• 2018/11/23
  • PR

無印良品週間の影響でもう在庫切れ?ムジラーなら絶対知ってる「羽織れる電気ひざ掛け」の魅力

こんにちは。
整理収納アドバイザー2級の資格を取り、モノの多い部屋の片付けに日々奮闘しているヨムーノライターkotchanです。書く仕事をしているせいか、腰痛に悩まされています。

ここのところ、日を追うごとに寒くなってきましたね。
そろそろコタツやあったかグッズを出そうかな?と思っている方も多いのではないでしょうか。

ところで、寒い時期になると、無印良品で売り切れてしまうアイテム「羽織れる電気ひざ掛け」を知っていますか? ここでは、その人気となる理由を紹介します。

そもそも電気ひざ掛けって?

電気毛布はよく耳にしますが、電気ひざ掛けはあまり聞いたことがないですよね。
調べてみると、無印良品以外にもいくつか種類がありました。

普通のひざ掛けでは寒い、かといって電気毛布や電気カーペットはコストが気になる、という方に重宝されているようです。けれども、無印良品のようにシンプルなデザインの電気ひざ掛けはわずかでした。

電気ひざ掛けには、コンセントタイプとUSBタイプがあります。
コンセントタイプはUSBタイプよりも暖まりやすく、機能が充実しています。

一方、USBタイプはコンセントの場所を気にすることなく使用できて、電気代がほとんどかからないのがメリットです。無印良品の羽織れる電気ひざ掛けはコンセントタイプになります。

「羽織れる電気ひざ掛け」税込4,990円を注文

そんなわけで、近くにある無印良品の店舗に行ってみたのですが、なんと売り切れ。 仕方なくネットで注文しました。

が、無印良品の羽織れる電気ひざ掛けは税込4990円で、送料無料までにあと10円足りない……涙。

なので、ちょうど買い足したかったアイテムもついで買い。そして注文から3日後に届きました。パッケージからして、いかにも無印良品といった感じです。

無印良品の羽織れる電気ひざ掛けの特徴

はじめに無印良品の羽織れる電気ひざ掛けについて説明しておきますね。

サイズは130cm×80cmで、重さはコンセント含めて約1kg。
コードの長さは1.9メートルなので、延長コードなしでも十分使えると思います。

両サイドにスナップボタンが付いているので、ひざ掛けとしてだけでなく、羽織ったり、腰に巻いたりすることができます。

温度調節は弱(25度)から強(40度)までの7段階。
電気代は「強」で1時間当たり約1.6円、「弱」で約0.12円。電気毛布や暖房器具よりはるかに経済的です。

そして、コネクターを外せば、普通のひざ掛けとして使え、しかも洗濯機で洗えます。カラーは、ライトブラウンとダークブラウンの2色。
我が家は白を基調にしているので、部屋に馴染みやすいライトブラウンにしました。

※2018年11月21日時点
【無印良品ネットストア在庫なし】羽織れる電気ひざ掛け・ライトブラウン マイクロファイバー
【無印良品ネットストア在庫あり】羽織れる電気ひざ掛け・ダークブラウン マイクロファイバー

さっそく羽織れる電気ひざ掛けをお試し

まずは手触り。
ツルツルとして気持ちいいです。

ひざ掛けの内部にある熱線はまったく気になりません。コンセントをつけると少し重みを感じますが、座っている状態で使用するので問題なさそうです。

次に電源を入れて暖めてみました。いきなり強にしましたが、じんわりと暖かくなります。しばらくして3に下げましたが、ずっと暖かさをキープ。
いい感じです。

そのまま羽織ってみました。
肩から背中にかけて、ほどよい暖かさが伝わってきます。床暖房やこたつを使っている家は、足元が暖かくて、上半身が寒いことがあるので、羽織るのが良さそうです。

腰全体に巻いてみると、腰回りから足元にかけて、じわーっと暖まります。ソファや椅子に座っていて足元が冷たいときに電気ひざ掛けを腰に巻くと有効だと思いました。

腰痛持ちや冷え症の人におすすめ!

私は腰痛が酷くて、毎週リハビリに通っているのですが、そのとき必ず10分間は腰を暖める器具を当ててもらいます。無印良品の羽織れる電気ひざ掛けを腰に巻いてみたとき、似たような気持ち良さを感じました。

普段から腰を暖められるのはありがたいですね。
羽織れる電気ひざ掛けは、寒がりな人だけでなく、腰痛持ちや冷え症の女性にとって救いの神アイテムになってくれるかもしれません。

無印良品の羽織れる電気ひざ掛けはお手入れが簡単!

気になるお手入れですが、コネクター部分を外せば、ネットに入れて洗濯機で洗えます。
手洗いでもOK。お手入れが面倒だと、すぐに使わなくなってしまうので、洗濯機が使えるのはいいですね。

シーズンオフに保管していると気になってくるのがダニ。
無印良品の羽織れる電気ひざ掛けは、ポリ袋に入れて「強」で通電すると、ダニ退治ができます。あとは掃除機で吸い取るだけ。

気になる点にも配慮しているのは、さすが無印良品ですね。

まとめ

無印良品の羽織れる電気ひざ掛けを紹介しましたが、いかがでしたか?
一人で家にいるときに暖房器具をずっと使っていると電気代が結構かかりますよね。

羽織れる電気ひざ掛けと暖房器具を上手く使い分ければ、節約にもつながると気づけたのは、家にいる時間の多い私にとって嬉しい発見でした。

(おそらく年内最後と思われる)無印良品週間もスタートしたので、気になった方は、この機会に検討してみてくださいね。

ヨムーノ編集部

暮らしのトレンドマガジン「ヨムーノ 」の編集部スタッフがお届けしています。

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

この記事をSNSでシェアする

関連する記事があります

下にも似た記事があります

新着記事