特集

ニトリ「洗えるカーペット」が話題!今すぐ買うべきプチプラ高機能カーペット10選

  • 2019/01/15

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

カーペットの最近のトレンドは、「タイルカーペット」といわれている、タイル型のものです。汚れたらその部分だけ取り外して洗えます。

また、機能性にも注目されています。
防ダニ、防炎機能のあるものなどが人気です。防音機能があれば、周りへの配慮にもなりますね。

そこで今回は、そんな機能性を兼ね備えているニトリから、おすすめカーペットをまとめてみました。

カーペットとラグの違いって?

あまり意識されることはないかもしれませんが、「カーペット」と「ラグ」。
その違いはご存知でしょうか?

一言でいうと、大きさです。
または、部屋に占める面積の違い、とも言えます。

カーペットは部屋に敷き詰めるタイプのもの。ラグは、部屋の一部分のみに敷くもの、という違いがあります。

明確な大きさの決まりはありませんが、ラグはだいたい3畳未満のものを指します。

カーペットはお部屋の床を覆うので、選ぶ色でずいぶん雰囲気が変わります。ですから、色の持つイメージを知って選ぶと良いでしょう。ブラックは汚れにくいですが、場合によっては暗いイメージになることも。

ブラウンだと落ち着き、高級感といったキーワードが欲しい方に。部屋を明るく広く見せたいなら、白系やベージュです。お部屋の家具やカーテンとの相性も含めて選んでください。

カーペット おすすめ10選

タイルカーペット

全12色。2~3色を組み合わせて並べると、リズム感のあるカーペットに仕上がります。濃い色と薄い色を選んでもいいですし、同系色でまとめても統一感があって素敵です。

汚れた部分だけ洗うこともできますし、必要に合わせて追加もできます。もし不要になってもコンパクトに収納できるのがメリットです。

タイルカーペット(ライン BK)

こんなふうにラインが入った柄だと、汚れも一層目立ちにくいですね。江戸間6畳だと約48枚で敷き詰めることができます。

2色を組み合わせたり、縦横の方向を変えて並べたりと、変化のあるオリジナルなカーペットができあがります。

折りたたみカーペット(オウセン BL 4.5J)

まずは、お値段もチャレンジしやすいこちら。ハサミで切れます。床暖房・ホットカーペット対応。4.5畳用。

へたりにくく丈夫 防音・防ダニ・防炎カーペット(Nインスパイア BR 200X200)

落ち着いた色合いのカーペットです。床の衝撃音をクッション性能で吸収、緩和する防音機能や防ダニ加工がされていて機能的。軽量なのもポイント。

光沢糸で鮮やかな色合い 防音・防炎・防ダニカーペット(Nデリカード DRO 6J)

光沢糸を使用した鮮やかな仕上がり。
特にこんな色合いだと優雅な気分になれそう。また、優れた耐久性と耐磨耗性で丈夫です。防音、防炎で安心の難燃性、防ダニ、そのうえ消臭加工つき。

ミックス調の糸を使用したボリュームのあるカーペット(Nバンカ RO 10J)

ミックス調の糸を使用した、ボリュームのある仕上がり。ダニを寄せ付けにくい加工です。

肌ざわりがやわらかく 遊び毛が出にくい 防音・防炎・抗菌カーペット(Nプレベント DBR 8J)

肌ざわりがやわらかく、わんちゃんの爪もひっかからず安心。
床衝撃音を、クッション性能で吸収、緩和する防音機能。ペットや子どもがいても安心。さらにアース製薬と共同開発したダニよけ加工付きです。

自然素材のウールを使用したへたりにくく丈夫な 防音・防ダニ・防炎カーペット(シェパード GY 6J)

自然素材のウール100%。へたりにくく丈夫です。
また、一年を通じてさらっと快適です。消防法に定められた「防炎性能基準」をクリアした燃えにくい加工を施しています。さらに防ダニ加工でダニの発生をおさえます。

ふんわり やわらか 防ダニ・抗菌防臭カーペット(Nビバリー)

摩擦に強く ボリュームのあるシャギータイプ。抗菌防臭と防ダニ効果で清潔さをキープ。床暖房対応。

裏貼り付きい草上敷き(ジオ 6ジョウ)

い草には、涼しくしてくれるイメージがありますが、活躍するのは夏だけではありません。 い草のスポンジのような断面には空気がたくさん含まれており、空気の保温・断熱特性によって一定の温度を保ってくれるので冬あたたかいという特性があります。

湿度の多いときには水分を吸収し、乾燥したときは蓄えた水分を放出する特性があります。

さらに、適度なクッション性を備え、フローリングに敷くだけで衝撃を吸収します。カーペットの一種として、昔ながらの知恵を見直してみるのもいいですね。

まとめ

カーペットにはメリットもたくさんあります。
取り外しのしやすいものもありますから、お好みの色を見つけて気軽に挑戦してみてください。

ヨムーノ編集部

暮らしのトレンドマガジン「ヨムーノ 」の編集部スタッフがお届けしています。

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

この記事をSNSでシェアする

関連する記事があります

特集記事

この記事に似ている記事があります

連載記事

新着記事