100均高見えグッズが続々登場!インスタ達人の「#モノトーンインテリア」簡単アイデア17選

  • 2019/01/22

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

「モノトーンインテリア」と聞いて、みなさんはどのようなインテリアを思い浮かべますか?
モノトーンインテリアは、基本的には白黒を基調としたシックなインテリアのこと。しかし、最近ではモノトーンインテリアを自分流に楽しむ人が増えていることから、ベースカラーを元に、とても幅広いテイストがあります。

今回は、モノトーンインテリアを作るポイントと、すてきな実例をご紹介します。

モノトーンインテリアとは

モノトーンインテリアを作る基本ポイントは、黒・白・グレーなどの色づかい。それぞれの配色の割合で、異なるイメージのお部屋に仕上がります。ベースカラーができたら、差し色を入れてもよし、しっくりこなければ好みの色の割合を増やしてみるもよし、遊び心を加えてアレンジも楽しめるインテリアなのです。

そこでまず、ベースカラーを作る配色のポイントから説明していきます。

配色のコツは?

黒ベース

黒の家具をベースに、ガラス素材や植物、モダンなデザインの家電などを合わせたインテリアは、男性にも人気のモノトーンテイスト。どっしりと重い黒を基調にしながらも、デザインのあるクッションやラグを合わせるとカッコイイ雰囲気が少し和み、こなれた空間にもなります。

白ベース

白をベースにしたモノトーンインテリアは、配色にグレーを合わせて、淡さをキープすると優しいインテリアになります。グレーにも、濃淡があるので、女性らしいインテリアがお好きな人は淡いグレーをまとって、少し引き締めたい場合には、濃いめのグレーを多めに選んで。

また、淡いピンクや黄色、ベージュ、水色も相性も良いので、小物に取り入れてみるといいでしょう。

グレーベース

どんな家具も決まると言われる、万能なグレー。グレーを基調としたインテリアは、男女ともに人気のテイストで、飽きない配色とも言えます。あまりにグレーで固めてしまうと無機質になってしまうので、白や、濃淡の異なるグレーを混ぜてグラデーションを作るのがおすすめです。

モノトーン×ナチュラルインテリア

モノトーンなインテリアは、配色で遊ぶことができることから、バリエーションも豊か。たとえば、グレーを基調とした家具の中に、木目調のインテリア家具や雑貨を混ぜると、ナチュラルな雰囲気に仕上がります。ウォルナットならカジュアルに、オークなら女性らしい印象の空間に。

モノトーン+差し色インテリア

黒、白、グレーの中に、一点だけカラーを取り入れる「差し色」インテリアも人気。フレッシュなフルーツのような色も合います。季節によってお花を取り入れてもいいですね。

差し色はほんの少しでもOK。黒をベースにした飾り棚に、ピンクを混ぜて、少し甘さを取り入れています。

部屋ごとのモノトーンインテリア実例

それでは、素敵にコーディネートされたモノトーンインテリアの実例をお部屋ごとに紹介します。

リビング

モノトーンのソファ

淡いグレーを基調としたソファのコーディネートです。濃淡の異なるグレーをグラーデーションで合わせていて、黒のアクセントを置いています。グレーは、一見モダンになりがちですが、丸いフォルムのクッション小物を合わせると柔らかい雰囲気になりますね。

グラーデーションにするなら、白、淡いグレー、濃いグレー、を基本にしてみるといいですよ♪

モノトーンのラグ

モノトーンインテリアでよく使われているのが、ベニワレンやウィルトン織のベルギー絨毯などのラグ。無地だとシンプルで少し物足りなさを感じますが、ウィルトン織はシンプルながら存在感があるんです。グレーのソファに合わせたラグ、黒のラインが引き締まって見えますね。

モノトーンのカーテン

モノトーンのインテリアを引き立てるのがカーテン。基本的には、壁や床、大きな家具と色を合わせるとしっくりきます。こちらの実例は、壁と同じグレーをカーテンに選び、まとまりを出していますね。

ダイニング

モノトーンのリビングに合わせて、白でまとめたダイニング。清潔感がありますね!色を合わせれば、椅子の形状が違っても統一感がでます。

キッチン

モノトーンインテリアを極めているTUULIさんのキッチン実例です。基本は白。完璧なまでに白でまとめたキッチン、素敵ですね。料理も映えそうです。

こちらの実例も白を基調としています。家電を黒系にまとめて、統一感をだしていますね。換気扇やシンク、ガス台のグレーがほどよくグラデーションを作っています。

キッチンに合わせた、白やグレーを基調にした小物です。ポットの中に、白の粉を入れて演出しているのもsyoko.t.homeさんの素敵な一工夫。

寝室

モノトーンのベッド

ベッドは、シーツ、枕、布団が一体となってコーディネートされます。シンプルなモノトーンながら、こなれたデザインの小物を選ばれている実例を発見!

ボーダーの枕と、カジュアルなブランケットのセンス、真似してみたいですね♪

子ども部屋

物が多くなる子ども部屋も、モノトーンアイテムならすっきりと見せることができます。洋服ラックと小物を上手にレイアウトして、おしゃれな空間を作ってみてもいいですね♪

こちらは、白とグレーを基調として、優しい子ども部屋です。おままごとキッチンのナチュラルな素材が引き立って、よりふんわりした雰囲気に仕上がっています。

洗面室やお風呂のグッズもモノトーンでまとめて

小物が多くなる洗面所には、収納アイテムをモノトーンでまとめるというアイデアがあります。こちらの実例は、ネットやラック、壁のデザインにこだわってDIYされた方の実例です。

玄関・トイレのドアなどもモノトーンで装飾を

ドアなどの建材も、モノトーンで装飾するとここまで素敵に。モノトーンなら、ガーランドやタオルなど、飾るものが多くなっても、かえって色が揃って統一感がでておしゃれに。

ベージュに近いグレーのマットを一点使いした、シンプルな玄関。マットなら、模様替えも簡単なので、モノトーンなカラーを揃えてもいいでしょう。

100均のモノトーンインテリア事例

100均でおなじみのキャンドゥのオブジェを使って、壁をすてきにアレンジしたインテリア実例です。クリスマスの時期などに登場する動物のオブジェも、モノトーンでまとめると一年中楽しめますね。

小物をモノトーンに揃えて楽しんでいる人も。キャンドゥのモノトーン雑貨を使って食卓をコーディネートした実例です。 食器をモノトーンでまとめると、食卓もぐっとおしゃれな空間になりますよ♪

まとめ

最近では、ダイソーやセリアなどの100均で、モノトーンアイテムがぐっと増えました。特に、大理石風マグカップなどが続々と話題になっており、単なるモノトーンにラグジュアリーな要素をプラスできるものや、より自分らしいアレンジが楽しめるアイテムが登場しています。

みなさんも、モノトーンインテリアを基調として、季節やシーンにあわせてコーディネートを楽しんでみてくださいね。

関連する記事があります

特集記事

連載記事

この記事に似ている記事があります

新着記事