お金が貯まらないのは"不要品"のせい!金運アップ「断捨離風水」今捨てるべきアイテム5

  • 2018年12月30日公開

こんにちは、ヨムーノ編集部です。
なにかと忙しい年末、気づくと家中が物でごちゃごちゃになっていませんか?
出費がかさみ、お金が貯まらないのは「その不用品」のせいかも!
今回は、片付けついでにできちゃう金運アップ風水をご紹介します。

Dr.コパ
「西に黄色で金運アップ」のフレーズを広めた、日本における風水の第一人者。テレビ、雑誌、webをはじめ幅広く活躍。一級建築士、神職。
Dr.コパ

教えていただくのは、ご存知Dr.コパ。
ここから先は、Dr.コパの生セリフでお届けしますよ。
耳の穴をかっぽじって、よーくお聞き(じっくりお読み)ください!

不要なモノを捨てると、金運が入ってくる

やあ、コパだよ。 大掃除のシーズンだね。大掃除は不要品を処分する絶好のチャンス。
この機会に思い切って断捨離してみよう。

というのは、風水では、使っていないモノを貯め込むことは、「古い運気を貯め込むこと」と考える。
どんなにラッキーカラーやラッキーグッズを取り入れても、不要品=古い運気が邪魔をして、開運パワーがちっとも効かないんだよ。

使われずにしまい込まれたモノは、どんよりとした気を発するから、金運も近寄ってこない。
不要品のせいで金運が下がるなんて、イヤだよね。

それに、不要品をたくさん貯め込むと、収納スペースがギューギューになるでしょ?
それじゃ、金運が入るスペースがない。

まずは、大掃除のついでに不要品を処分して金運を上げようね。

金運を上げるために今すぐ捨てるべきモノ5

不要品以外にも金運を下げるモノがある。
こんなモノを持っていたら、いつまでたっても金運が上がらないから、今すぐ捨てようね。

今すぐ捨てるべきモノ1:使い古したマット類

金運は足もとから入ってくるので、マット類が古びてヨレヨレだと金運が入ってこない。

たとえば

  • キッチンマットが古いとムダ使いが多くなる
  • トイレマットが古いと家族が病気がちになって医療費がかかる
  • お風呂マットが古いと夫婦仲が悪くなって、ダンナが外で余計なお金を使う

なんてことになるからね。

マットを新調するなら、キッチンマットは黄色、トイレマットはラベンダー色、お風呂マットはピンクがいいね。

今すぐ捨てるべきモノ2:イヤなことがあったときに持っていたモノ

この服を着たとき会いたくない人に会った、
このバッグを持って出かけたときに財布を落とした、
このピアスをつけて運転したときに車をぶつけた……
など、イヤなことやツイてないことがあったときに、身につけていたり、持っていたものは運のないモノ。

悪い運を引きずらないために捨てようね。
粗塩と清酒をパパッとふってから捨てると、悪い運気を断ち切れるよ。

今すぐ捨てるべきモノ3:履き古した靴

かかとがすり減っていたり、革が傷んでいる靴で修理をしてまで履く気がしない靴は処分。
金運を上げるためには足もとが大事だから、古びた靴は履くのも、下駄箱の中に入れっぱなしにしておくのもNGだよ。

今すぐ捨てるべきモノ4:流行遅れのブランド品

「高かったからもったいない」「いつか使うかもしれない」と流行遅れのブランド品がタンスの肥やしになっていたら、金運が下がりっぱなしだよ。
高価なモノ、大きなモノほど捨てたときの厄落とし効果が大きいから、思い切って捨てようね。

今すぐ捨てるべきモノ5:去年のお正月飾り

クリスマス飾りは毎年同じものを使用してもいいけど、お正月飾りは毎年新しいモノを飾るのが鉄則。
今年のお正月に使った飾りを出してきて、2019年のお正月に飾っちゃ、ダメだよ。

そもそもお正月飾りは松の内(1月7日くらいまで)の期間飾って、そのあと近くの神社でお焚きあげしてもらうのが作法だからね。

番外編:これは捨てないで!

財布の金運の寿命は3年だから、3年使った財布は新調するのが風水のルールだけど、使い終わった財布を捨てちゃダメだよ。
財布には金運の記憶が残っているからね。

ラベンダー色の布に包んで家の中心や北側の部屋で保管しよう。金運パワーを発揮してくれるよ。

まとめ

冬休みはぜひ、断捨離で家をスッキリ!金運もガツンとアップして、いい年を迎えようね。

関連する記事があります

特集記事

連載記事

この記事に似ている記事があります

新着記事