1.5億~2.5億個のミドリムシを飲んでみた

  • 2019/01/11

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

最近、ドリンクの成分でミドリムシを見たり、聞いたりしたことありますか?
ミドリムシという名称はインパクトありすぎですよね。

ミドリムシは、ユーグレナ植物門ユーグレナ藻綱ユーグレナ目に属する鞭毛虫の仲間……専門的過ぎてよくわかならいと思いますが、おそらく皆さんが気にしている、虫ではなく緑色の「藻」の仲間だそうです。

ちなみに、ミドリムシではなく、別名の「ユーグレナ」と表記している商品もあるようです。虫のイメージと違って、なんかゴージャスな印象ですね(笑)。

そこで今回は気になるミドリムシという名のドリンクを初めて飲んでみました!気になるお味をレポートいたします。

おいしいミドリムシ乳酸菌170円(税別)

名称

果実・野菜ミックスジュース

原材料名

野菜(さつまいも、ケール、セロリ、パセリ、クレソン、キャベツ、ほうれんそう、みつば、ラディッシュ)果実(りんご、バナナ、レモン、キウイフルーツ)。
りんごうらごし、有機大麦若葉、ユーグレナグラシリス。
植物発酵エキス(黒砂糖、キャベツ、いちご、りんご、だいこん、トマト、ゆず、かき、キウイフルーツ、きゅうり、なす、こまつな、ほうれんそう、ピーマン、セロリ、にがうり、しそ、にんじん)。

デキストリン乳酸菌乾燥原末(殺菌)/ 香料、着色料(紅花黄、クチナシ)

石垣産ユーグレナ(ミドリムシ)が1.5億個。 もはや多いのか少ないのかよくわからない単位ですね。

そこに果汁100%とあるので、なんか飲みやすそうな印象です。

気になるお味は?

果汁100%にしては野菜のにがみが強い。 おそらく原材料になっている野菜の多さが果汁の飲みやすさを消している印象です。
小学二年生の娘と2歳の息子は「まずい」とリタイア。

大人も頑張れば飲めますが、青汁が苦手な人は飲みにくいかもしれません。 思わず「良薬口に苦し」と言いたくなります。

果実スムージーミドリムシ×植物発酵エキス240 円(税抜)

名称

果実スムージー ミドリムシ×植物発酵エキス

原材料名

果実(りんご、オレンジ、バナナ、レモン)。
イソマルトオリゴ糖含有シラップ、ユーグレナグラシリス。
植物発酵エキス(黒砂糖、キャベツ、いちご、りんご、だいこん、トマト、ゆず、かき、キウイフルーツ、きゅうり、なす、こまつな、ほうれんそう、ピーマン、セルリー、にがうり、しそ、にんじん)。
紅花色素、酸味料、香料、クチナシ色素、安定剤(増粘多糖類)

こちらは石垣産ユーグレナ(ミドリムシ)が2億5千万個。
単位が個じゃなく円だったら……と思うと凄い数ですね。

気になるお味は?

最初に紹介した「おいしいミドリムシ乳酸菌」よりは飲みやすいです。
石垣産ユーグレナが「おいしいミドリムシ乳酸菌」よりも1億個多いから飲みやすいというわけではなく、原材料の野菜が少ないことからにがみがなく、飲みやすくなったと思います。

小学二年生の娘と2歳の息子もゴクゴク飲みました。 果汁99%と1%不足している理由はよくわかりませんが、家族が飲めるのはこちらでした。

まとめ

名称のインパクトから話題になりつつある「ミドリムシ」。 一般的な野菜ジュースや青汁などが先行してありますが、飲んでみて口に合う合わないはあると思います。

今回紹介した、ミドリムシ(ユーグレナ)も不足しがちな野菜や果物と一緒に簡単に摂取することができます。 興味ある方は、ぜひ家族や体調にあわせてミドリムシ2億個を体内に摂り入れてみてはいかがでしょうか。

ヨムーノ編集部

暮らしのトレンドマガジン「ヨムーノ 」の編集部スタッフがお届けしています。

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

この記事をSNSでシェアする

関連する記事があります

特集記事

この記事に似ている記事があります

連載記事

新着記事