【餃子の王将】「女性ファンが選ぶ人気メニューランキング」BEST5発表!#王将女子の絶品裏ワザに脱帽

  • 2019年02月22日公開

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

美味しい中華料理を、お手頃価格で楽しめる!と大人気の「餃子の王将」。

メニューも豊富で、何を食べようか迷ってしまいがち。
逆に、つい毎回同じメニューを頼んで、新しいメニューを開拓できない、なんていう方も多いのではないでしょうか?

また、女性やファミリーではなんとなく入りづらい、というイメージがある方もいるかもしれません。

今回は、ヨムーノメイト(ヨムーノ公式インスタグラマー)の女性38名に、「好きな『餃子の王将』メニューTOP3」を聞きました。
合計ポイントが高かった上位5メニューを大発表です!

「#王将女子」たちの「餃子の王将」の楽しみ方とは?意外な最新トレンドが見えてきました!

女性が好きな「餃子の王将」メニューランキングBEST5を発表!

ヨムーノメイトに聞いた、「好きな『餃子の王将』メニューTOP3」を、第1位のメニューは3ポイント、第2位は2ポイント、第3位は1ポイントとカウント。
その合計ポイントで、ランキングを作成しました。

第1位:やっぱり圧倒的な人気!「餃子」94ポイント

View this post on Instagram

@mama33rがシェアした投稿 -

王道の「餃子」が、2位以下に大差をつけてトップに!
「餃子」は、1人前6個入りで240円(税別)、ジャストサイズメニューでは3個で130円(税別)です。
※こちらは東日本価格です。西日本は1人前6個入り220円(税別)、ジャストサイズメニュー120円(税別)です。

「やっぱりこれ」「王道!」「絶対頼むから」と、1位に選んだ人が過半数を超えた餃子。

@mama33rさんは「我が家のNO.1は ダントツ餃子!1皿じゃ足らないのでいつも2人前」だそう。

また、@kometam2016さんは「餃子の王将は小さい頃から大好きでよく行ってます!餃子は『酢と胡椒』ではなく、『酢とラー油』で食べるのが好き」とのこと。

王道の餃子は、人それぞれ楽しみ方も様々♪

さらに、別メニューではありますが、@chiii__homeさんは「次の日仕事だったのでちょっと気にして、初めて『にんにくゼロ餃子』を頼んでみました!美味しかったです」とのこと。
次の日を気にせずに餃子を楽しめるなんて、嬉しい!

3個入りの「ジャストサイズ」メニューもあり、メイン料理とセットで頼んだり、ちょい飲みのおつまみにも。
様々なシチュエーションで餃子を楽しめます。さすが”餃子”の王将!

第2位:ファミリーから絶大な人気!「炒飯」27ポイント

子どもから大人まで、幅広い層に人気の炒飯が2位にランクイン。
「餃子の王将」では、大満足のボリュームで、450円(税別)とワンコイン以下で楽しめます♪
※こちらは東日本価格です。西日本は400円(税別)です。

@ayako.ankoさんは、第1位に炒飯をチョイス。
「パラパラではないけれどべちゃべちゃでもない、絶妙な水分加減がベストマッチな炒飯、王将に行ったら必ず頼む1品です!」とのこと。

@pink.m.kさんは、「夫が毎回頼むほど大好きな焼飯は家族みんなのお気に入りです」と、第3位に選んでいました。

炒飯は、餃子の王将全体でも餃子に続き人気のメニュー。
子どもともシェアしやすく、ファミリーで訪れた人に特に人気でした。

第3位:タレにやみつきの熱狂的ファン多数「天津飯」19ポイント

ごはんにふわふわ玉子焼きを乗せ、特製のタレをかけた「天津飯」は480円(税別)。
※こちらは東日本価格です。西日本は440円(税別)です。

北海道・東北・関東・信越エリアでは、タレを甘酢・塩・京風の3種類から選ぶことができます。

ジャストサイズメニューで、タレの違いを楽しむのもアリかも!?

「学生時代は、ほぼこれしか頼まなかったくらい好き」という@n_1019_さんのような、強火ファン(=熱いファン)も多い「天津飯」。
1位に選んだ人の数では、炒飯を超えていました。

@haraguroteiさんは、「関西の天津飯は餡は中華だしのあんなので、関東のケチャップベースのあんを見たときはビックリしました!そっちも食べてみたい」とのこと。
地域や店舗によって、その店の味があるのも、餃子の王将の面白いところですね。

アツアツとろとろのタレで体もポカポカに!
冬にぴったりのメニューです。

第4位:”いいとこ取り”なお得感が大好き!「天津炒飯」13ポイント

もともと裏メニューだったという「天津炒飯」580円(税別)。
人気の高い「炒飯」と「天津飯」の贅沢なハイブリッド♡

「天津炒飯」を2位に選んだ@michelle870910さんは、「ちょっとコアかしら?その名の通り天津飯と炒飯が合体していて、両方食べたい時におすすめ(笑)!」とのこと。

また、@ayu03290さんも、「天津炒飯はすごくおいしくて1位と迷いまいしたが、やっぱり餃子を1位に」と、2位に挙げていました。
「中が炒飯だから、なぜかすごいお得感!」とのこと。

もともと、「天津飯のごはんを炒飯に変更」という裏メニューが、ひとつの料理としてより美味しくなるよう味を調えられ、グランドメニューとして登場。
「炒飯と天津飯、どっちも食べたいし選べない……!」という深刻な悩みを、贅沢に解決してくれました。

第5位:プリプリ食感にメロメロ「海老のチリソース」9ポイント

プリップリの海老がゴロゴロと入ったエビチリは、620円(税別)とは思えない1品!
※こちらは東日本価格です。西日本は600円(税別)です。

ピリ辛チリソースがクセになり、食べだしたら止まらない~!?

「プリプリで弾ける食感の海老に、ピリ辛チリソースが絡んで、食欲も箸も止まらなくなるおいしさです♡」と、@haru2422さんは第2位に「海老のチリソース」をチョイス。

@n_1019_さんは、「海老がプリプリが美味しい!……でも、春巻きも捨てがたい」と迷った末、挙げていました(春巻きは落選……泣)。

「#王将女子」の欲望200%満喫!「王将の楽しみ方」5大トレンドを発見

「餃子の王将」大ファンの女性たち、通称「#王将女子」。
王将女子たちの、王将の楽しみ方は、欲望に忠実!?

小さめの「ジャストサイズメニュー」でいろいろな味を試してみたり、メインである「餃子」は思う存分楽しんだり!

今回は、王将女子が「餃子の王将」を200%満喫する楽しみ方から、ヨムーノ 編集部が発見した「5つのトレンド」をご紹介します。

(1)王将女子は「ジャストサイズ」で多種類メニューを攻略

王将メニューの魅力のひとつは、たっぷりなボリューム。
しかしそれでは、1品頼んだらお腹いっぱいに……。

そこで王将女子たちは、ジャストサイズをオーダーし、よりたくさんのメニューを攻略していました!

「ジャストサイズメニュー」は、少量でお手頃価格。
ちょっとずつ色んな味を楽しむのに、ピッタリのメニューです。

「王将の良いところは、ジャストサイズメニューで少人数でも色々なメニューを食べられるところ♡
そしてついつい食べ過ぎてしまいます(笑)」と、@eriri.81さん。

さらに、北海道・東北・関東・信越エリアでは、「生ビール」のジャストサイズメニューも!
※一部店舗を除きます。

「ジャストサイズメニューが豊富で、家族で分けあって食べるのにピッタリでした。
ビールが『プハァ〜!』っと飲み切るサイズで、もう1杯いきたくなりました!……ジャストじゃ足りなかったね(笑)」と、@mecchi555666さん。

まだ小さい子どもに1品頼むのが心配な時も、ジャストサイズメニューなら安心。
食べきれなかった際も、親の胃袋への負担は最小限で済みますね!(笑)

(2)王将女子は"人数分以上"頼んで「餃子パーティー」を満喫

餃子は1皿頼んで、みんなでシェア♪……なんてアマい!

王将女子たちは、1人で2人前・3人前頼むのが当たりまえ。
人数分以上頼むツワモノがたくさん!

夫と食べに行くという@haraguroteiさんは、「2人でも、基本餃子は3人前!」とのこと。

また、餃子は「両面焼き」とオーダーすることも可能。
2皿以上頼んで、焼き方の食べ比べも♪

(3)王将女子は「とろみ系」が好きすぎて「注文の裏ワザ」を発動

ランキングでも上位に挙がった「天津飯」や「天津炒飯」。
さらに、「かに玉」や「揚げそば」など、餡がかかった”とろみ系”メニューが人気を集めています。

とろみ系メニューには、いくつか裏技が!
王将女子たちが実践していた、とろみ系裏技を紹介します。

裏技1:「あんだく」で”とろみ”に溺れる

天津飯や天津炒飯など、あんかけ系メニューは、”あん”の増量をお願いできるんです!

@yukays411さんは、かに玉の”あん”を増量してオーダー。
つゆだくならぬ「あんだく」です♪

裏技2:とろみ系は、「鶏の唐揚」にも合う!

餃子の王将の「鶏の唐揚」は、「王将マジックパウダー」をかけて食べる方が多いのではないでしょうか。
おいしすぎる!と、有名ですよね。

しかし、とろみ系王将女子は、唐揚もあんにからめて楽しんでいます。
「唐揚は『王将マジックパウダー』をかけて食べますが、天津飯と一緒に頼んであんをからませて食べても……最高♡」と、@maaco.uwさんが独自の裏メニューを教えてくれました。

冬にピッタリな「とろみ系」メニュー、ぜひ攻略してくださいね。

(4)王将女子はテイクアウトで「追い王将」まで楽しむ

テイクアウトメニューも充実している「餃子の王将」。
王将女子たちは、イートインのラストにテイクアウトメニューを注文して、家で「追い王将」も楽しんでいました!

「餃子の王将は、安くていろいろなメニューを家族でシェアできるのが嬉しい♪
最後は餃子をお持ち帰りして、家でも食べました(笑)」と、@hari_kakeiboさん。

毎日のごはんのプラス1品としてや、ホームパーティーにも、王将のテイクアウトメニューは大活躍しそう!

(5)もちろん別腹!王将女子は「デザート」もとことん堪能

「餃子の王将」には、中華の人気スイーツ「ごま団子」「杏仁豆腐」「完熟マンゴープリン」まで揃っています。
※店舗により異なります。

なかでもオススメなのが、「ごま団子」。

「デザートには、ごま団子を注文!温かくておいしい!」と@nao.sunnyさん。
ごまのプチプチとした食感と、口いっぱいに広がるあったか~いあんこの甘味がクセになります!

3個入りなので、シェアしても楽しめますよ。

まとめ

女性同士やファミリーでは、入りにくいと感じている方もいるかもしれません。
しかし、店舗によってはテーブル席も多く、またお子様メニューが充実しているところも!

@ayu03290さんは、「餃子の王将は男の人が多いイメージですが、意外とファミリー連れや女性のお客さんもいて安心!
普通のメニューはもちろん、ジャストサイズメニューなら子どもと行くにもちょうど良くお気に入り」だそう。

王将女子たちのトレンドを取り入れて、ぜひ「餃子の王将」をもっともっと楽しんでみてくださいね!

※2019年2月時点の情報です。

ヨムーノ編集部

ヨムーノは、忙しくても「暮らしをもっと楽しく賢く!」をコンセプトに、暮らし全方位の「すぐ実践できるトレンド情報」を発信しています。全国からヨムーノライターやヨムーノメイトを随時募集中です。応募は公式TwitterかInstagramのDMで♪

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事