home

押入れ下段には、IKEAのトロファストにおもちゃを収納。子ども部屋に出しておいてもかわいいトロファストですが、奥行きのある押入れになら収納可能!子どもが取り出しやすい高さにおもちゃがあるのが便利ですね。

また@aming_homeさんは、押入れ下段にニトリの人感センサーで点灯する照明をつけているのだそう。

押入れの下段や奥側はどうしても暗くなってしまいますが、ライトがあれば見やすさもアップ。真似したい押入れ収納術です!

IKEAアイテムを組みわせた押入れ収納

大胆なリノベーションで押入れが癒しの空間に!

和室の押し入れを大胆にリノベーションされている@ouchigoto_itsukoさん。襖をはずしてロールカーテンにチェンジ!

普段は、ロールカーテンの出番が少ないとのことですが、これだけ素敵なら納得です。隠すのがもったいない!

下段には、IKEAのスクッブとノールドリシリーズのチェスト。壁や天井まですべてホワイトカラーで揃えているから、お部屋が広くなったように感じているそうですよ。センス良く飾られたグリーンとも相性バッチリ。癒しの空間ですね。

ヨムーノ編集部

ヨムーノは、忙しくても「暮らしをもっと楽しく賢く!」をコンセプトに、暮らし全方位の「すぐ実践できるトレンド情報」を発信しています。全国からヨムーノライターやヨムーノメイトを随時募集中です。応募は公式TwitterかInstagramのDMで♪

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事