冬の「静電気パチパチッ問題」をドラッグストアのアレが解決!"簡単&安心"意外グッズとは

  • 2019/01/15

こんにちは、整理収納アドバイザー1級の資格を持つヨムーノライターまいです。

寒い時期になると増える、「パチッ」とくる静電気。イヤですよね。
除去スプレーは市販されてもいますが、実は手軽に作ることができます。

市販のものは臭いが気になったり、勢いよく出すぎたりしませんか? それに1年では使い切れないことも。

手作りなら、必要な分だけを作れます。
肌や髪に直接ついても、子どもやワンコがいるご家庭にも安心なんですよ。

静電気除去スプレーの作り方

・水……100ml
・グリセリン……5ml(小さじ1)

この2つをスプレーボトルに入れてシャカシャカ混ぜるだけです。 スプレーボトルは100円ショップに売っているもので大丈夫。

グリセリンはアルコールの一種。医療品や食品としても使われているもので、肌や髪についても安心です。
ドラッグストアやネットショップで購入することができます。

家にあるもので作りたい

「今すぐ作りたい!」という場合は、リンスや柔軟剤でも代用できます。
水100mlに対して、5滴くらい入れてよく振ります。使う度によく振って下さい。

ただ、注意することがあります。
リンスや柔軟剤は色が入っているので、洋服にシミが付く場合があります。肌につくのが気になる場合は、グリセリンを使う方が良いですね。

使い方

必ず使う前によく振ってください。グリセリンや柔軟剤は水より重いのでよく振って混ぜます。
私は頭の上からスプレーしたり、気になる場所にスプレーしています。

電気のまとわりつきがすぐに無くなります。
上からスプレーすれば、髪のパサつきも抑えられます。

コーデュロイのスカートなど、気になったらめくってシュ!としています。

天然成分でできているので、我が家ではワンコにも使っています。ブラッシングの時に使うと毛がしっとりします♡

手作りスプレーの消費期限

保存料が入っていないので、長期間持ちません。期限は冷蔵庫で1週間が目安です。 なかなか使い切れない場合は、干す前の洗濯物にスプレーすれば減りますよ。

衣類だけでなく、ドアノブや車にスプレーしてもいいですね。

手作りスプレーのアレンジ

グリセリンスプレーにお気に入りのアロマを数滴垂らせば、香りで癒されます。
ラベンダー・ローズウッド・ペパーミントなど、無色タイプを選ぶとシミの心配がありません。
色のついたアロマはシミになることがあるので、衣類への使用は避けてください。

また、アロマオイルは、種類によっては妊娠中や乳児への使用が禁止されているものがあるので、ご注意くださいね。

おわりに

いかがでしたか?

実は我が家の洗濯機、柔軟剤を入れるポケットが液漏れして汚れるようになってしまいました。
そこで柔軟剤を入れなくなった結果、今年の冬は静電気まみれです。
そして「静電気除去スプレー」を作るにいたりました……。

界面活性剤が摩擦を減らして静電気を防いでくれますが、柔軟剤に含まれる成分が気になる、という方もいらっしゃるかもしれません。
グリセリンなら、天然成分なので安心ですね。

グリセリンについて調べてみたところ、精製水に溶かせば化粧水や寝ぐせ直しにもなるし、花粉の付着も抑えてくれるとのこと。

お風呂に少し垂らせば保湿にもなります。
使う分だけ作れば良いのでエコですよね。

気になった方は是非「手作り静電気除去スプレー」を作ってみてくださいね。

整理収納アドバイザー まい
整理収納アドバイザー

夫・男児2人・ワンコと、都内の一戸建てに暮らす専業主婦です。開かずの間が2部屋もあった、片付け下手な私が整理収納アドバイザーの資格を取りました。苦手な人の気持ちに沿ってコラムを書いています。

  • Instagram
  • Twitter
  • Blog
  • facebook
  • Official
整理収納アドバイザー まい の記事一覧を見る

この記事をSNSでシェアする

関連する記事があります

特集記事

この記事に似ている記事があります

新着記事