コストコ歴14年マニア愛用オイルと「酢」が最強コラボ!"かけるだけ"で料理を絶品アレンジ4選

  • 2019/02/18
  • PR

こんにちは、コストコへ通い続けて約14年目、ヨムーノライターのバロンママです。

食べ盛りの息子2人と、忙しい夫に、手軽でササッと作れる、美味しい料理を日々研究中!

最近は、シンプルなのに手間ひまかけたような、美味しい味付けを追求したり、家にあるものを上手に使ったレシピを開発しています。

今回ご紹介したいのは、ミツカンから2月に発売した新商品「VINEGAR Style(ビネガースタイル)」。どのご家庭にもある「アレ」と合わせることで、とってもシンプルで美味しくて、ヘルシーなお料理が楽しめるんです♪

「VINEGAR Style(ビネガースタイル)」ってどう使うの?

「VINEGAR Style(ビネガースタイル)」は、オイルと一緒にかけて、食材本来の味をひきたてながら、シンプルに素材を味わう新たなスタイルを楽しめる調味酢です。
サラダやカルパッチョなど、手軽に活用することができます。

これまで、フルーツ酢や黒酢、バルサミコ酢など風味のあるお酢をドレッシングとして使ってきたという方も多いかもしれませんね。

この「VINEGAR Style(ビネガースタイル)」は、“オイルと一緒に使う”という楽しみ方が特徴なんです。

私が何年も“鬼リピ”しているコストコのオリジナル商品「KARKLAND SIGNATURE(カークランド シグネチャー)」の、EXTRA VIRGIN OLIVE OIL(オーガニックエキストラバージンオリーブオイル)とぴったりの相性で、手軽で美味しいレシピをいくつか考案してみました♪

今回は、ぜひみなさんにも試してもらいたい、「VINEGAR Style(ビネガースタイル)」を使ったレシピをご紹介します!

これ1つで、サラダの食べ方に“革命”が起きるかも!?

近年、サラダ専門店の急増がめざましく、玄米や穀物類、スーパーフードなどを積極的に摂っている、いわゆる“ヘルシー志向”な人が増えてきていますよね。

そんな私も時代に便乗して(笑)、“ヘルシーコンシャス”な食生活を意識しています。

特に、家族には野菜をたくさん摂ってほしいと思っているので、常に冷蔵庫の野菜室はいっぱいです。でもその野菜の“食べ方”を工夫するのが私流♪

【VINEGAR Style】って?

合わせワザ① シーフードと相性抜群!素材が活きる贅沢サラダ

シンプルな食材を引き立てる、「VINEGAR Style(ビネガースタイル)」は、オリーブオイルと一緒にシーフードに和えると、全体の味が引き締まり、さっぱりとした風味でとても美味しくいただけます。

「VINEGAR Style(ビネガースタイル)」の味は「白ワインビネガー&ハーブ」と「アップルビネガー&レモン」の2種類。

「白ワインビネガー&ハーブ」は、ぶどう酢、砂糖、食塩、バジル、オレガノ、シナモン。

「アップルビネガー&レモン」は、りんご酢、砂糖、レモン果汁、醸造酢、食塩が入っています。

お酢、砂糖、塩と果汁や香辛料で作られているのも嬉しいポイントです。

アップルビネガー&レモンの風味は、酸味の中にほのかに甘みがあり、白ワインビネガー&ハーブはさっぱり爽やかな印象。お好みはあるかと思いますが、今回は、シーフードと白ワインビネガー&ハーブを合わせてみました。


シーフードサラダに、塩、こしょうをしてオリーブオイルを回しかけます。

そして「VINEGAR Style(ビネガースタイル)」をお好きな量かけたら、シーフードサラダのできあがりです!

完成して開口一番、「シンプルが一番!」と思わず口にしてしまうほど簡単なサラダ。

「VINEGAR Style(ビネガースタイル)」には砂糖が入っているので、味がまろやかになりオリーブオイル特有の風味も穏やかになって食べやすいです。家族からも大絶賛でした!

今回使ったシーフードは ボイルエビ、サーモン、ムール貝、ホタテ、タコ。鯛などの白身にも合いそうですね。 葉物はアイスプラント、そしてアスパラ、プチトマトを使って、美しい一皿に仕上がりました。おもてなしの時や、特別な日にも作りたい“贅沢シーフードサラダ”です。

合わせワザ② 手作りツナで作るシンプルサラダ!

シーフードも家族の大好物ですが、うちの家族は「ツナ」も大好き!

ツナを手作りして、「VINEGAR Style(ビネガースタイル)」とオリーブオイルで和えてみました。

自宅でも簡単にツナを作ることができます。せっかく味付けが簡単なので、ちょっと手間ひまかけてみました(笑)。

ただ、お忙しい方や時短を意識したいときは、ツナ缶でももちろん美味しくいただけますよ。

ツナの作り方も実はシンプル!用意するマグロは、値段の高ものではなくても構いません。

今回私は、200gほどのメバチマグロを使いました。
たっぷりと塩をまぶし、そのまま冷蔵庫で30分ほど寝かせます。しっかり塩で漬け込み、臭みをとります。この時、水分が出ますのでキッチンペーパーでしっかりと拭きましょう。

コストコのオリーブオイルを、お鍋にひたひたくらいに浸かるように入れ、お好きなハーブやにんにく、ホールのブラックペッパーなどを入れて弱火でじっくり、ゆっくりと火を通したら完成です!

その後、熱が取れるまでしっかり冷まし、保存容器に入れて冷蔵庫で保存します。

後は簡単!ツナをほぐして、サラダの上にのせるだけ♪

今回使っていて感じたことは、ボトルを押す力によってかける量を調整できたのがとても便利だったこと。液体ボトルは、どうしても出過ぎてしまうことがありますが、それが一切ありませんでした。

そして、使い終わった時に分別しやすいところも、かなりポイントが高いです!一主婦として、料理時の便利さだけではなく、使い終わった時のことも考えてボトルデザインをしている商品に最近注目しています。

フリルレタス、新玉ねぎ、パンプキンシード、ドライトマトに、ツナやハーブの香りがしみ込んだオリーブオイルと「VINEGAR Style(ビネガースタイル)」の掛け合わせです。冷蔵庫の野菜で作ったサラダは、家族にも好評でした!

シンプルで美味しい、贅沢ツナサラダは、普段の食事だけでなくおもてなしにもぴったりだと思います!ビネガーの風味とオリーブオイルのまろやかさが素材を引き立てて、とても美味しくいただきました♪

パスタをはじめ、お肉や魚をソテーする際にもさっぱりと使えると思いました。次は「アップルビネガー&レモン」でも試してみたいです。

合わせワザ③ 下ごしらえで、鶏むね肉もぐっと美味しく!

さらに、かけるだけでなく、「VINEGAR Style(ビネガースタイル)」を下ごしらえにも使ってみました。冷蔵庫に常備している鶏むね肉がとっても美味しくなりました♪

鶏むね肉は皮をとり除き、つまようじやフォークの先などで刺して味をしみやすくしておきます。

鶏肉は、「VINEGAR Style(ビネガースタイル)」のどちらの味でも合うので、お好みのほうをたっぷりとかけ、ビニール袋に入れて数時間から一晩、冷蔵庫で保存しました。

塩、こしょうをして、小麦粉を薄くまんべんなくまぶし、オリーブオイルでじっくり弱火で火を通します。

普段はお酢で下ごしらえしていますが、風味が加わったお酢を取り入れてみるのもアリだと発見!

むね肉より、もも肉を好む我が家の男子たちも「わあ、美味しい!」と大絶賛のでき栄えでしたよ。

風味が加わった美味しい鶏肉が入っているだけで、家族のお箸のスピードがいつもよりも早かったです(笑)。

彩りも豊かな野菜に、家族も喜ぶ素材を使った絶品サラダですね♪

合わせワザ④ 新発想!ジャンクフードにもビネガーを

最後にご紹介するのは、私が海外で学んだ絶品グルメです。みなさん、ヘルシーな生活を心がけていても、ジャンクフードが食べたくなる時ってありませんか?

そんな時にも、「VINEGAR Style(ビネガースタイル)」とオリーブオイルが役立ちます♪ 意外かもしれませんが、フライドポテトにビネガーがとても合うのです。

オリーブオイルでポテトを揚げて、そしてビネガーをかけていただきます! ジャンクフードも、ヘルシーさを加えて楽しむことができるって、新しい発想ですよね!

イギリスでは、フライドポテトにビネガーをかけて食べます。

お店によく置いてあるのはモルトビネガー。とても酸っぱく、揚げたてのポテトにかける時、その香りだけで思わずむせてしまうほどなのですが(笑)、慣れてくると後を引く美味しさでやみつきになってしまうほどでした。

ミツカンの「VINEGAR Style(ビネガースタイル)」は、まろやかな酸味なので、むせることもなく(笑)、 程よくお酢がきいていて、ちょっぴり多くかけてしまったくらいでした。

イメージとしては、唐揚げや焼きそばにお酢をかけるような感覚です。さっぱりとても美味しくなるのでおすすめです。

「VINEGAR Style(ビネガースタイル)」は、オイルとの相性は抜群ですが、そのままでも使えます。お肉やソテー、フライへの風味付けとしても、我が家ではすでに欠かせないものになっています♪

  • オリーブオイルが家に大量に余っている......
  • ドレッシングがありきたりで、ちょっと変化を加えたいな!

そんな人にぜひ手に取っていただきたい、私のイチオシ商品です!

欧米流の楽しみ方「オリーブオイル×ビネガー」をおうちで実現!

オリーブオイルとビネガーの組み合わせは、実は欧米では主流なのだそうですよ。私は以前、ロンドンに滞在していたことがあり、そこでオリーブオイルとビネガーを合わせる食べ方を知りました。

洗った葉野菜やトマトなどに、オリーブオイルと白ワインビネガーをかけ、塩、挽きたてのペッパーでいただくのがベーシックな食べ方。当時、そのシンプルな味わい方に感激したのを覚えています。

オリーブオイルで産地で有名なイタリアやスペイン、ギリシャでも、カフェや気軽なレストランで出てくるのは、そういったシンプルな味付けのサラダなんです。

ミツカンから発売された「VINEGAR Style(ビネガースタイル)」とオリーブオイルがあれば、そうしたヘルシーサラダがおうちで簡単に、そしてシンプルに楽しめますよ♪

もちろん、オリーブオイルだけでなく、アマニ油やごま油でも楽しめるそうです。みなさんも、ご自宅にもあるオイルを使って、ぜひトライしてみてくださいね。

【VINEGAR Style】の楽しみ方はコチラ

小5、高2男子の母です。ポーランド食器「ツェラミカ アルティスティッチナ」の器に合わせた料理撮影、レシピ考案などのお仕事をしています。コストコ歴14年マニア。趣味はパン作り、料理、おいしいもの探し。コストコ、業務スーパーなどのおいしい!を紹介していきます。

バロンママ の記事一覧を見る

この記事をSNSでシェアする

特集記事

連載記事

新着記事